KEIKO KOMA

825*360.psd


englandflag.jpg English web site spanishflag.jpg Spanish web site frenchflag.jpg French web site iranflag.jpg Persian web site

ARTISTS  |  SPECIAL EVENT  |  BOOKS  |  KEIKO KOMA Pen Club  |  GALLERY & CAFE |  LIFE STYLE




駐日シリア大使 ワリフ・ハラビ様からのメッセージです


 シリアは地球上で最も古くから文明が栄え、今に生きる現代まで続く人類の文化社会的基礎を形成しました。この世界でも最も貴重な文化歴史遺産が残る地の一つであるシリアは現在テロリストの攻撃にさらされ大変悲惨な危機に直面しています。
 テロリスト集団であるISISは今年の5月にユネスコの世界遺産に登録されているパルミラ遺跡を占拠し歴史遺産を破壊しています。その中には紀元1世紀にさかのぼるバール・シャミン神殿、1900年間も立ち続けていたアラートのライオンの像、紀元32年に建立されたベル神殿が含まれ、カーレドアイアサド遺産局長も殺害されました。これは明らかな戦争犯罪です。シリア国民だけではなく人類全体に対しての攻撃でありシリアのアイデンティティ、存在理由、文化を破壊し、世界におけるその貴重な役割を阻止しようとするものです。
 シリアは全人類にとって文明のゆりかごの一つであり、人類史上初めてアルファベットが使われ紀元前3400年にはすでに楽譜が使われていた事も知られています。シリアの文化遺産は人類全体のものであります。この中東のみならず全世界の平和と人類共通の文化遺産へのテロリズムの脅威の前に世界中の人々が団結して抗することを呼びかけさせていただきます。


駐日シリア・アラブ共和国臨時代理大使
ワリフ・ハラビ氏



2016/10/21

LinkIcon東京/10月1日 ラフォーレミュージアム六本木にて駐日シリア大使ご参加の模様を収録しました









2017年1月 1月11日 NPO高麗はじまりの記念日 ロームシアター京都にて「高句麗伝説」開催2017年2月 3月、4月東日本大震災チャリティーコンサートへ向かって講演会開催2017年3月 南相馬、仙台にて、東日本大震災チャリティーコンサート開催2017年4月 歴史の大ロマン 狛江「高句麗伝説」コンサート開催2017年5月 敦賀から近江、京都へ 「高句麗伝説」コンサート3回開催2017年6月 時空を超える歴史の旅 6/23いだきしん先生の誕生日コンサート2017年7月 京都、奈良にて「高句麗伝説」開催2017年8月 3日間連続いだきしんコンサート2017年9月 岩手県雫石の田んぼにていだきしんサウンドシステム設置2017年10月 再び京都、奈良にて「高句麗伝説」開催


2月21日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 おおいなる存在の元に戻り、おおいなる存在の元で生きていく、と生命の声を言葉に表し、涙しました。高句麗王は天意を受け、天意を実現する国創りをし、東アジア最大の統一国家を作ったと聞いています。私の生きる世界はおおいなる存在の元で、高句麗王が生きたように天意を表し生きることと行き着き、魂の源に戻れ、魂安堵します。ここから世界が変わる動きを作っていきます。生きる道はここにあり生きる意味もここにあります。偽物も作り物も崩れ去り、真のみが残り、生き続けます。真を表し、真を実現していくこれからの人生の為に今までがあったと見えてきました最近は、過去に戻ることは死を意味することを生命をもってわかります。未来へと向かい生きていくことが人間です。おおいなる存在と共に生きていくこれからの人生は、未知でありますが、真の人間となれる道と受け止めています。おおいなる存在に抱かれ生きる生命はやすらぎ、豊かに全ての生命と交流します。人とつながり生きる生命はぬくもりあふれ、何があっても生命守られるとわかります。危機にある今、生命ひとつに生き、皆で力を合わせ、未来を切り拓き、危機を乗り越えていくことが生き延びていく道です。美しい生命が輝き生きていける世界を創り続けていければありがたいです。





2月20日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 3月には、いだきしん先生のコンサートが仙台で開催され、東京でも2回開催されます。迎賓館でも2回開催されますので、大きく状況が動くと考えます。コンサートへ向かう道のりは、自分の状態に気づき、改善すべきは改善していく最高の修行と常に感じ、感謝しています。これほどの修行はないと深く感謝します。人にお会いし、自分の状態に気づき、内面は何もなく、美しく生きることを学びます。内的環境が取り巻く環境を作ります。内面が美しい時、おおいなる働きかけを受け、良い巡りとなることにはいつもありがたく、人間であることも学び、生きる意味に目覚めます。どんな時も内面美しく生きていけますように日々内面を感じ、感じたままを言葉に表します。あるがままに表現する時、一歩前進できますことがありがたく、生命は常に生きていけるようにはたらいてくれていることが真にありがたいことと感謝します。
 そうして迎えるコンサートでは全ての経験を受容される経験をさせて戴きます。苦しみも辛さも悲しみも受容され、解放され、新しい力が生まれてきます。経験したことは何もなくなり、次元を超えた世界で生きる生命となります。あらゆる問題も次元を超えた時には問題は問題にならないのだとわかります。おおいなる存在とつながり生きることで次元を超え、新しい世界で生きることが今ある状況を乗り越えていけます。おおいなる存在と共に生きていけますように。。。





2月19日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京の家にて奈良にて開催しました「高句麗伝説」を見、おおいなる存在に導かれ、奈良での地にて出会う魂の詩を詠む場面での、いだきしん先生の演奏に魂震える瞬間、祖先の魂に出会い、涙こみ上げます。古の時に祖国を離れ、異国の地にて国創りのはたらきをした祖先の魂に出会い、「生きていく」力を与えられ、心からありがたく胸打ち震え、涙こみ上げます。日本の地にて天意を実現しようと生き、はたらいた魂に報い生きていかねばならないと祖先の魂の悲願が魂に届いたのです。今を生きる私達は、今まで生きた魂共に、魂の悲願を成して いく人生を生きていくのです。「高句麗伝説」にてあらわる魂、エネルギーが生きる支えであります。何もないところから皆が生きていける国を創っていった精神は永遠です。
 どこから見ても限界と見え、危機にある世界の状況を見ると、心が曇ります。が、おおいなる存在あらわる世界を見ると、全てが変わり、今までにない人間が人間とし生きていける世界が拓かれると見え、希望を感じます。ここで生き、真に平和な世界を実現できるように、内面美しく生きることに徹していく意志が強く立ちます。たった一度の人生は、時代の大転換期を生きる人生です。今までのようには生きていけない人生を生きるのです。内面は無限な世界につながり、不可能を可能にしていく生命のはたらきのままに生き 、世界が変わる時を創っていけるように生きていきたいです。過去に生きた魂が報われていく生き方を実現し、魂共に、人類の未来を創造し生きていければありがたいです。魂は風となり香りとなり語りかけてくれます。共に生きていけますことに感謝し、世界が平和になる時を創っていけますように。。。ありがとうございます。





2月18日/仙台にて



LinkIcon仙台/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 仙台高麗屋にて、ビデオ講演会サロンを開催でき、嬉しいです。東北の方がお集まり下さり、東京、関西からもお越し頂く方々と一緒に、美しいケーキと美味しいコーヒーをいただきながら、今後のことをお話しできます機会がありがたく、未来にはよい実りが生まれる予感が生まれます。
 気持ちを表し、人に役立つ仕事をし、未来を創造していければ、真にありがたいことです。今日は高校の修学旅行の時に岩手県にて見た空の更に向こうの果てない世界、どこまでも澄んだ透明な星の輝きがここに現れていることを感じ、人生の不思議なこと、神秘的なことに胸震えます。遠い未来から見たら、すべては一つであるとも見え、10代の頃から経験しています東北の地での神秘的な経験の意味がこれから明かされると感じます。東北から世界へと向かい、平和を作るエネルギーが伝播していくと見え、東北の地に、心美しく生き、働ける場ができますことが真に希望と感じます。純粋で美しい魂は生きていけない時代でしたが、これからは純粋で美しい魂であれば良い仕事も出来、豊かに生きていける時代です。心より感謝し、どんな時も心は美しく生きることに努めます。辛い時、大いなる存在と共に生きることよりないことを身にしみわかります。大いなる存在と共にある人生は未知でありますが、これよりないことは生命をもってわかっています。人間とし生きることが人生です。東北の地にて、心通い合う方々と集う時、未来は拓かれると希望を感じます。皆で心ひとつに生き、働き、世界の危機を乗り越え、人間が生きていける平和な世界を作っていく時です。ありがとうございます。





2月17日/仙台にて



LinkIcon仙台/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 雪降り、寒さ厳しい仙台にていつもお世話になっているスペインの御方より、アゼリアのお花の写真が届きました。マドリードも、北緯40度とのメッセージに笑み生まれます。高句麗の地は北緯40度であることを北緯40度の地に行く度に、メッセージに書いていました。マドリードも同じ緯度であることを知り、 何故かとても嬉しく感じました。初めてマドリッドを訪ねた時から28年も経ちます。とても性が合う街と感じました。先に着いた仲間から横顔が私にそっくりの女性を公園にて見かけたとのお話しを聞いていましたので、縁を感じ、楽しみに向かったことが昨日のように思い出されました。ありがとうございます。
 仙台では3月10日仙台電力ホールにて開催されます、いだきしん先生のコンサートに向けての動員の働きかけをボランティアの方々としています。また、3月11日震災が起こった日に被災地に建ちましたコーヒー焙煎工場カフェのオープンを予定していますが、その準備をしています。悲しみ満ちる大地に希望の光が生まれることが見え、ありがたくてこのことを考えるだけで涙滲みます。一人一人の気持ちを活かし、皆が生きていける道を作っていく始まりと見え、何もないところから皆が生きていける世界を作ろうと、国を創った先祖の魂と共に新しい世界を創造していく時の訪れに魂震えます。世界が危機にある今、皆で心ひとつに、力を合わせ、生きる道を作っていくことが大切と考え、取り組んで参ります。ありがとうございます。





2月16日/仙台にて



LinkIcon仙台/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



結工房



 山元町に建ちましたコーヒー焙煎工場カフェを見、大きな衝撃を受けました。山元いちご農園様のバームクーヘン工場、NPO高麗コーヒー焙煎工場、カフェ、菓子工房がひとつとなり「結工房」という建物です。国創りの風が吹く地です。大地からはこの時を待ち続けてきたたくさんの魂が共に良い時代を築いていこうと喜び準備してくださっている息吹を感じます。生命ある人間は、ただひたすらに、未来のために働いていくことが生きることと生命をもって感じます。多くの魂の悲願を受け、立ち上がった工房であるのだと感じ、人生賭け取り組む仕事とし、させて戴きます。多くの方々が生命犠牲になった被災地であります。悲しみが愛と変わる時を作っていけますように、生きることを心に誓います。ここから世界が変わる仕事をしていけますことが見え、悲しみ共に、皆が生きていける世界を作ることよりないことを生命でわかります。山元町は東日本大震災にて9割が破壊したとお聞きしています。この地に立った時、四方八方何もなく、風だけが吹いていました。今は、鉄道が復旧し、駅ができ、駅前にスーパーマーケットが作られ、その前に結工房が建ちました。多くの方々の希望の光となり、永遠に輝く場となりますように。。。大いなる働きかけを受け、完成します。ありがとうございます。





2月15日/仙台にて



LinkIcon仙台/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 すべてはおおいなる働きかけと受け止め生きることが生きることと、生き始めました。真の自分を活かし、生まれてきた意味を実現していく人生は、過去の生き方からは想像もできないのだと感じ始めています。人類史上初めての生き方も当然ながら初めてでありますので、過去の延長ではなく、想像もできない人生であるのだと受け止め始めています。突然時代が変わったように巡りが変わり、真が現れ、真を実現していく時代です。今までの活動が実を結ぶようにと働きかけてくださるおおいなる存在と共に生きる今です。すべてに感謝し、おおいなる存在に託し生きる人生です。人間の生命が犠牲になる仕組みや、世界が変わり、人間であってこそ元気に幸せに生きていける世界となるように働きたい気持ちをおおいなる存在に託します。
 郡山にて素晴らしい出会いが生まれ、山元町に完成します焙煎工場カフェはますます希望と感じます。雪が舞う寒さですが、人間の温もりに触れ、活動できますことがありがたく、温もりの輪が広がりますようにと今日から仙台でのコンサートに向け、皆で心一つに動いて参ります。どんな時も心美しくおおいなる存在と共に生きていけますように。。。ありがとうございます。





2月14日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今日も高麗恵子スカイロケットセンターの地下に立つ「高麗」の看板の前に座し、目を閉じれば五女山城が見え、東明王様の颯爽としたお姿にお会い出来ました。「高麗」の看板に真正面に向かえば、東明王様にお会いできますことがいつもうれしくありがたいです。今この時に何をするかをそのお姿で示して下さいます。今は全ての準備ができ、皆の存在輝く世界を作っていく時です。今の時代は世界をひとつの国とした国創りが必要とは、高句麗第19代王、好太王様からのメッセージでした。1998年のことです。世界が危機にある今、今までにない人間の時代を作っていかずしては、誰をも生き延びていけない時代と考えます。おおいなる存在あらわる時代です。おおいなる存在とひとつになり生きていけますように日々内面綺麗に生きることを心がけ生きています。一人一人の生き方が世界を変えていく尊い人間の生命であることが深く身にしみ、皆で本音で生き、美しい世界を作っていけますようにと心から望み、今日も世界に伝搬する本音の表現をさせて戴く講演会を開催させて戴き、ありがとうございます。





2月13日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 美しい音色とメロティーに心惹き寄せられ、心澄まし聴き入ります。古の都を作った美しい魂の繊細さ、雅やかさに深く感動します。人間の心の豊かさは計り知れないことを学びます。10月24日奈良にて開催しました「高句麗伝説」のDVDにて、奈良の地の魂の詩を詠んでいる場面での、いだきしん先生の美しい演奏に魂揺さぶられます。今生きる人間も魂美しく生き、子孫が生きていける良い国を作っていけるようにはたらくことが生きることと自然と生命の内から力が生まれます。ここが生きる世界であり、現実を作る力であります。自分勝手に生きることからは真のエネルギーは生まれず、皆が生きていける世界を作っていく時におおいなるはたらきかけがあることに深く感謝します。
 今日も高麗恵子スカイロケットセンターにて「本音で生きて下さい」講演会を開催させて戴き、本音についてお話させて戴く時、これより人間の生きる道はないとはっきりと見えました。人間の内面が取り巻く環境を作ります。本音は愛から生まれます。内面が愛に満ち、愛と喜びの波紋が広がり、やがて愛と喜び満ちる空間となる未来の光景が見えた高麗恵子スカイロケットセンターでのひと時でした。これからの時代は真が現れます。生命偽ることは滅びゆくと見え、生命の真の音であります本音で生きる時代の到来を共に喜ぶたくさんの魂を感じる風が吹いていました。美しい魂が未来を切り拓きます。多くの報われぬ魂も蘇り、共に動く今、おおいなる存在ひとつに生き、偽りの時代を一気に変え、真の時代を作り上げていくはたらきをしていきます。
 明日14日も講演会を開催させて戴きます。ありがとうございます。





2月12日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今日も、東京表参道にあります高麗恵子スカイロケットセンターにて展示会、講演会を開催させて戴きました。展示会は今日で3日目です。「本音で生きて下さい」講演会は今日から3日間連続開催します。本音とは、自分が元気に生き、まわりの人も喜び、はたらくことが人や社会の役に立ち、そのことが未来を拓いていくという全てに良しという結果が生まれることが、お話させて戴きながらも感動します。生命のはたらきの見事さに感服します。人を断ち切り、拭われることのない傷を残していく悪魔の世界とは真逆であるとも見え、今までは悪魔に作られ、動かされてきた世界でありましたが、今からは本音で生きる時代と見えることがうれしいです。いつも本音で生きはたらくことの具体例とし、コーヒービジネスのお話をさせて戴きますが、飢餓の支援活動からはじまりましたエチオピアのコーヒーは、野生種でありますので、自然環境を破壊せず、エチオピアでは発見当時から薬とし飲まれていることからも体に良いことがわかります。良いものを良いままに、美味しいものを美味しいままに伝えて頂ければありがたいとの依頼を受け、始めましたコーヒービジネスは、何の矛盾もなく、犠牲がないことをいつも感動し、感謝しています。まもなく完成します東北の被災地となりました山元町に作られます焙煎工場カフェも、東北の希望となると見え、コーヒーが結んでくれる縁に喜びを感じます。本音からはじまったビジネスは皆が喜び、未来に良い実を生むと見え、ますますやり甲斐を感じます。本音で行うことは生命が喜びます。生命は正直です。未来あることか否かは生命のはたらきでわかります。本音のエネルギーが世界へと伝搬していることも見えるように感じ、希望を感じます。人間の生命が犠牲になる世界を変え、人間の生命が輝き生きていける世界を作りたいと心から望み生きています。本音のエネルギーが満ち、誰もが生命活かし輝き生きていける時代を切り拓いていきたい気持ちで本音で生きることに徹しています。子供達が生きていける社会、地球環境を作りたい本音から、「いだき講座」をはじめ、まもなく35年目を迎えます。時代は変わり、本音で生きてこそおおいなるはたらきかけを受け、未来拓かれます。人間性あることが生き延びていける時代となり非人間的であっては生き延びていけない時代となっていることがありがたいです。日々人間とし真っ当に生き、良い仕事をし、人間の生命が輝き生きていける世界を創造し続けていくことが生きていく道です。明日も本音のエネルギーが世界へと伝搬していきますようにと願い、表現させて戴きます。ありがとうございます。





2月11日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 春の光注がれ、今日も高麗恵子スカイロケットセンターにて展示会を開催しました。お一人お一人とお越し下さることがありがたく、皆様の熱いお気持ちを感じ、ありがたく、良い時代を切り拓いていけるようにはたらいていく気持ちがあふれます。高麗恵子スカイロケットセンターを作った時、ここから鳥が飛び立つように、一人二人とアントレプレナーが巣立つ光景が見えました。今の時代はアントレプレナーとし生きることを身につけていくことが生き延びていくこととは身にしみわかります。何があっても自分で考え、生きる道を作っていくことができれば、どんな時代になっても生き延びていけます。私は幸いにも、アントレプレナーとなり生きてこれました。自分で考え、はたらき、休むことなくはたらき続けることが先を作ることを身をもって経験してきました。この経験があり、これからも不安で生きることなく生きていけるのだと感謝します。
 新しい生き方と仕事の在り方を世界に発信する拠点とし作りましたので、ここに来ると、アントレプレナーの息吹を感じ、ここから世界へと向かう気概が生まれます。場を作るとは、精神立つことであり、何があっても源の気持ちを取り戻していけることに感謝します。先祖高句麗発祥の地、五女山城に行っても、2000年の時が経っていても、建国の精神、エネルギーが満ち溢れています。人間の気持ち、精神は時を超えて生き続けていくのだとわかり、今、私も精神を表し生きることは、未来へとつながり生きることに感謝し ます。
 明日まで3日間展示会をさせて戴き、明日からは3日間「本音で生きて下さい」講演会をさせて戴きます。KEIKO KOMA Ch. のビデオ講演会公開収録は毎日開催しています。皆様にお集まり頂き、毎日気づいたことをお話させて戴くことは、確実に一歩前へと進んでいることを実感出来、大変ありがたく感謝しています。私の話を聞いて下さる方がいて、その時薫る香り、吹く風をお話させて戴き、未来へと向かい道を作っていくことを経験しています。2010年にグルジアにて聞こえたメッセージは、毎日仕事をするようにビデオ講演会を行うこととのことでした。私は毎日仕事をしますので、ビデオ講演会は毎日のはたらきであると受け止め実行し続けています。おおいなる はたらきかけでありますので、未来に良い実を生むと見え、毎日語れる機会があり、喜び聞いて下さる方がおられますことは真にありがたいことと感謝しています。明日も行います。ありがとうございます。





2月10日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 5月に開催します「高句麗伝説」のパンフレットが届きました。高句麗があらわる時の到来を予感しています。高句麗王を知る魂は出会いを求めていると感じます。魂あれば出会えばわかります。魂の表現をし、魂の出会いを作っていけるように動いていきたいと考えます。日本だけでなく、アジアに伝わっていくと見える今です。内面を綺麗に生きていくことが全ての答えと見出す毎日です。「高句麗伝説」の詩にて詠ませて戴く、断ち切られる悲しみは、自分の人生にもつきものと身にしみ、いつも悲しみを感じながら、涙にじみ詠ませて戴いていますが 、やっと変われる時が来たことを感じ、雪解けの音が聞こえるようです。裏切られても恨むことはない内面を確認しますが、憐れむ思いとなることは、悪に加担することが見え、考えます。内面に何もないことが生きることとわかっています。全てはおおいなる存在に委ねていこうと、歴史的に受け継がれた因子を考える時に、行き着くところはおおいなる存在とひとつになることです。おおいなる存在に受け容れられ生きる人生でありたいと望む気持ちは物心がついた3歳の頃よりの望みです。死んでも終わらない人間であることを知っています。魂は永遠です。どんな時も人間とし真っ当に生きることよりありません。
 「高句麗伝説」では永遠なる魂と出会います。永遠の柱となる精神が大宇宙の柱と立ち、生きる世界が広がります。2000年の時を超え、出会い、蘇る魂共に在ります。ここが生きる世界です。生きる世界を作り、広げ、いつの時にか、断ち切られることのない、皆がひとつに生きていける世界となることを心に、働き続けます。





2月9日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今日はカフェ哲にて、サロンを開催しました。いだきしん先生の映像作品「五女山城」の迫力あふれるエネルギーを体一杯感じ、とても幸せを感じます。今年は「五女山の夢」を。。。と心に描いてからは、映像作品を通しても五女山城を身近に感じ、まるで五女山城に居るように感じていけることがうれしいです。私は五女山城や高句麗の地に居ると、何をしても楽しく、笑顔満載となります。心が躍動し、光満ちるのです。存在が共にあるからと感じています。宿泊するホテルでは水が出なくても、不自由な思いをしても、楽しく喜びあふれるのです。どこにいても存在が共にあれば元気に明るく生きていけることを経験します。何があっても一年に一度、高句麗の地に行く機会があれば一年間を元気に乗り切っていけると感じていたものでした。ここ何年も行く機会がありませんでしたが、映像作品を通して経験させて戴くことがうれしくありがたいです。吹く風までも蘇り、何があっても乗り越え生きていく力が湧いてくることが真にありがたいことと感謝します。
 2000年前に生きた東明王様の魂に出会え、会いたい好太王様にも会える人生を生きていけますことは、幸せです。死んでも終わらない人間の生を求め生きてきました。魂は永遠とわかり、内面豊かに生きることが人間になることと感謝します。出会ったら永遠に共に生きていきたい気持ちで生きてきました。五女山城に吹く風は永遠なる魂を伝えてくれています。この風と共に生きていく、と新たに生まれた気持ちを受け止め、永遠の風を心に生きていきます。
 昨日開催しました1月11日に京都にて開催しました「高句麗伝説」にて詠ませて戴きました鴨川の畔を歩く父の姿の詩についてご参加者と語り合えましたことは心通い合う経験でした。父に会ったこともない方々と共に父を感じ、語り合えますことはうれしいことです。詩に表すことによりわかち合えることの素晴らしさに感動しました。これからも見える光景、薫る香りを詩に表し、たくさんの方々と魂の語り合いができればありがたいです。





2月8日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 恋し故郷の映像を見るだけでうれしく、喜び満ちるのです。高句麗発祥の地、五女山を慕い生きる日々は、源に帰りたい気持ちであり、源はみなひとつであり愛であることを世界中の人と経験したい気持ちであります。今日も東京カフェ哲にて「高句麗伝説」上映会サロンを開催しました。今年1月11日に京都にて開催しました「高句麗伝説」を見ました。昨日は、前日の10日に奈良にて開催しました「高句麗伝説」の上映会でした。1日違えば、また場が違えば、現る世界はまるで違います。今日は大きく揺れ動く世界をひとつにしていくおおいなる存在のはたらき、力を見ました。私の内面も揺れ動き、恐れ、畏れを繰り返し感じ、最後は、永遠なる魂で生きることへと行き着き、魂の故郷に帰れた安堵、喜びに満たされました。五女山に吹く風は、永遠です。どんな時も美しく真貫き生きる魂こそが永遠であると五女山の風は伝えています。まがいものを受け入れ生きることは滅びゆくことを教えられます。源に帰り、美しい魂表し、貫き、永遠に共に生きる道を示してくれます。真を隠し、濁していくことの恐ろしさ、真を貫いてこそ人間であることを高句麗魂は伝え続け、時が来たことを告げています。過去の辛さ、悲しみに染まり、混ざることには先はなく、全き純粋なる魂表し、真を実現していくことが未来を拓くのです。時代の大転換期です。裏が表にひっくり返った今です。真より生きていけないおおいなる存在の時代を生きる新しい真の人生のはじまりです。ありがとうございます。





2月7日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京では、窓を開け富士山に挨拶することから一日がはじまります。今日も美しい富士山にお目にかかれ、大変うれしく、生きる力を与えられ、感謝しはじまりました。春の日差しを感じる明るくやさしい光を受け、生命あることに感謝します。ふと亡き兄が気持ちよさそうにあるいているように感じ、兄の姿を探している自分に気づき、兄がいない現実を受け止め、魂共に生きていくと、内面を感じました。内面には兄だけでなく、亡き父母も、高句麗建国の王も共にあります。悲しみに満ちる地を歩き、皆が生きていける国を創ろうと高句麗を建国した東明王様の魂を感じ、悲しみに留まらず、皆が生きる世界を創ることを考え、未来へと向かいます。おおいなる存在あらわる世界となり、空間は澄み、素通しに何でも見える世界が拓かれています。生命の声は空間を通し、伝搬することが希望です。人間とし生きることが伝搬しますようにと望み、今日も生命の声であります本音の表現に努めます。
 今日は、今年1月10日に奈良にて開催しました「高句麗伝説」上映会を開催しました。今年はじめの「高句麗伝説」にて時代は全く変わったことを確認しました。新しい時代が拓かれています。真を表し、実現する時代の到来です。本音の表現により自ら新しい時代を切り拓き生きていける時代であるともわかり、過去に生きた魂共に良い時代を作っていけるように生きていく力が生まれますことがありがたいです。生命は次の生命のためにはたらいているとは本音で生きる人生で経験しています。生命が犠牲にならない人間の時代を作り上げていけますように生きていきます。日々「高句麗伝説」を見、聴き、訓練しています。ありがとうございます。





2月6日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 久しぶりに東京カフェ哲にて、いだきしん先生撮影、編集によります映像作品「五女山城」を見させて戴きました。緑輝く五女山城を歩いているようで、ただうれしく生命躍動します。世界遺産に登録されてから訪ねた五女山城は999段の階段を登ります。高句麗魂が風となり心地よい風を運んでくれ、私はいつも快適に素早く登ることができるのです。あの風の音が魂に染み入り、喜びに満たされます。魂は出会えた喜びを伝え、共に生きる喜びに満ち、至福感に包まれます。私は最も私らしくなり、身軽で、この身は空間を舞うように自由を感じます。いつも五女山城に居るように動いていければ幸せと考えます。今年の誕生日は五女山で過ごしたいとふと生まれた気持ちから、真剣に五女山に行くことを考え、中国の旅行社の方に相談しています。今日は、誕生日は、弘前にて「高句麗伝説」コンサートを開催させて戴くことを決めました。五女山へ行ける可能性もみつけながら、5月に向かいます。誕生日でなくても緑輝き美しい5月に五女山に行ければ。。。とふと感じ、これから5月の「高句麗伝説」開催と五女山へと向かい、真の自分を実現していく道を創り続けます。
 おおいなるはたらきかけに満ちています今です。今日は、はたらきかけのままに、見えたまま、カフェ哲にてサロンを開催出来、五女山城の映像を見ることができました。当初決めていたスケジュールが、車のトラブルによりこなせなくなり、見えたままのサロン開催へと変わったのです。おおいなる働きかけに満ちる今、真の自分を表現し実現に向かうことは世界に影響し、一気におおいなる存在の時代を作り上げていけることを経験しました。誠にありがとうございます。





2月5日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 美しく格調高く、高貴な音色、旋律に魂震えるばかりです。2017年10月24日、奈良にて開催しました「高句麗伝説」のDVDをかけ続け、何度も聴かせて戴き、美しい歴史が見えてきました。いつも奈良での「高句麗伝説」開催時は大変しんどく、歴史の影、闇に苦しみます。日本の未来を憂い、案じている時にお告げにより導かれ、奈良、京都にて「高句麗伝説」を開催し続けています。闇が光に変わる時、日本も変わり、真の力が現れると見え、その時を作っていきたく、お告げに従い、苦しみを乗り越えながら、開催して参りました。今、やっと闇の覆いがとれ、美しい魂が現れる美しい空間が見えてきました。国を創るとは最も人間とし高貴なことであると見え、わかります。天意を受け、天意を実現する高句麗王の資質がシャーマンであることも深く理解できます。最も高貴な魂でなくては国創りはできないとわかります。奈良、と声を発するだけで胸打ち震え、涙込み上げます。やっと美しい魂表し皆が生きていける国を創った魂が表に現れる時を迎えました。覆いが取れると、これほどまでに美しいこと、真が見えてくることに 驚き、感動しています。人間の内に輝く真が現れる空間は美しい世界です。真を貫き、美しく生きた純粋なる魂が輝く時代の訪れを感じ、心の奥深くから喜び、感動が生まれます。ありがとうございます。





2月4日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今の時代は人類の悲願が成る時であることを「高句麗伝説」を見る度に時代の意味を知ります。個人の人生を生きる時ではなく、全体とひとつである個で生きることをわかっていかないと先は拓けず、人生も終わってしまうことが見える時代であります。「高句麗伝説」にて魂総動員であることを感じれば感じる程に、自分一人の人生ではなく、人類の悲願を成す人生であるとわかります。歴史を創る人生を生きていけますことは人間とし、これほど光栄なことはなく、意味ある人生には感謝よりありません。おおいなる働きかけを受ける人生です。起こる巡りは、おおいなるはたらきかけと受けとめれば永遠の生を生きていけるように導かれていることに気づき、この世のことだけで見ては大きく間違うことも見え、おおいなる存在あらわる時代であることを受け止め考えることに努めています。今年の5月には五女山に行けるか否かを考えはじめています。その為か、高句麗の地がとても近くに感じるのです。風までも感じ、いつもにない時を迎えている今年は、新しい展開が起こる兆しを感じます。今までの人類史にはない時代を迎え、ここを乗り切れば、新しい未来が見えると感じます。今は毎日「高句伝説」尽くしです。上映会、そして家でも見続け、高句麗精神を身につけ、新しい時代を切り拓く動きを作っていきます。ありがとうございます。





2月3日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京に帰ってきました。多くの人と接することなく、おおいなる存在とひとつに生きることを訓練する日々はかけがえのない経験となり、やっと苦しみから抜け出せます。そして東京にてビデオ講演会の公開収録にて皆様とお会いできるということも生命交流し、生まれる表現が未来を創造していくことを経験でき、ありがたいことと感謝します。知らない街で見る光景は、お年寄りから感じる寂しさ、ご夫婦で歩く姿も寂しさを感じ、やりきれない気持ちになるのでした。人々の歩く姿、はたらく姿が亡霊のように見え、苦しみました。お金によって関係が作られることの悲しみ、愛が断ち切られる悲しみを感じ、この世は悲しく、苦しいことを身に沁みました。ここで生きたら生きていけず、何としても人間が生きていける愛ある世界を広げていきたいと心から望み、おおいなる存在とひとつに生きる人生をはじめます。本来なら求めてやまない生き方によってより、生き延びていけない時を迎えているので、真の人間となる最高のチャンスを与えられているのだと見えてきました。おおいなる存在とひとつにならねば、見えない真がやっと見えてきました。ここには真の希望があります。人類史上初めての人間の生き方が実現できるのです。人間とし生まれ、真の人間となれる機会を与えられた人生ほど恵まれたことはないと目が覚めました 。真の人間となれる経験ができることは真にありがたいことであります。
 春の足音が聞こえ、暦の上では立春です。立春の日に京都御所南にあります「高麗屋」を作ることを決めました。寒さ厳しい日で雨が降っていましたが、私には春の雨と感じ、希望に胸膨らみました。今はまだお告げの意味が現れていませんが、たくさんの魂と共にある歩みであり、魂に導かれ、切りひらいていく平和への道を歩んでいます。社会全体が変わるには時間がかかるということはわかっています。すぐに結果が見えずとも、たくさんのはたらきかけ、おおいなる存在からのはたらきかけを受け歩み、平和が成るまでおおいなる存在共に、魂共にはたらいていきます。ありがとうございます。





2月2日



LinkIconビデオメッセージをアップしました



 何とかしようと真剣に取り組んでいくと、抜け出していけるように導かれますことに感謝します。自分が望むことはありますが、おおいなる存在とひとつに生き、その結果を受け止め生きていくと生き始めました。幼い頃から人間は何故生まれ、どう生きていくのか、死んだらどこへいくのかをわかりたくて、人生を考えない時は片時もなく生きてきました。いだき講座にて、生まれつきの運命が解放され、運命のままに生きる人生は終わり、真の自分を実現する真の人生がはじまりました。生命の声であります本音を表現すると、おおいなるはたらきかけがあり、予想も想像もはるかに超える良い結果が生まれる人生は、求めてやまなかった生き方です。本音で生きると自分は元気一杯 、内面豊かに生きていけますが、まわりの人も助かり、喜んでくれることには救われました。人間は自分だけよくてもまわりの人が苦しんでいたら真ではないとは常に考えることでした。本音は生命の声ですので、誰の生命も生きていける道を作ると経験しわかり、生きる意味が深まる人生にはいつも感謝しています。皆が本音で生き、元気に幸せに生きていければいい、とは常に願う気持ちであります。そして死が終わりでないことを目に見えない世界が見える私は現実のこととしわかっていますので、死んでも永遠に共に生きていきたい気持ちで生きています。本音で生きる人生は永遠とわかる私は、出会ったら永遠に共に。。。と望み生きてきました。が、世界の状況も人間の生きる社会の状況も愛を失い、魂なくし、お金や物が優先され、気持ちが通じ合えない現実であります。心より願う生き方をいかに表現し、多くの方々と分かち合えるかは常に考えることであります。悲しいことが多い現実ですが、どんな時も希望を失わずに生きた人々は、生き延びてきたこともイラン、ペルセポリスにて、魂からのメッセージを受け詩に表しましたので、心に刻み生きています。そして、真を貫き、新しい世界を創造し続けることがいずれは皆が人間とし心通じ合い生きていける状況を作っていけると見えることをやり続けていくことが答えであると行き着きます。今はおおいなる存在とひとつに生きることに尽くしています。それより生きていく道はなく、どんな時も内面美しくあることに努め、おおいなる存在とひとつに人類史上初めての人間が人間とし生きていける良い時代を築いていけますように日々訓練し、真の人間になる道を歩んでいく毎日です。





2月1日



LinkIconビデオメッセージをアップしました



 危機にある今は、未来創造に向かい、ひたすら前進する時であると身をもってわかることができた、いだきしん先生との対談の機会に心から感謝します。KEIKO KOMA Ch.の特別番組であります。皆様に是非お聞き頂きたいです。何度も聞いて頂き、お話しの内容がわかっていけることが生きる力となり、未来創造への道を作っていくことになると私自身が実感しています。わかった時に空間とひとつである生命を取り戻し、内から力が湧いてきます。今日は、悲しいかな対談によりどう生きるかがわかり、力が湧き、助かりましたが、その後いろいろなことをしている内に、一変に心が暗くなり、胸に黒い弾丸を打ち込まれたような衝撃に全身が痛みました。私はいつも人の痛み、苦しみを身に感じてしまい、苦しくなる体質です。抜け出すには時間がかかります。このあり方を変えたく、日々努めていたことの答えを対談にて得ることが出来、今日から実践です。先手を打ち、新しい時代を切り拓きます。それ以外に自分も生きていけず、世界も危機にあり、人類全体の存亡がかかっていると痛い程感じます。一人一人の生き方が世界に影響する今です。皆で未来創造に向かい生き始め、人間とし真っ当に生きていければ、人類史上初めての平和な世界が創られる時代でもあります。大切な一人一人の生命、人生です。終わりゆくように生きることは一刻も早く辞め、人間とし未来ある方に生き始める時です。
 外は雪が降っています。過去の苦しみも悲しみも浄められ、新しい日を迎えられますように。。。皆が心通じ合い、心豊かに暮らしていけますように。。。静かに舞う雪に祈りを託し、おおいなる存在に全てを託し生きていきます。





1月31日



LinkIconビデオメッセージをアップしました



 雪が残る大地に春の光差し込む光景、心ぬくもる光景、人の心に触れ、生きることを考えずにはいられない瞬間瞬間です。過去に戻ることは完全に生きていけない状況が突然訪れ、未来、未来へと生きる訓練をしているような日々です。時代の大転換期とはこのような状態となるのかと夢を見ているのかと信じられない現実を真正面に受け止め生きています。現実を直視するより、先に向かっていけないことも身にしみ経験します。それも部分ではなく、全体を見ずしては、先を創れません。お正月に京都、八坂「高麗」にて、いだきしん先生のお餅つきが行われている時、東京に帰る幼子をお見送りしようと、入り口に行くと、幼子はすでに立ち去ったと聞き、私は突然いなくなった悲しみに立ちすくみ、号泣してしまいました。聞けば、立ち去らざるを得ない理由もわかり、悲しみに沈む出来事ではないことがわかりますが、自分の内に起こった反応は突然いなくなられたショックに身が引き裂かれたような体感でした。今もあの時の石畳が心に見えるのです。この経験は歴史的な因子から来るとその瞬間感じました。ある時、突然引き裂かれていく悲しみが胸の内にあるのです。琵琶湖の畔りに薫る香りを詩に表す時のことが蘇ります。ある時突然引き裂かれたという詩を琵琶湖の畔りでの「高句麗伝説」の時に詠んでは嗚咽がこみ上げてくるのでした。古の時に、共に琵琶湖の畔りを歩いていた高句麗人が何かによって突然別れが訪れ、引き裂かれた悲しみを詩に表さずにはいられないのです。表現することで明かされる真を受け止める時に、胸に刻まれた悲しみも溶けていくのです。以前、京都事務所にて開催しました「高麗恵子詩と語り」の催しにて、いだきしん先生が作ってくださった音楽を流し、詩を詠みました。琵琶湖の畔りの引き裂かれた悲しみを詩に表した時、胸の内は引き裂かれるように苦しく、涙はとめどなくあふれ、号泣してしまいました。思い出せば、奈良の斑鳩にて開催しました「高句麗伝説」では私は奈良の地の魂の詩を詠んだ時に、舞台上であるにも関わらず、号泣してしまいました。胸の奥深くからこみ上げる慟哭を抑えられずに、こみ上げるままに号泣となってしまったのです。歴史の悲しみが刻まれた胸の内が変わる時となればと願い、表現からはじめます。
 今日は、KEIKO KOMA Ch.の特別番組とし、いだきしん先生との音声のみの対談を収録しました。おおいなる存在がはたらく状態とは。。。を深く考える機会となりました。今も考え続けています。一人の人間に起こることは、一人のことにとどまらず、社会全体に起こっていることについても甚くわかる毎日です。故に一人が変われば社会全体に伝搬し、良い世の中を創ることにつながっていることも見えるので、人間一人一人の生き方は真に大切であると身にしみます。おおいなる存在に託す人生を生き始めました。おおいなる存在がはたらきかけてくれる人生とは。。。を考えながら生きるこれからです。ありがとうございます。
 雪が残り、寒さ厳しくても春の足音が聞こえています。子供の頃からまだ寒く暗い日が続いても春の足音が聞こえると、突然生命が躍動し、心がときめくのです。春はいつも生きる希望でした。希望の光あふれる春を迎えられますように、おおいなる存在とひとつに生きることを身につけます。





1月30日



LinkIconビデオメッセージをアップしました



 幼い頃の春の風を感じる光景に触れ、人間の心が豊かに生きていける関係を築き、皆が幸せに生きていくことを望みます。雪が残る大地にやさしい日差しが注がれ、平和な世界を心に描きます。豊かな自然の生命とひとつに生き、皆が生きていけるような世界となるようにはたらいてきました。これからも生命のはたらきのままに、ひたすらにはたらいていければありがたいと願います。3月11日にオープンします山元町焙煎工場カフェの準備をする時、雪解けの香りがし、春の光を感じることがうれしいです。内面美しく生き、懸命にはたらいていきたい気持ちで備えています。
 悲しいことが繰り返される人間の内面が変わり、人間を動かしていく目に見えないエネルギーもなくなり、真人間となり生き始めていく時、一気に平和な世界が作られる希望を心に、時を創るはたらきができますように生きていきます。日々訓練と感じ生きる毎日です。おおいなる存在と共に生きることに努めます。ありがとうございます。





1月29日/東京にて



LinkIcon東京/KIEKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 人生とはどのように展開していくかがわからないことをしみじみ考えます。いだき講座にて生まれつきの運命が解放され、本音で生き始めてからはおおいなる存在と共に生きる人生です。聖邪が分けられる時代にあり、自分の内にも外にもある邪は祓われていくことに驚きをもっておおいなる存在あらわる時代の訪れを受け止めています。母が亡くなり初七日も過ぎない時に、高句麗発祥の地五女山を眺め、母が亡くなった悲しみにしずみ、先祖の地であっても今は外国人であります私は、当時の中国の法律により入れない切なさに、胸の内は、引き裂かれる程の悲しみに満ちていました。突然「まがいものは排除せよ」とのメッセージが聞こえた時には度肝を抜かれる程驚き、心臓のドキッ という音が聞こえるようでした。聞こえたメッセージの意味を考える人生は続いています。今年で早20年目を迎えます。20年にわたり考え続けてきたのだと驚きます。おおいなる存在あらわる時代となり、まがいものという言葉が意味することが明かされてきました。人生とは。。。と驚くばかりであります。子供の頃より人生ばかりを考えて来ました私は生まれて初めて人生を考えることをやめました。おおいなる存在と共に生きることだけを考えます。人生を考えると、自分が。。。という我が強くなります。我で生きてしまったらそれこそ人生を棒にふるとははっきりと見えるのです。人生は大いなる存在に託し、どんな時も人間とし真っ当であること、心偽りなく美しく生きることだけを考え、尽くします。新しい聖なる時代を生きる今に感謝し、新しい一日を生きていきます。ありがとうございます。





1月28日/東京にて



LinkIcon東京/KIEKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



強さ



 今日もカフェ哲にて「高句麗伝説」上映会サロンを開催しました。何度も見ています10月23日に京都にて開催しました「高句麗伝説」を見ました。好太王様の存在あらわれた本番での経験があり今があります。好太王様は心に何もなく、どこまでも強いとは好太王様の地に行くと、生命をもってわかります。その強さを身に付けたく、必死でひとつになるべく聴かせて戴きました。今の時代は好太王様の時代のように戦の世と考えると、生き方は自ずと決まります。人間であってこそ皆の生命を守り、皆が生きていける場を広げられたのです。高句麗の地に行くと、戦の世であってもぬくもりにあふれ、幸せを感じることが心の支えとなっています。生まれた時からこのぬくもりを生命の内では知っていました。戦の世であるので、真か否かを確かめずしては、表現してはいけないことと感じていました。高句麗の地に行き、真とわかり、誇りを感じました。これからは、皆で力を合わせ、生命ひとつに生き、何があっても美しく生き延びていける世界を作っていく時です。「高句麗伝説」にて経験していますので、やれることがありがたいです。





1月27日/東京にて



LinkIcon東京/ヤマハホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 影を背負い、生き霊に取り憑かれているような状態であったのだと生命をもって気づけ、抜け出せました今日のコンサートでの経験でした。生き霊に取り憑かれる私のような体質の人間がいるので、自分勝手に生きていける人がいるのだとも見え、今日をもって抜け出していけますことに感謝します。幼児期の記憶により、人生を誤ることの恐ろしさを目の当たりにする今、自分が生まれた時から身についている感覚について深く考えるコンサートでした。引き裂かれる悲しみが身に刻まれていることを幼い頃より感じていました。初めて即興詩を人前で詠んだ時、目を閉じ、内面深くを感じ、生まれた言葉は「引き裂かれた悲しみ」でした。号泣しました。今日もコンサートで引き裂かれる悲しみを感じ、生きていけない限界を感じました。その時、高句麗の歴史が見え、先祖が辿ってきた道を自分も辿っていることに気づき、今こそ先祖代々の魂と共に抜け出し、過去が報われていく時であると見えました。過去の歴史は裏切りにより、人間の心は引き裂かれていくとはそのまま見えることです。ここで終止符を打ち、過去を繰り返す人間の生き方は終わりとなるとも見え、歴史が変わる瞬間と感じました。世界は危機であり過去を繰り返しては生きていけない状況であります。誰もが人間とし生きていかねば生きていけない時代です。愛に満ち、コンサートの場に身を置かせて戴くだけで、歴史の解放を経験し、新しい時代を作っていける心身となることは夢のまた夢と表現したい程、この世の奇跡を我が身をもって経験させて戴いています。必ず良い実が生まれる未来の為に生き、はたらくことを心に生きていきます。





1月26日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 静の中に動きがある奈良にて開催しました「高句麗伝説」を上映会にて再び経験させて戴き、何が為されているかもよくわかり、真の解決へ向け生きる姿勢を正し、決めていく尊い機会となりました。今までの生き方は完全に終わり、おおいなる存在あらわる時代を生きる生き方を学び、身につけていく毎日です。毎日が学びであり、訓練と考え ます。「高句麗伝説」を見ることにより、真を貫く生き方を学べますことは真にありがたいことと感謝します。何が真であるかを生命をもってわかれば真に生き、真を貫くことは自ずとできるのです。私には、幼い頃から外してはならない一本の道が見えていました。先祖代々の魂の道と見えていました。高句麗魂宿り生まれ、魂表し、貫き生きることは外してはならないことを生命をもってわかっています。今この時になれば、生きる要であることがわかります。人間とし生まれたなら、何があっても真に生き、貫き、死を迎えずしては生まれてきた意味がないとはよくわかっています。この世で誤魔化し生きることは人間ではなく、人間は人間とし生きる存在であります。世界が危機にある今、生き延びていく道は人間となることと行き着きます。今後も「高句麗伝説」をたくさん見、経験し、人間とし真っ当に生きることを鍛えていくことに取り組んで参ります。世界で唯一の経験ができますことに深く感謝し、経験できる恵を世界の為に活かしていけますようにはたらくことを誓います。





1月25日/東京にて



LinkIcon東京/狛江エコルマホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 雪が残る今日、自宅の近くを車で走る時、幼い頃に感じた風が吹きました。懐かしい風に吹かれ、瞬時に亡き父母を想います。生きている時も亡くなってからも片時も離れずに共に在ります。私が悲しんでいると共に悲しむ存在に気づき、自分一人の人生ではないので、心は何もなく、おおいなる存在と共に生きる事に努めます。今日も富士山が美しい姿を表し、生きる姿勢をその姿で教えてくれました。どんな時も人間は人間とし生きていくことを、いだきしん先生の応用コースでも教えて頂きました。いだきしん先生にお会いすることが最も人間となり、人間としての生き方を学び、身につけていけます。お会いできる機会があります幸運と恵みに心から感謝します。人間が人間でなくなり、巨大な化け物と化してしまった故に例えようのない悲しみを生み、悲しみを繰り返しています。人間であれば決してやれないことをやってしまう化け物となってしまっています。おおいなる存在あらわる時代です。全ては浮き彫りとなり現れ、人間とし生きていかねば生きていけない時代がやっと拓かれました。どこまでも美しい富士山の姿に幼い頃より勇気づけられ生きてきました。自然の生命とひとつに生きる人間です。何があっても心美しく、最も大切な心は変わってはならないことを日本の昔話しからも教えられ、人間としての心を表し生きることを心に誓います。危機にある今、美しい心にはたらきかけてくれるおおいなる存在共に奇跡が起こる事に賭け、危機を乗り越えていけるように生きていきます。今の寒さは48年ぶりの寒さであると聞きました。寒い時、いつも先祖の地五女山城を想います。凍てつく寒さの中であっても心寄せ合い、ぬくもりをうちに生きていたからこそ生き延びてこれた事をその地に立つ時生命に教えられます。どんな時も心ふれあい生きていければ何をも乗り越え生きていけます。ありがとうございます。





1月24日/東京にて



月に心を託し
生きている時間を考える人生は終わり
時を超え
永遠を考える人生のはじまり

何があってもどこまでも澄み美しい月の輝きに
心を託す時
未知なる未来に向かう生命の躍動生まれ
悲しみは未来創造の力となり
何もない心に差し込む光に
心広がり
人間とし真に生き
真を貫くことに尽くしていくことを考えると
内から新しい力が生まれてくることがありがたいです
美しく生き
先を作ることが人間と内から生まれるぬくもりに感謝





1月23日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


高句麗の力



 狛江「高句麗伝説」上映会にて、生命をもってわかりました高句麗の力。必ず活かせる人間となると心に誓います。この時を作り続けてきたはたらきを生命をもってわかり、自分個人の人生を生きる人生ではないと目が覚めました。今の時代は真に危機であるともわかり、目を覚まさねば生きていけなくなるとも見え、わかったことは身につけ、改善すべきは即改善し、危機にある時代を乗り越え、生き延びていけるように人間とし真に目覚め生きていきます。全ての日程は真に目覚める道のりとなり、おおいなるはたらきかけに心から感謝し、人類の悲願が成る時代に生きる人生と受け止め、真を貫き生きていきます。高句麗を建国した朱蒙様の存在、真の力を生命をもってわかりました。いだきしん先生に出会わせてくれた力の真に出会い、真に目覚めました。真を実現し生きていきます。ありがとうございます。





1月22日/仙台にて



LinkIcon仙台/カフェ「高麗屋」にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京は大雪とのことですね。仙台も大雪となっています。あたり一面、雪景色となり、何もかもが真っ白に覆われています。東京で生まれ、育ち、滅多に降らない雪はお清めと聞いていました。そうであるならありがたいと、今こそ望むことはありません。新しく生きていく時代を迎え、すべてを洗い清めてくださる働きと受け止め、静かに深々と降る雪景色を眺めています。大いなる働きかけに満ちる今、心美しくあらねば生きていけないことを身にしむ毎日です。自分がどうしたいかがあると、心が曇ります。人類を救済しようと働いてくださる大いなる存在を心に生きることに努める毎日です。仙台にカフェ高麗屋がありますことが希望と感じ、3月11日にオープンの運びとなります山元町の焙煎工場カフェは、真の希望の光とし見えます。美しく生き、一人一人の気持ちを活かし、美しいお金を生み出し、皆が生きていける世界を作っていけることに使っていくことに徹していければ、新しい世界を創造していけると見えます。東北の地にてお会いする方々は心ふれあい、温もりに包まれます。心触れ合える方々と共にはたらき、活動できますことに感謝します。一日、一日を大いなるはたらきかけとひとつに生きていけますようにと心任せます。仙台での尊い活動の機会をありがとうございます。





1月21日/仙台にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 穏やかな仙台への道のりは、新しい道を作る始まりを感じました。人間の温もり、愛ある人間が作る新しい世界が拓かれています。拓かれている世界で生きていくことがこれからを生きることとわかる道中に感謝します。また、道中、ずっと「高句麗伝説」のDVDを聴き、「高句麗伝説」の奇跡を見、今の時代の意味がより深まりわかりました。人間とし生まれ、時代の大転換期を生き延び、新しい時代を切り拓いていくことは最高の人生であると感謝してもし尽くせません。自分がどう生き、何をしていくかの自己中心に生きる時代は終わった事を人生でわかります。大いなる存在に委ね、大いなる存在とひとつに生きる人生です。いつも胸の内にあった悲しみは引き裂かれた悲しみでした。 裏切り、愛を断ち切られる悲しみを繰り返す人間の生き方は終わり、愛によってより生きていけない時代を迎えました。愛を断ち切り生きる人生には、心から笑える時も喜べる時もなく、愛に生き、心から笑え、笑顔が美しい生き方をはじめる時が来たことを空間から教えられます。心に何もなく、心美しく生きていかねば、笑顔も生まれません。どんな時も大いなる存在とひとつに生き、美しい心で生きることに努める毎日に感謝します。ありがとうございます。
 仙台にて午後の光が差し込む美しい会場で講演会を開催する光景が見えていました。本日、1月22日午後2時半より勝山館にて開催させていただきます。見えているままに動く時、未来は拓かれることを知っています。





1月20日/東京にて



 東日本大震災が起こった時に、東北の復興なくして日本の未来はないと見え、ここに人生賭けると生まれた本音で東北の地に拠点を作り、カフェを作り、毎月通い続けて早7年目になります。復興支援活動をさせて戴きながら、いつも自分が助けられることが多く、感謝よりありません。エチオピア支援活動も助かられることばかりで、支援という言葉を使うことはいつも憚れますが、使わざるを得ずに使わせて戴いています。東北の復興支援活動も同様です。美しい自然環境に身を運ばせて戴くだけで、生命癒され、心やすらぎ、人間であることの原点に立ち戻ります。生命あることに感謝し、皆の生命が元気にすこやかに生きていけますようにと心より望みます。人間同士、わかりあいたいと常に望み生きています。愛を経験し、生命交流する経験ができる、いだきしん先生のコンサートは、確実に人間性を養い、未来に人間が生きていける良い世界を切り拓いていくと見え、開催し続けています。豊かな感性から、皆が元気に生きていける物作り、仕事作りがはじまります。愛を要とし、新しい世界を創造していく時を美しい東北の山河が伝えてくれています。ありがとうございます。





1月19日/盛岡にて



LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


高句麗の父



 イランにて開催しました「高句麗伝説」のDVD を見ていると、最後の詩にて「高句麗の父」が詠まれていました。雪の五女山城から見る山々の映像と共に、いだきしん先生の高麗笛の音が響き渡っています。この場面は夢のお告げの場面でした。そのことを今日は思い出し、裏が表にあらわる時を告げていた詩であったと確認しました。高句麗の父は歴史の影と見えました。いだきしん先生の存在も常に人の生命とひとつにあり、人の苦しみ、痛み、全てひとつに在りながらも人には理解されずに生きておられる状態は人類の裏であるとは見えることであります。裏であり、影であった存在が表に現れる時、世界は変わり、真が現れます。全てが明らかになる今、一人一人が真の自分を表し存在顕し生きていける時代となりました。
 いだきしん先生は私が「高句麗伝説」にて詠む詩は皆の存在を表現しているとおっしゃって下さいました。皆が存在あらわし元気に輝き生きることが幼ない頃より望んできた生き方です。「高句麗伝説」にて詩に表していると受け容れて頂き、存在を受け容れて頂き、「生きていける」力、支えとなり、心よりありがとうございます。どんなに叫んでも理解されずに悲しみを感じることが多い人生でしたが、おおいなる存在に受け容れて頂き、愛に満ちる人生となり、心より望む、一人一人が存在あらわし生きていける世界を切り拓けるように生きていきます。真の人生のはじまりとなった今年初めての東北センターでの講座の経験に深く感謝申し上げます。ありがとうございます。


 出会う星
 どこまでも澄んだ輝き
 希望の星
 存在あらわる時代を告げる
 美しい魂は永遠





1月18日/盛岡にて



LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今日も北緯40度の地盛岡の地にて、夜空を仰いでいる時、風が吹きました。魂の風と分かる風です。悲しみ共にし、未来へと向かい時を作りながら時を待つ魂の風に吹かれ、瞬時に涙ほとばしります。この風は阿弖流為の風とわかった時、突然一条の光が夜空に現れました。どこまでも澄み、透明な美しい星の輝きに、全身に悲しみ貫き、一条の光が生命を貫き通りました。悲しみが希望と変わりました。魂の出会いをありがとうございます。



 風
 阿弖流為
 悲しみ共に
 未来へと賭けた魂
 ここに時を得
 共に動く
 阿弖流為の風受け生き る

 星あらわれ
 希望の星
 悲しみの星
 永遠に共に生きる
 魂の出会い





1月17日/盛岡にて  



 盛岡の家の寝室に展示してあります写真額には、雪の五女山城の写真と「永遠の高句麗が生きる力、愛、希望」と私が書いた墨文字で書かれています。雪に覆われた五女山城の石垣も悲しく、詩も悲しく感じながらも記している如く、生きる力となっているのです。何があっても美しく生き、次世代が生きていける時代を切り拓いていくことが生きる力であります。五女山城の写真からであっても共にある高句麗魂を感じ、自分だけの悲しみではなく、過去に生きたたくさんの魂の悲しみを感じ、共に抜け出していける道を創っていく気持ちが湧いてきます。
 雪に覆われた北の大地に居ると、生命の尊いこと身に沁み、 皆の生命が生きていけますようにと心の底から願います。何があっても人間は人間とし生きていくより生きる道はないのです。人間となり生き、死を迎えてこそ、生まれてきた意味がある人生を生きられます。全ての人が生命豊かに生きていけますようにと自然に生まれる気持ちを表し、生きていくことを改めて確認出来る尊い機会に恵まれ、心からありがとうございます。



北緯40度の大地
雪に覆われた大地に風が吹く
悲しみも苦しみもずっと共にありつづけてくれたことを知る
瞬時に涙こみ上げる時
悲しみの大地に風が吹く
全てが洗い流される時
人間の心が報われる
新しい時が来る
悲しみ共にある存在
ありがとうござい ます





1月16日/東京にて



LinkIcon東京/銀座 ヤマハホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京では今年初めてのコンサートが開催され、ただならぬ即興演奏を聴けることの尊いこと、かけがえのない経験を改めて受け止め、これほどの人生はないと深い感謝の気持ちでいっぱいです。会場全体に大きく響き渡るピアノの音に抱かれ、生命は光に満ち、邪は祓われ、生命の深奥に輝く最も美しい光を取り戻す時、人間であることに感謝し、やさしい気持ち、ぬくもりに包まれます。この状態で生きていかずしては何の為に生まれてきたかわからない人生となると身にしみます。ここから生きていかねば。。。と心に誓う今日の、いだきしん先生のコンサートでの経験でした。
 今日お誕生日を迎えた幼子と、私の誕生日には故郷の五女山へ行こうと、話しました。999段の階段を上り。。。と話すだけで楽しいです。幼子はパスポートを作りに行くのです。私の故郷は、海外であるのだと、改めて受け止め、先祖は海を越えて日本の地にたどり着いたということを心に受け止め、海によって隔てられることなく、国によって境が作られることもなく、自由に行き来ができる状況となりますことを願います。一人一人が真の自分を活かし、輝き生き集う五女山の夢の実現へ向かいます。今日のコンサートで経験させて戴きましたメッセージタイトル「善美」と表された状態から生きていきます。ありがとうございます。





1月15日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 山元町焙煎工場カフェは3月11日にオープンできる運びとなり、心よりうれしく感謝申し上げます。一人一人の気持ちが石垣のひとつひとつとなり、皆で石垣を並べ、皆の生命が輝き生きていける城を作っていくようで、気持ちが通じ会える方々と共にはたらいていけますことは真にありがたいことと感謝し、完成に向かい備えます。
 毎夜書く生命の詩にあらわる真の自分の光は表してこそ真であると教えられます。真が現れても、表現せずしては曇っていくことが見えるようにわかり、真はどんどん表していかねば、輝かず、また世に塗れてしまうと見え、表していくことに努めます。
 年に一度より開催しない高麗倶楽部の会合ですが、皆様がこの時を励みに一年間頑張っていけるというお声を聞く度に、胸熱く感動します。会合にて発言したことが実現していく一年を生きていけるとのお声がうれしく、私も今日は、発言こそしませんでしたが、皆様のお話、いだきしん先生のお話をお聞きし、見えたことを実行し、実現する一年とすることを心に決めました。生きることは上昇拡大よりないとは、好太王様から教えられたことであります。会合が終わり、家に帰り、好太王陵に立つ私の写真といだきしん先生の詩書の額を飾りました。五女山の夢の実現に向かい、何があっても諦めず、頭で予想することもせずに夢に向かい続けていくことを目指します。心に生き続ける故郷の地へと向かうことは、平和への扉を拓くことにも通じます。生きている限り、目指し続けます。それも今年実現を目指します。ありがとうございます。





1月14日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 澄んだ空気にどこまでも透明感あふれる富士山の美しい姿に、心が映し出され、悲しみが走りました。どんな時も心美しく生きることが人間であると富士山の清き姿に教えられ、生命の深奥を取り戻します。生命の深奥は、空間とひとつであり、無限な世界とつながっています。永遠の世界で生きる生命です。
 純粋な幼子の心に、人間とし真っ当に生き、先を作ることを教えられます。子供達が生きていける世界を創造することが先に生まれた人間の行うこととは生命をもってわかります。余計なことで苦しむことが多い闇の世界は終わり、真に人間が生きていける世界を作っていく為に生きることが人間であると、幼子の魂に触れ、自ずとわかり、次世代が生きていけるように生き、はたらくことを心に誓います。
 これからの時代は能力があってこそ生きていける時代と、いだきしん先生からお聞きし、家柄、学歴、この世の評価に合わせ作られた仕事も終わりを告げ、一人一人の能力を発揮できる時代の訪れに喜びを感じます。まさに余計なものがない状態で生きていけるのです。心より感謝し、いだき講座にて生まれつきの運命を解放された生命、内面を活かし、世界に役立つはたらきをし、良い時代を作ることに貢献したい気持ちを表していきます。
 生まれつき高句麗王の資質を受け継ぎ、人の運命が素通しに見え、目に見えない世界が見える感受性があります。今までは理解されないことが多い為に、隠しながら生きてきたのですが、今後は前面に表し、先を切り拓いていく為に、活かしていきます。お告げがあり、未来からのメッセージも聞こえ、魂の声も聞こえる資質を表し、人間が人間とし生きていける世界を実現する為に生きていきます。ありがとうございます。





1月13日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 輝く黄金の文字「高麗」の看板をしみじみと見させて戴き、人生を考えます。高麗恵子スカイロケットセンターの地下に立てた「高麗」の看板は美しく、ここでは高句麗歴代の王にお会い出来ますことがうれしくありがたいことであります。国創りの精神を示してくださり、いつも生きる姿勢を正す機会となり、時代の変化もわかり、時代を先駆け生きる事を教えられます。先祖の魂との語らいが生きる支えであります。自分一人ではなく、たくさんの魂と共に生きていることを確認出来、人類の悲願が成る時と知ります。自分個人の人生を生きる時代ではなく、過去に生きた魂も報われ、未来に生きる人が生きていける時代を作り上げていく人生です。おおいなる存在現れ、いつもはたらきかけてくださり、人生を託し生きています。心に何もなく生きていくことに努めています。自分が望むことも心かげり重しとなることがわかるようになり、心は何もなく、すべてはおおいなる存在に託し、ただただ人間とし真っ当にあれるように生きることよりないと考え、生きています。
 今日も「高句麗伝説」のDVDを見、時代の意味を考え、心憂えることなく、心美しくあることに尽くしています。美しい故郷の風景が映像に映し出され、いつも故郷の地に居るように感じていけることがありがたいです。今年は美しい故郷五女山へと向かい生きていきます。ありがとうございます。





1月12日/東京にて


高句麗の地



 奈良、京都での「高句麗伝説」を無事に開催出来、新しい時代の到来を生命をもって経験しわかりました。半月ぶりに東京に帰り、偶然見た「高句麗伝説」コンサートのDVD から映し出される高句麗の地の映像を見、心底心安らぎ、生命とひとつであることを体感します。ここが故郷であり、人間とし皆で生命ひとつに生きるぬくもり、愛を取り戻す場と感じます。昔先祖が生きた地の息吹、ぬくもり、愛を感じられますことに感謝し、生きる力が湧いてきます。今年行くことが叶えば。。。と望み生まれます。高句麗の地に行く度に、「生きていける」エネルギー満ち、何があっても乗り越え、頑張っていけるとおおいなる勇気を与えられます。ありがたいです。毎日「高句麗伝説」のDVD を見、高句麗の地のエネルギー、ぬくもり、愛に触れ、人間とし真っ当に生きることに努めようと、新しい気持ち生まれます。ありがとうございます。





1月11日/京都にて



LinkIcon京都/ロームシアター京都にて収録しましたビデオメッセージをアップしました


新しい時代



 世界へ新しい生き方を伝えたく「高句麗伝説」をはじめた記念日の京都での開催は、真を表していける新しい時代ならではの表現が生まれ、大変うれしいです。古の魂も新しく蘇り、今度こそ、真に人間が生きていける時代を作り上げていけると喜び生まれます。そして今年は五女山へ行ければ。。。と望みます。五女山の夢の詩を詠むだけで涙で一杯となります。真と出会い、真表し生きる源、五女山へ。。。いつも心に慕う故郷、五女山へ。。。たった一度の人生です。色々なことがありますが、人間とし真を生き、永遠に生きる生き方を望みます。2000年前に高句麗を建国した王の魂と共に生きる人生です。人間は永遠に生きる存在であることを経験している人生です。真貫き、永遠に。。。





1月10日/奈良にて



LinkIcon奈良/なら100年会館にて収録しましたビデオメッセージをアップしました


奈良へと



 奈良と声を出すだけで、胸震え、涙こみ上げることは毎回の奈良での「高句麗伝説」の度に経験します。古の都を作った祖先の魂を感じます。それも川の畔に薫る魂の香りにいつも胸動き、涙するのです。遠い古の時に生きた魂と出会い、共に生きていけます人生は人間とし此れ程恵まれたことはなく、幸せなことはありません。出会ったら永遠に共に生きたい気持ちは3歳の頃からあり続ける気持ちです。古の時に生きた魂とも出会える今、永遠を生きる生を生き、永遠に共に生きる人生を。。。と望んでやみません。奈良へと向かう道に、古の魂の声を聞き、闇に覆われた歴史は終わり、真あらわる時代の幕開けを共に迎えられる喜びは、自分一人ではないことを魂は知っています。今日の衣装は高句麗魂に導かれた着物であると確信しました。この時の為に、出会い、導かれ、私が真の高句麗魂の詩を詠む時の為にと用意してくださったのだと受け止め、感謝します。私が高句麗カラーと呼ぶ色でしたので、古の高句麗人の魂の詩を表すことに相応しいと感動しました。高句麗発祥の地五女山城の石垣の色です。とても美しい石垣が重ねられ、揺るがぬ砦を作っています。美しく生きることが生命守ると教えられます。
 明日は京都での「高句麗伝説」です。心何もなくと目指し、臨みます。ありがとうございます。





1月9日/比叡山にて



LinkIcon比叡山/NPO高麗迎賓館にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 偽者は、脱兎のように逃げ去っていくと見えた、八坂の塔の前に立ち目を閉じ見えた光景が気になる今日でした。比叡山迎賓館での、いだきしん先生のコンサートの時、偽者も一見美しく見える事が嘘があばかれるようにし見え、今年は嘘がばれる時代と年頭から、いだきしん先生がお話くださった事が見えるようにわかりました。明らかな嘘は悪いことですが、まわりに合わせているうちに生命には偽っていることは殆どの人がやっていることと見える最近です。空間が澄み、真あらわる時代であるので、生命に偽ることは浮きぼりと見え、正していく時と受け止め、生命に素直に偽りなく生きる毎日です。
 いよいよ奈良での「高句麗伝説」コンサートを開催します。人間とし真っ当であらねば生きていけぬ時代の幕開けです。偽者は脱兎のように逃げ去っていく様が見えましたが、逃げても逃げ場もなく、人間は人間になるよりないのです。
 今日の迎賓館コンサートにて、最後に真の高句麗魂あらわれました。やっと真の自分を表し、真の人生を生きるはじまりです。「一人一人が真の自分を活かし輝き生きていける世界は平和な世界」を活動主旨とし真との出会いの瞬間瞬間が起こる機会としコンサート活動をして参りました。いよいよ実現の時が来ました。おおいなる働きかけを受け、真表し生きる時に感謝します。ありがとうございます。





1月8日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 世界が危機にあり大変厳しい状況であることを身に沁み感じます今この時、新しい世界を創り、皆が生きていける世界を創造したく、コンサートを開催させて戴いています。一人の人間が真っ当に生きていけば世界は変わることに希望を見い出し生きています。まずは自分が真っ当に生きることに努めることからはじめようと生き始めました今日、家の中で、IDAKI SHINサウンドシステムにて流れるピアノの音を聴いた瞬間、この世とはまるで別空間が立ち現れ、大変驚き、衝撃を受けました。ある時のコンサートライブのCDが流れているのです。この経験をしていながら 、今の有り様では、なんと勿体なく、無駄な生き方となっているかを思い知ります。人間とし、コンサートで経験したことを活かし、後退せずに、前進してこそ生きる意味があると恥ずかしながら目が覚めました。そして本日の迎賓館でのいだきしん先生のピアノの即興演奏を真剣に聴かせて戴きました。涙ばかりがこみ上げます。胸の奥深くからこみ上げる慟哭、号泣を抑え、身を任せました。神と引き裂かれた悲しみが全身を貫き、最後に神とつながれたことに心底安堵しました。この世に生まれた限り、人間とし真っ当に生きていきたく、出会ったら永遠に共に生きていきたいと望んだ3歳の頃からの気持ちを実現したく生きてきました。おおいなる存在に受け容れて頂き、生きていける生命です。身が裂かれる程の悲しみも辛さも苦しみもずっと共に在り続けてくださり、ありがとうございます。2度と引き裂かれることのない生き方をはじめます。





1月7日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 裏が表に、表が裏にひっくり返るとは、国創りの神を祭る神社にて聞こえたメッセージです。今年は完全にひっくり返り、隠してきた悪いことも偽りも全てが明るみに現れています。私も真の自分をそのまま表し生きていかねば、闇に塗れてしまうことを生命をもって経験し、真を表に表し生きる人生となりました。心から感謝します。すると見えるものも感じることも次元が違うように変わることに大変驚いています。見えること、感じることの全ては未来が拓いていくように見え、感じるのです。昨年一年は全てが終わり行くように見え、辛いことが多かったのです。終わり行く世界に生きることは子供の頃から何とかしたい気持ちで生きてきました。いだきしん先生に出会い、生まれつきの運命が解放されると終わりゆく世界から、生き延びていける世界が見え、希望を持って生きてきましたが、世界全体が危機にある今は、闇に覆われた世で生きる限界を身に沁み感じました。やっと世界がひっくり返り、真があらわる時代を迎え、真を表し生きることで希望ある未来が拓かれることが見えてきました。奇跡が起こるように生きることに希望を託し、おおいなるはたらきかけを受けられるように生きることは最も人間とし真っ当に成っていけると感謝の気持ちあふれます。危機を乗り越え、良い時代を作っていけるように日々はたらいていきます。明日からの迎賓館コンサート2回の開催、奈良、京都での「高句麗伝説」で想像もつかない程大きく世界は変わるでしょう。真が生きる時代で す。ありがとうございます。





1月6日/京都にて



LinkIcon京都/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 大きな気づきが生まれた一日です。気づき、抜け出し、生き延びていく道を見い出せ、感謝します。過去の生き方、体質ではこれからは生き延びていけません。徹して人間とし真っ当になるより生きていけない時代は今までとはまるで違う時代の幕開けです。人間が真っ当になれば、今ある問題も課題も一気になくなり、異次元世界が拓かれると見えます。生命の犠牲になる生き方も社会の仕組みも変えるよりありません。
 まもなく訪れる10日奈良、11日京都での「高句麗伝説」コンサートはただならぬ歴史的大イベントと見え、心澄まし、人間とし真っ当であることを考え、身につけていくことで必死に生きる毎日です。空間はより澄み渡り、偽りはそのまま現れ、真より生きていけない時代となることでしょう。自分の内から偽りをなくし、心美しく。。。と日々真剣に取り組んでいます。一日一日は尊く、確実に人間とし真っ当にならずしては、生きていけない時代であることを身に沁み感じています。喜ぶべき時代の訪れですが、今まで当たり前にしてきたことが生命のはたらきには反していることも見えはじめ、過去の時代は闇にまみれ、闇が支配し創られた仕組みが見え、驚く気づきの毎日です。全ては真逆となっていたのだと衝撃を持って受け止めています。全ての現実を受け止め、良い時代を創っていけるはたらきをし続ける先には今までにない人間の生き方が実現出来ると考えます。危機にある時代は変わるよりないのです。危機を乗り越え、何があっても心美しく生き、新しい時代を創り上げていくのです。歴史の要「高句麗伝説」に向かい、真を尽くすのみです。ありがとうございます。





1月5日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 京都、御所南高麗屋を開けた今日も、高句麗にご興味がある御方がお見えになり、歴史のお話をたくさんお話させて戴き、奈良「高句麗伝説」コンサートチケットをご購入下さいました。高麗屋は月に一度開けられれば良いほうですが、開ければ、不思議な御縁が生まれることにお告げにより作ったことの意味が明かされることが愉しみになります。
 今日は、いだきしん先生が撮影された1998年5月の好太王碑に立つ私の写真と共に、いだきしん先生が書かれた詩書が心に飛び込んできました。
 「好太王談徳 これからの東アジアの道標 曙光 ために。。。愛があり生命育む 感謝 旅立」
 今この時の為に書いて下さった詩と受け止め、歴史の流れが見え、東アジアの道標というお言葉が全てを示して下さっていることが見え、私はこの道を行くと行く道が見えました。東アジアをひとつに。。。という幼い頃からの気持ち、先祖の悲願を実現すると決めた時、京都へと導かれました。京都は好太王を知る魂が眠るとは大地から感じていました。好太王の存在も私も表に現れて来た今、好太王を知る魂が蘇り、顕われると見えます。そのことが東アジアがひとつになる道を作ると見えます。希望ある未来へと向かい、歩みます。ありがとうございます。





1月4日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました


故郷の風景



 先祖高句麗発祥の地がある五女山に向かう時の田園風景の写真が大好きで、家に展示しています。今朝は写真の風景が胸に飛び込み、風を感じました。中国大陸に吹く風です。ふと先祖が生きた地は現在では中国大陸なのだとわかっていても、今気づいたように、しみじみと先祖のこと、国が滅び、日本に亡命してきたことを考えました。私は故郷の地に立つだけで生命喜び震え、涙こみ上げます。五女山に向かう道で、遠方に五女山が見えると、車を降り、写真を撮ります。その地に立つだけで、目の前に五女山が見えるだけで、生命全てが躍動し、喜び、これ以上の幸せはないと感じる程うれしいのです。今日は写真から五女山の風を感じ、全身喜びに震えました。
 同じ部屋には八坂の塔の写真も展示しています。私が撮影したのですが、蒼い風が写っているのです。上昇拡大する象徴です。京都へ導かれ、一度縮小することを考えた時に、自分でも予期せぬ行動をし、驚いていた時に撮影した写真です。蒼い風が写る八坂の塔の写真を見、上昇拡大するより答えはないことを教えられました。以来、縮小することを考えることはありません。やり始めたことは上昇拡大を心に向かっています。今年の元旦は蒼い風と名付けているこの写真が胸に飛び込み ました。このことを忘れてはいけないと示して下さったと受け止め、肝に銘じ、動いていきます。
 今日は、京都事務所にて、いだきしん先生が音の編集をして下さった「高句麗伝説」上映会を開催しました。「高句麗王直系子孫であることを忘れてはならない」と毎日私に言って聞かせた父の詩を詠む私の声が魂に沁み渡り、父が毎日言っていたことをそのまま受け容れ、生きれなかった今までの人生を想います。過去は取り戻せませんが、そのまま受け容れ生きたならば。。。とふと考え、これから全てを挽回出来るように生きると心に誓うのでした。私の声から魂の声が聞こえました。今の時代は魂の悲願が成る時と魂の声によりわかります。時が来ているのに、動かぬ人間は吹き飛ばされるとも見え、姿勢を糾し、人類の未来を切り拓く活動に徹していきます。





1月3日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今までの生き方は一切通用しないことを身に沁みわかる年明けです。今までの在り方は終わり、人間が人間となっていかねば、世界も終わる危機にあることを日常の中で甚く感じる日々であります。そんな中でも、私達は新年からお餅つきが出来、大家族のような方々と共に、ぬくもりあふれる時を過ごせました。そして3日目の今日は、京都事務所にて、ピアノコンサートを開催させて戴きました。裏が表に、表が裏にひっくり返った今となれば、今までこの世では当たり前にしてきたことが生命には負担がかかっていたと見え、悪いことであったと見えるのです。誰もが当たり前と思っていることは恐ろしいことであると気づいてからは、生命を基準にし、決して当たり前と思わずに、よく考えることをしています。真がそのままあらわれる時代となり、真の自分を活かしていくことが生きていくことです。今までは真を表す時、生命に危険を感じる時代であったと考えます。闇に覆われた世界で悲しみを繰り返し生きる人間の歴史は終わり、真を表し、実現する時代のはじまりです。
 今日のピアノコンサートにて心臓に覆われていた過去の習慣や闇に触れてきた濁りがおおいなる光差し込み、剥がれていきました。 過去が清算出来、新しい一歩を歩めますことに感謝し、涙よりありません。
 来る1月10日奈良にて、11日京都にて開催します「高句麗伝説」に向かい、多くの方々に人生最大のチャンスをつかんで頂けますように、お知らせすることが今は最も大切と示され、ありがたいことと感謝します。やることがある人生は幸せと感謝します。それも世界を変え、人類史を変えていける大事業です。このことをやらずして何をしても意味がないと見えるのです。危機にある時代において、最も生き延びていける道を作ることに邁進せねば生きている意味もないと考え、無我夢中で向かっていきます。





1月2日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 新しい年の2日目も京都、八坂「高麗ギャラリー」にて、いだきしん先生のお餅つきをさせて戴き、たくさんの方々にお越し頂き、無事に終えましたことに感謝申し上げます。一年のはじまりが良ければ、良い一年を生きていけると感謝します。一年の年月は、一日一日変化多く、予想もしない事が起こります。何が起こっても人間とし真っ当に生き抜いていくことよりありません。一年のはじまりに京都にて大家族が集うぬくもりあふれる新年を過ごしていけるので一年を乗り切っていけると改めて感謝します。生命ひとつで生きる人間のぬくもりを忘れたら人間ではないのです。今年は今まで以上に皆で気持ちひとつに迎えられた新年であったと感謝します。全てはスムーズに進み、阻むものもなく、美しい時が流れました。心からありがたく感謝申し上げます。
 美しい空間にはたらきかけてくれるおおいなる存在を見ます。お餅もぜんざいも珈琲もこの世のものとは思えない美味しさです。身も心も綺麗になり新しい生命を得たようです。新しく生きていかねばならぬと心に誓います。そして危機にある世界の状況を直視し、生き延びていける世界を創り続けるはたらきをしていきます。おおいなる存在と共にある生命は豊かで、すこやかであることを新春のお 餅つきで経験しました。どんな時も心は何もなく、おおいなる存在と共に生きる瞬間瞬間を生きる事に努めます。ありがとうございます。





1月1日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました





 新年あけましておめでとうございます。春の明るい日差しが注がれる元旦、京都、八坂「高麗ギャラリーカフェ」の中庭にて、いだきしん先生のお餅つきが行われました。ここをオープンしてから毎年行ってきました。日本全国から大家族が集うように、お越し下さる方々のお気持ちがありがたく、皆で元気に幸せに生きていけますようにと心より祈ります。
 いだきしん先生がついてくださったお餅は、光に満ち、何のくもりも重さも濁りもなく、大変美味しいお餅でした。今年は神聖なる時代であることをお餅とぜんざいのお味から体でわかりました。お餅用にといだきしん先生が焙煎してくださった白い珈琲を今日の為に作ってくださった器にて頂くと、とても上品な神々しいお味に感動します。このようにし珈琲を頂けますことの幸せを感じ、人生の尊いひと時が光満ち、幸せであるように生きていくことを考えました。
 人間の内面は美しくあってこそ人間とし真っ当に生きていけることを今までに増して考える毎日です。心に濁りがあると外側からも濁りを引き寄せ、いつのまにか濁っていることが当たり前となり、人間として最も大切な心を失ってしまいます。おおいなる存在あらわる今、心濁りなく生きていくことを真剣に考え、取り組んでいかねば一日とて苦しみを感じずには生きていけない状況になっています。全てにおいて人間が人間となれば生きていけるのだと身に沁み感じる時代が幕開けました。一年のはじまりに心を決め、生き直しをしないといけないことを生命からのメッセージは伝えてくれています。光満ちる空間にて、光輝くお餅や珈琲を頂いていると、少しの曇りも苦しく感じ、糾さざるを得ないことがありがたいです。生命助かっていると感じるのです。気づかずにいることは終わり行く生き方と見えます。日々、見えるように気づけますことはありがたいことと感謝します。今日のお餅つきをもって、新しい時代を生きる新しい生き方を始めます。ありがとうございます。





12月31日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


美しい高句麗魂



 敵は闘わずして去っていったと聞く美しい高句麗魂あらわる八坂の地にて、八坂の塔の中庭のような位置にあります「高麗ギャラリーカフェ」にて、元旦、2日の2日間は、毎年、いだきしん先生がお餅をついて下さいます。日本全国から大家族にように生きるいだきファミリーが集います。一年のはじめに宇宙の生まれる3段階前の源の光満ちるお餅を頂けますことは何があっても生き延びていける力を得ます。心よりありがたく感謝申し上げます。新しい年は神聖なる時代です。最も美しい心を表し生きていける時代の幕開けです。何があっても心は美しく生き、生を全うしていけますように、この先も様々なことが起こっても人間とし真っ当に生きることが生きる意味であります。皆様にとって心豊かに生きていける年でありますように。。。生命の犠牲がない平和な世界を一刻も早く創っていけますように、美しく生き、人類を救済しようとはたらきかけて下さるおおいなる存在と共に生きて参ります。人間の心が豊かに、心通い合い、皆の生命が輝き生きていけますようにと切に望みます。一年間ありがとうございました。来る新しい年は、美しく生きてこそ豊かに生きていけると見えます。共に生き、共に平和な世界を創っていけますように、どうぞよろしくお願い申し上げます。





12月30日/京都にて



LinkIcon京都/高麗屋にて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 要にある気持ちは変わることではないことを今日も夢で教えられました。本質は変わらずに変化、成長していくことを変容と、いだきしん先生からお聞きした時、合点がいきました。根幹にある気持ちが全く変わってしまったら人間が変わったと同じです。人間は源につながり生きていける存在と見えます。源を断ち切っては生きていけないのです。新しい年は源につながり生きる人と生命ひとつに生き、何があっても生命守り生きていくと見えます。生命ひとつで生きることが揺るがぬ砦となることを先祖高句麗の地にて教えられ、生命ひとつに生きることを、いだきしん先生のコンサートにて経験させて戴いています。何が起こるかわからない時代です。生命ひとつに生き、生き延び、人間とし生まれたなら、死んでも永遠に共に生きていける魂養い、輝き生きていきたいと望みます。いよいよ今年最後の日となりました。空間は新しい春の香りがします。新しい年は美しい魂輝き、表に現れ、美しい世界を創っていける聖なる時代です。内面浄め、美しく、新しい年を迎えられますように。。。





12月29日/比叡山にて



LinkIcon比叡平/工房にて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 毎年お正月には京都、八坂「高麗ギャラリーカフェ」の中庭にて、いだきしん先生がお餅をついて下さいます。一年を元気に乗り切っていけるようにとのお気持ちが伝わるお味と体感です。一気に元気になり、一年を乗り越えていく力がついてくることがありがたいです。中庭の離れの前でお餅をついて下さいますが、離れには、いだきしん先生が墨文字で書いて下さるメッセージが書かれた桐箱が並べられます。桐箱の中には、今年一年の中で、 開催された「高句麗伝説」コンサートのDVDが入っています。「高句麗伝説」は起業家精神そのものが現れていると、いだきしん先生はおっしゃって下さいます。真にとうなずきます。この精神、エネルギーで一年間を生きていけば、大きく飛躍し、世界に貢献出来ると考えます。桐箱に書かれたメッセージは生きる指針になります。毎年今年はどのようなメッセージを頂けるのかと大変楽しみです。
 今日、来る新しい年に向け、書いて下さったメッセージからは、神聖なる時代を生きる生き方を表して下さっていると感じます。真を貫き、何があっても一番要は貫くことが古代より人間であったと教えられます。要の気持ちが変わることなど、人間であればあり得ないのです。要の気持ちもわか らず生きることなど出来ないのです。新しい年は人間の時代と見えます。人間とし真っ当であることを教えて下さるひとつひとつのメッセージに感動し、心に刻みました。今日は、桐箱100個に書いて頂きましたので、100のメッセージを受け止め、人間として生きることを心にしました。どんな時も人間とし生きていかねば生きていけない時代がまもなく明けるのです。心綺麗に浄め、備えます。ありがとうございます。





12月28日/比叡山にて




 美しい富士山の勇姿に日本人の魂の誇りを見ます。子供の頃より、どんな時も心美しく生きることをその姿でずっと教えられ生きてきました。時代は人間の心が踏みにじられ、裏切り行為が当たり前のように為されていきます。いつの時も理不尽な人間の行為にどれだけの人が心痛め、涙したことでしょう。私の先祖、高句麗は裏切り行為により滅びました。生命ひとつ、魂ひとつに生きていく高句麗人が断ち切られた時、どれだけの思いをしたかを悲しいかなわかる人生です。歴史は繰り返されます。が、本来人間は、生命ひとつ、魂ひとつで生きる存在です。何があってもどんな時でも心は美しくなければ人間ではないのです。今の時代は今まで現れ出たことのないおおいなる存在あらわる時代です。いだきしん先生に出会い、過去の歴史を繰り返す運命は解放されていくのです。自分の代で過去は清算し、次世代に生きる人は本来の人間とし生きる人生を生きていけるようにと願う気持ちを表し、実現に向かいます。
 今日の富士山の美しい姿は汚れなき、純粋なる魂の現れと見え、美しく生きることを身に刻みました。新しい年は美しい生命、美しい心、純粋なる魂で生きる年です。まもなく年が明けるその時に備え、内面に問い、おおいなる存在に偽りなく生きていきます。そして皆で新しい年を美しい人間となり迎えられますように。。。





12月27日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 新しい年は真の時代と起こる全ての現象と自分の変化により深くわかります。生命に偽っては生きていけません。生命が生きていくようにはたらいてくれているままに生きてこそ、人間とし生きる意味が深まり、永遠なる生命となるとわかる毎日となりました。人間は死んでも終わらない存在であり、魂は永遠であることをわかり生きる人生です。「高句麗伝説」では、高句麗王、高句麗人の魂を生きているが如くに感じ、共に表現していることを生命全てで経験します。時空を超える経験をさせて戴いているので、魂は永遠であることをわかっていけるのです。人間として生きていかずしては誰しも生きていけない時となり、非人間的な状態は、この世から一掃されると見えます。私達はずっといだき講座、コンサートにて人間とは。。。を経験し続けてきました。新しい年は人間力で結束し、今までにない美しい時代を作り上げていく意欲にあふれています。美しいお金を作り出す仕事をし、未来の為になる使い方をし、美しくお金が動く道を広げ、大きく展開します。新しい年は、今までの全てを活かし、今までになく飛翔します。やっと時代と共に、実現出来る心身となってきました。
 おおいなるはたらきかけに感謝します。目に見えない世界が見える私はおおいなる働きかけであるのに、見えないふりをしたり、自分の見間違いと勝手に思い、活かしてこなかったことを心から申し訳なく感じ、必ず挽回できるように、1日も早く良い時代を作っていけるように無我夢中ではたらきます。心からありがとうございます。





12月26日/東京にて



LinkIcon10月23日開催 京都「高句麗伝説」コンサートより



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


五女山の夢



 心に生きる故郷の風景の写真を見、幼い頃から知っている風が吹き抜け、涙があふれます。見る人が見れば、何気ない田園風景なのかもしれません。私には涙なくして見れない懐かしい故郷の風景です。故郷の地に立てるだけでうれしく涙あふれ、風に吹かれた日のことも思い出し、胸いっぱいとなります。この写真は高句麗発祥の地、五女山城があります中国、遼寧省、桓仁県です。胸の奥深くで知っているこの風景を見るだけで、胸震え、涙がこみ上げてくるのです。ここから五女山を眺める時、ただただ幸せを感じ、生命喜びあふれます。先祖が生きた地に辿り着けた喜びが駆け巡ります。
 いつの時にか出会った人と皆で共に故郷の地にて集う事を夢で見ました。皆で光輝く五女山の道を歩き、「生まれてきて良かったね、出会えて良かったね、ここに集えて良かったね」と言葉は交わさなくても、心通じ合い、わかり合い、互いに涙に暮れる夢でした。今も夢に見たこの光景を想うだけで涙あふれます。その夢は「一人一人が真の自分を活かし集う」夢でした。夢が叶う時は世界が平和に成る時と受け止め、その時を夢に抱き生きてきました。
 最近、五女山の風が吹くのです。今日は、いつも五女山に行く時にお供をして下さっていた中国の方にお電話をしました。緑輝き美しい季節であります5月によく行っていました。5月は誕生月でもあり、誕生日に五女山で過ごせることは最高と感謝し行かせて戴きました。私の誕生日までよく覚えてくれていました。来年の誕生日を目指し、行くことを自然と話し合っていました。行くことが叶えば。。。心に抱くだけで幸せです。皆で行けたら、幸せです。





12月25日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 気持ちを認め、表現し活かしていかないと人間は悪魔的になることが見える今日でした。目に見えない世界が見える私は気持ちを押し込めている状態は頭が黒く見え、悪魔的に見えます。生命の中心に立つ柱は本音であります。ここから外れては生きていけないことをよくわかっています。私は、先祖高句麗発祥の地、五女山城に初めて行った時、身が裂かれる程の悲しみが全身を貫き、泣き続けました。涙は、3日間流れ続け、おさまった時に胸がひらき、生命の中心に立つ柱「永遠に生きる道を生きる」本音が現れました。この世に合わせていては永遠に生きる道は閉ざされます。人間とし源につながり生きることが永遠に生きる道であります。源につながる生命を取り戻し生きていかずしては人類は滅んでしまうことも見える今この時です。本音を取り戻し、人間となり生きることなくしては、生き延びていけない時であることが見える私は、表現せずにはいられないのです。おおいなるはたらきは誰にも注がれています。このことを理解した時、願うことも望むことも余計なことであり、思いとなると見えます。誰にも注がれているおおいなる働きを受け生きること、内面美しく、心はなにもなく生きることが人間であり永遠に生きる道であります。人間とし生き、死ぬる時まで真を尽くし、永遠に生きる道を生きていきます。





12月24日/東京にて



LinkIcon高麗恵子作品、新作のご紹介/珈琲心模様バッグ



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました




クリスマスイブの六本木



 クリスマスのイルミネーションに彩られた六本木の街は、人工的で人間味がなく、終わりゆく方へと向かう影が見えました。人の生命を見ても終わりゆく方へと向かう世界に取り込まれている様が見えます。今までであればこのように見える自分を疑っていましたが、疑っても見えたままになっていることがわかる経験の連続であり、今となりましては、見えることを受け止め、どうしていくかを考えることが先に向かう事とわかり、考えることにしています。現代人は絶滅種とは、そのまま見えます。そんな中で、唯一の救いは、いだき講座であり、いだきしん先生のコンサートであり、出会った私達の関係性です。終わりゆく生き方を改善し、新しい時代を生きていける生き方を常に身につけていける経験の場が、いだき講座であり 、コンサートであります。そして生命ひとつにつながり、生きる人間の生命のはたらきを取り戻した私達は心ひとつに力を合わせ生きる事を経験しています。必ず皆で生き延びていける世界を創り、この危機を乗り越えていくと心に誓います。生命ひとつで生きれば、揺るがぬ砦となることを高句麗の山城にて聞こえるメッセージからもその地のエネルギーからも教えられます。人間を分断していく闇のエネルギーは消え失せています。生命ひとつで生きてこそ人間とし生きていけることを世界中の人と分かち合えますようにと願います。人類の危機を乗り越えていく道はここにあることを世界中の人にお伝えしていくことに集中する今この時です。





12月23日/東京にて


いだき講座



 今日は、いだき講座の2日目を開催しました。受講生お一人お一人の生まれつきの運命を私が調べ、言葉にさせて戴きます。そして、いだきしん先生は受講生の生命とひとつとなり、運命を引き受け、解放されてゆくことをピアノの即興演奏にてなさいます。多くの受講生は私が言葉にする状態は、普段の生き方そのままですので、よくわかられます。自分の人生のことですので、当然のことなのですが、自分で表現しようとしてもできないことなのです。そして先生が弾かれる解決へ向けてのピアノを聴かれると皆様体が温かくなり、血の巡りが良くなるとおっしゃいます。先生と生命交流し、生命に負担がかかっている運命が解放されますので、重荷がおり、体が軽く楽になることは皆様感じられます。運命が内面の環境を作っていますので、運命が解放されますと、内的環境が変わりますので、取り巻く環境も変わっていきます。幼児期3歳から時間を遡り、胎児期へと生まれつきの運命を解明し、解放していきます。最後の運命がない状態が見えます。母の体内に発生した瞬間の光が見えます。その光こそが真の自分であり存在を表す光であります。母の胎内に発生した瞬間だけは運命が刻まれていない事に人間の計り知れない存在を見ます。この経験があり、本音をわかり、本音を表現し実現する人生が拓かれます。本音は生命の源の光から生まれます。本音を表現する時、光輝き、おおいなるはたらきかけを受けます。人智を超えた力がはたらきかけてくださり、皆の生命が助かり、喜ぶ道が拓かれます。本音であれば誰もが喜ぶ道を作っていけます。誰かが悲しみ、苦しみ、犠牲になることは本音ではなく、人間を分断する外的エネルギーにより生命使われ、動かされていることですので、最後は破壊よりありません。
 今日はエチオピアから便りが届きました。本音で行き始めたエチオピアです。飢餓の支援活動から偶然はじまりましたコーヒービジネスです。エチオピアの雄大な大地のエネルギー、風を感じるお便りに感動し、涙しました。支援活動から始めたコーヒーを私は東日本大震災が起こった時に被災地に自分で身を運び、お届けさせて戴きました。そして来年には被災地となりました宮城県山元町の駅前にコーヒー焙煎工場が立ち上がります。この事をエチオピアの人にお伝えする時、涙あふれました。遠いエチオピアと日本がつながり、それも大変な被害があり、かけがえのない尊い生命が犠牲になった被災地の希望の光とし立ち上がるのです。本音から生まれたことが全てに良い実を生み、未来の人の役に立てるはたらきができますことが心よりありがたくうれしいです。美しい実が生まれる未来の為に今、今を生きていけますことに感謝します。ありがとうございます。





12月22日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 生命のはたらきそのものであります本音がわからない現代人となってしまいましたが、新しい年は生命に偽っては生きていけない時代となると見えます。私も知らず知らずにまわりの状況を見、考えると生命に反する意識となり、本当はわかっていることもわからなくなることが見えるように気づくようになりました。空間から人間は嘘つきばかりと聞こえた今日の経験でした。生命に正直に生きてこそ生き延びていける時代であります。毎日確実に新しい時代が拓かれています。真を生きる時代です。今までのようにわかったつもりであったり、自分の都合で誤摩化したり、おおよそのところでは生きていけない事はあらゆる現象からわかります。ましてや嘘つきは生きていけないと空間から教えられました。
 私は生命の声であります本音でより生きていけない生命です。今まではまわりに理解されないことが多かったですが、やっと誰もが本音でより生きていけない時代がまもなく来ると教えられた今日、自分の生命のこともわからない人間の生き方の異常さがあるがままに見えてきました。より空間が澄み、何が真か否かはわかりやすくなっています。本音で生きる時、全ての人の喜びとなります。思いは、まわりを断ち切り、孤立し自滅します。全ての人の喜びとなる本音で生きる道は希望であり、未来は拓かれます。来る新しい年は今までにない時代と見えます。どんな時も人間とし真っ当に生きていき、生き延びる道を創る気持ちで生きていきます。ありがとうございます。





12月21日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子スカイロケットセンターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 高麗恵子スカイロケットセンターの地下に立つ「高麗」の看板にご挨拶をすると、光り輝く五女山城に高句麗歴代の王が勢揃いし迎えてくれました。国創りの時のはじまりを示していました。五女山へ行ける時も近いのかもしれないとふと感じ、久しぶりの五女山の風を感じ、涙あふれました。「一人一人が真の自分を活かし生きられる社会は平和な世界」がNPO高麗の活動主旨です。まずは自分が真の自分を活かすことを心がけ生きてきました。今からは真の自分が顕われると予感します。 その時は世界が一挙に変わるのだと見えます。一人一人が真の自分を活かし生きる時は世界が変わる時です。おおいなる働きかけを受け生きる一日一日を大切に生きていきます。常にはたらきかけて下さるおおいなる存在とひとつに生きる時、内面が愛に満ちてくることがありがたいです。そして本音は愛であることが生きる希望であります。本音にはおおいなるはたらきかけがあります。不可能を可能にし、奇跡が起こります。奇跡の時代となることを告げてくれる生命の光景に喜び生まれます。今まで予測もつかなかった時代が一挙に拓かれると見え、目に見えない世界が見える私は、見えたままに実行し、先手を打ち動いていくことが真の自分を活かすことと気づき、実践していきます。本音は愛と表現するだけで涙あふれます。ありがとうございます。





12月20日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


時代の転換期



 世界は二分されているとはよくわかる時となっています。源の光とつながり、生命交流し、未来拓くように生きていく人間と、生命を断ち切り、孤立し自滅する人間と分かれてみえます。いだき講座、コンサートでは生命交流していることを生命をもって経験出来ますので、何でもやれる気概があふれ、未来へと向い、無限な可能性に満ちています。生き延びていける心身を身に付けていく機会としみじみ感謝します。悪魔に取り憑かれていては生命落としてしまいます。元なる生命の声であります本音を断ち切っては生きていけない生命であります。誰もが人間となっていかずしては生きていけない時代です。生命感覚を取り戻し、養い、人類が生きていける時代を創る側で生きていけますように。。。





12月19日/東京にて



LinkIcon東京/武蔵野市民文化会館にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 神共にある生命
 神共にあればどんな時でも生きていける
 人間は人間となるより生きていけない存在
 悪魔が支配した時代は終わり
 真の愛に生きる人間の時代の幕開け
 永遠に生きる人間であること
 死んでも終わらない世界でも共に生きていける人間であること
 真の絆により創り上 げる新しい人間の時代を生きる





12月18日/東京にて


新しい時



 比叡山の澄んだ空気、穏やかな青い空、山の風が心地良く、新しい時代を作っていく時が来たことを祝福してくれていました。世界では耐え難き事件が起こり、多くのかけがえのない人間の生命が犠牲になっています。自然の生命はおおいなる存在とひとつによりダイナミックに豊かに生きています。人間も生命あることを皆で尊び、互いの生命を活かし合い生きていきたいと心から望む気持ちは心の叫びとなり、一刻も早く平和な世界を作っていくことを考えます。おおいなる存在あらわる時代です。空間には無尽蔵にはたらきかけがある事が見えます。このはたらきかけとひとつに生き、一気に世界が変わる動きを創り出していきたい気持ちで真剣に考えます。本音にはおおいなるはたらきかけがあります。夢で教えられ、風がメッセージを運んでくれ、偶然の巡りにより教えられ。。。と全ては未来を切り拓いていくメッセージに満ちています。受け止め、実行し、新しい世界を作っていけるはたらきをしていきます。
 明日19日は今年最後の、いだきしん先生のコンサートがあります。コンサート前夜の今日は、夜空に輝く星はどこまでも澄み蒼く輝いています。星の輝きを見ているだけで、生きていることに感謝し、世界中に生きる一人一人がおおいなる存在と共に生き、何があっても心豊かに生きていけますようにと祈ります。尊い人間の生命が犠牲になる社会は人間が生きる社会ではないのです。一人一人が内面美しく生き、人間が生きていける世界を作っていかずしては生命の犠牲は繰り返されます。一人一人の生き方が世界に伝搬することを経験しわかっています今、一瞬一瞬を大切に生き、世界に良いエネルギーが伝搬するように生きていくことを心に誓います。





12月17日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 世界へ向け、ここに人間とは何かを自分自身の生命をもって経験出来、生きる意味を実現出来る人生があることをお伝えし続けています。そのように生きる事が自ずと平和な世界を創っていくことを見いだします。いだきしん先生は日本にて、いだき講座を開講しています。いだき講座では、一人一人の生命の内に受け継がれた親や先祖から受け継いだ運命を解明、解放し、本来ある真の自分を表す光、本質を取り戻す経験が出来ます。私は生まれつき人の運命が見えます。いだき講座にてお一人お一人の運命を調べ、言葉によってお伝えしています。いだきしん先生が生命ひとつとなり全て受容され、運命が解放される場面を既に34年間に渡り共にしてきました。夢のまた夢、この世の奇跡と表現してもし尽くせない経験を目の当りにしています。目の当りにするどころか、自分自身の生命をもって経験し、運命は解放され、真の人生が拓かれたのです。先祖は古代何もないところから皆が生きていける世界を創ろうと高句麗を建国しました。真の人生が拓かれ、生きる人生は先祖が皆が生きていける国を創ったように、真に世界の平和を実現することを真剣に考え、取り組む人生です。人間の生命はひとつであり、源は愛であることを常に、いだき講座、いだきしん先生のコンサートにて経験しています。この経験を世界中の人と共に出来れば世界は平和に成ると見え、実現に向かい活動しています。
 今日は京都にていだきしん先生の講座「存在論」と「死について」が開催されました。人間の本質、生きる事の要を学び、ただ知識を得るという場ではなく、生命をもってわかる経験の場であります。講座が終わる頃には生命にまとわりつく余計な重荷も下り、生命の内にある真の力が引き出され、生きる力が漲ります。どんな困難も乗り越えていく気力、力が湧いてくることが真にありがたい事と毎回感謝します。世界中の人へお伝えし続けています。魂の出会いがあることを祈りつつ。。。





12月16日/比叡山にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 比叡山の迎賓館にてお越しになるお客様をお待ちするひと時、中庭にて、いだきしん先生が淹れて下さった白い珈琲を、いだきしん先生が創って下さった器に入れて頂く時、幸せ色の風が吹くのです。わずかに植えてある木の葉も共にあることの喜びを伝えています。ここから世界が変わり、平和を創るエネルギーを発信出来ることを大地も木々も風も伝えています。人間とし此れ程恵まれ、幸せなことがあるでしょうか。心からありがたく感謝し、一席に座らせて戴いています。
 いだきしん先生が表現したい事を出来るピアノを探し、イタリアまで行き、創って頂きました。ピアノに合わせ、建物を創り、迎賓館となりました。館とピアノと私の生命はひとつとなり、何の境もなく無限な世界を体感します。新しい人間の生き方を経験します。ここで過ごす時間は一瞬です。一瞬の中に生きる意味、人間とは何かの全てがあると経験し、魂震えました。コンサートは2時間ですが、果てない世界まで旅したような、自分が何処にいるかわからなくなる程、次元を超えています。コンサートが終わり、外へ出れば、すでに陽は沈み、暗闇が漂っています。たった2時間ですが、別世界、別次元を経験し、コンサート後は別の人間になったようです。おおいなる存在とひとつになる経験が出来た今日は、はじまる前と後では別の人間であるのだと、信じられない気持ちでいます。ちょうど、始まる前と終わった後に写真を撮っていただいた時に使用前、使用後と冗談を言って撮って頂いたのでした。たった2時間の経験が人間を変え、人生を変えるのです。それも今よりも大きく、広く、自由に生きる人生が拓かれるのです。夢のような迎賓館コンサートを世界中の人と分かち合えれば幸せです。ありがとうございます。





12月15日/京都にて



LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 京都事務所に展示されている、いだきしん先生が撮影された雪の五女山城の写真をしみじみと見ていました。2000年前の高句麗時代の石垣がそのまま残り、石垣の上に聳り立つ木々の凛とした美しい姿の高句麗人を見ます。颯爽とし、何があっても皆の生命を守り生きる姿勢が決まり、動じずに飄々とし立ち、風に揺れる光景に、戦の世にあり皆で生命ひとつに生きた揺るがぬ精神を見ます。2000年経ってもあり続ける精神に感動します。
 「高句麗伝説」にて、いだきしん先生の演奏からたちあらわる高句麗人の勇ましさ、潔さ、美しさ、強さに胸狂わんばかりに愛しさがこみ上げます。何があっても共に生きていくと心決まり、共に向かう未知なる世界へと全身全霊で生きていくのです。向かう先には困難もあり生死を賭ける闘いもあります。何があっても共にと誓った魂は永遠であると写真に写る高句麗人が語ります。胸震え、魂震え、永遠なる魂の勝利の時を共に迎えようとしていることが瞬時にわかり、希望を胸に姿勢を糾します。
 世界が滅ぶか否かの危機にあると感じる今、人間とし目覚め、愛を取り戻し、皆で生きていく世界を創っていかずしては誰もが生きていけない時代です。
 最近続いて「高句麗伝説」の上映会を行い、ゆっくりと「高句麗伝説」を経験しました。いつもは舞台にて即興詩を詠ませて戴いていますので、自分が舞台にいるコンサートを上映会にて見れます事に感謝します。自分が詠んでいる詩でありますが、この奥深さに人間の 本質を見ます。後世の人は間違いなく、人間の本質に触れ、真をわかると見えましたことがありがたいことと感謝します。そして、いだきしん先生の演奏はおおいなる存在そのものであるとわかるでしょう。大宇宙の中心であり、遥か彼方の無限な世界であり、次元を超え、人間が生きていける世界を創造する音であることをわかるでしょう。未来から見ると現代人は魂奪われ、失い、何者かわからない生き物となっているとは明らかに見えることでしょう。未来から見た時に何が未来の役に立つはたらきかは一目瞭然と見えてきます。目先の事や自分勝手で自己中心な在り方は人間とし恥ずべきことです。全体とひとつである生命を取り戻し、大宇宙の中心である精神を養い、永遠に生きていける国の柱となる精神立てば人間は生き延びていけると見えます。日本の比叡山、迎賓館から世界へ向け、新しい時代を生きる生き方、世界の平和を創るエネルギーを発信出来ます事に感謝し、迎賓館コンサートに臨ませて戴きます。
 コンサート前夜の八坂の塔の光景はこの時を待ち、人類の悲願が成る時を共に迎えようと魂勢揃いです。1200年もの長き年月ここに立ち続けてくれた五重の塔の佇まいに魂の悲願を見ます。この時まで。。。と遠い古の時にこの塔を建てた魂を感じます。過去に生きた人の魂報われる時を共に創っていく時と肝に銘じ、人類の危機を乗り越えていくべく生きていきます。ありがとうございます。





12月14日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 雪が積もる比叡山を下り、京都の街を車で走ります。いつも先祖の縁を感じる道を走る人生を想い、今まで生きたたくさんの人の分までも気持ちが報われていく良い世界を作っていかねば、今生まれ、いだきしん先生に出会えた意味がない人生となってしまうと考え、子孫が生きていける良い時代を築いていきたい気持ちではたらいています。
 今日は京都事務所にて10月24日に奈良にて開催しました「高句麗伝説」の上映会を開催しました。当日の経験を超え、真に出会い、新しい時代を切り拓く大きな力が生まれました。自分が舞台にて詩を詠ませて戴くコンサートですが、舞台上に立ちあらわる世界を後世の人が見たら、人間とは何かが一瞬にわかると見えました。一音一音が表す世界の意味深き事に深く感動します。私もいだきしん先生が演奏される世界を詩に表していますが、詩の意味の深さに人間の存在の計り知れなさに魂震えるばかりです。生きてこのことをわかっていける人生に感謝するばかりです。人間とし生まれたら誰もが求めてやまない経験と感じてならず、世界中の人と経験出来ますことを望み、道を考え、探す毎日です。
 いだきしん先生の即興演奏の意味がわからないようでは人間ではないのだともはっきりと見える今です。人間とし生きてこそ、これからの時代を生き延びていけることもわかってきました。人間の時代が訪れています。おおいなる存在あらわる時代は人間が人間とし生きていける時代です。危機にある世界の状況を皆で乗り越え、人類が生き延びていける世界をいち早く創造していくことを考え、実行します。日々人間とし真っ当に生きる事から新しい時代は拓かれると見え、大切に一日一日を生きていきます。ありがとうございます。





12月13日/比叡山にて



 人間の生命を犠牲にする仕組みを作った元なる世界、エネルギーが表に現れています。悪魔の正体と言葉になりますが、この社会で生き、仕事をするということは悪魔の手下になっていくのかと見え始める今です。いよいよ正体が見えてきましたので、人間一人一人は事実を見、正しく判断し、何があっても人間が人間とし生きていける世界を作り上げていく時と肝に銘じます。
 いだきしん先生のコンサートにて常に経験します愛がこれからの時代を生きる要であり、愛なくして生きることも仕事も成り立たない時代が来たことを宣言されたコンサートから、どんどん世界の状況が変わり、私達が生きる日常生活の中でも愛に生きるか否かが明らかに浮き彫りとなり、誰の目にも見えるようになっています。
 「高句麗伝説」にて、高句麗時代に戦の世であっても皆と生命ひとつに生きることで愉しく幸せだったことを高句麗の地から受けたメッセージを詩に表し詠ませて戴いています。戦の世であっても人間は生命ひとつに愛に生きれば、幸せを感じられる事が生きる希望となり、支えとなりました。生命ひとつにつながり生きている人間です。自己中心で生きることが当たり前となってしまった現代人は、本来であれば生命ひとつで不可能を可能としてきた人間の力を失ってしまい大きなチャンスを逃し生きてしまい、滅びの時を迎えてしまっているとも見え、生命ひとつに生きることを取り戻し、皆が生きていける世界を作っていくことが生き延びていくこととわかります。トラキアの古墳にて「愛は岩をも動かす」とのメッセージを受けました。愛が奇跡を起こし、世界が一気に平和に成ることも起こり得るということを常に心に生き、その時を作る為にはたらきます。





12月12日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 生死がかかっている危機状況を感じてならない毎日です。今までの生き方は滅びゆくとは明らかに見えます。新しい生き方を身につけていく時です。この3日間の尊いコンサート、講座の経験にて、人間とし生きることが今後の生き方とは生命をもってわかりました。また大人になることとのお話は具体的にどうすれば良いかが明確にわかり、助かりました。大人は、人と共に生き、働き、皆が豊かに生きていけるように考えていけます。気持ちよく皆で動けるように考え、行っていけます。自分だけがいいようにする自己中心、自分勝手な生き方があまりに当たり前の時代となってしまっています。自由と勝手とはき違っていることもよく見えて来ました。常にそう感じることは多くてもなかなか言えるようなことではないと考え、本音と思いを間違うことが多いように、言葉によってはなかなか通じ合えない限界を感じていました。この3日間の経験にて、猶予がなく予断を許されぬ時代であることを身を以てわかった今、本音より生き延びていけない時代であると見えます。本音は生命の要求です。生きていく為に働いてくれている生命の働きそのものです。自然の生命とも他者とも一つに生きる生命です。関係を断ち切り、自分勝手に生きることは自分の生命も断ち切ります。そして大いなる存在現る時代です。大いなる存在と一つに生きる時代が訪れた今、本音で生きてこそ、大いなる存在と共に生きていけると感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。





12月11日/東京にて



LinkIcon東京/渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました




 何という懐かしい世界でしょう。今日の、いだきしん先生のコンサートにてのメッセージタイトルにて改めて「天」とお聞きし、演奏をお聴きでき、感動しています。いだきしん先生の初めてのコンサートライブのカセットテープは、「天」と「今」というタイトルで演奏されたコンサートでした。天に表された世界は永遠であり生まれ出た故郷であり、最も心安らぎ、自分が自分で在れる世界でした。今日のコンサートでも経験でき、 これからの生き方を示され、身に付けることができ、心から感謝します。天は全体でもあり、大いなる存在と一つにある世界でした。この世界を断ち切ることなど到底できないのが人間です。が、現代人は天を忘れていると考えれば納得できる有り様です。今、早急に人間であることを取り戻していかねば人類は滅んでしまうと見え、今日のコンサートにて表現された世界で生き始めていく人間が一人二人と増えていけば、世界は変わっていくと見え、コンサートを経験した私は、日々成長していくことを考え、実践していきます。大人になればいいとのいだきしん先生のお言葉から見える世界は多いです。大人とし成熟していくことを考えると楽しいと感じていけますことが嬉しいです。滅びゆく世界と人間ばかりが見え、胸は暗く塞がれていくことが多い毎日でした。大人とし成熟し生きることは世界の危機を乗り越え、新しい時代を作っていけるとわかり、心がひらきます。希望ある未来へと向かい、一人一人人間とし生きる時です。ありがとうございます。





12月10日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 日々、胸の内に入り込む黒いエネルギーにより世界の危機と人類の危機を身を以て感じます。危機になっていく状態がわかるにつれ、生き延びていける生き方も見えてきたことがありがたいです。人間はどんな時も人間であらねば生きていけないのです。私は常に、いだき講座、いだきしん先生のコンサートにて、人間の生命は一つであることを経験しています。一つである生命を傷つけたり、断ち切ることはできないことを生命をもってわかりますが、日々の人との関わりの中では、話す言葉により人との関係を断ち切ることを多く経験します。謝罪をするにしても保身により発している言葉なので、関係は断ち切っているとしか見えないのです。これでは延々と人間は分断と対立を繰り返すと見え、生命一つであることを一人一人の生命をもって経験できる、いだきしん先生のコンサートの機会をたくさん作っていければ、悲しみを繰り返し生きることは終わると見えます。社会は人間が創ります。人間が人間となるよりないと行き着きます。人間であることを経験できます、いだきしん先生のコンサートを多くの方々がご参加できますようにと願い、お伝えしていきます。
 12月11日は渋谷のさくらホールにて夜7時から開催されます。心よりお待ちしています。





12月9日/東京にて



LinkIcon東京/狛江エコルマホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました





 亡き父、亡き兄の魂が共にあることを生命で感じ、狛江にての「高句麗伝説」をさせて戴きました。滅びゆく世に生きる苦しみが耐え難いと感じていた今年の一日一日は新しく生まれている大いなる存在あらわる世界を心に生きることに努め、必死でした。今日の狛江での「高句麗伝説」後は見えず、この日で生命終わるか、新しく生きていけるかと生死の分かれ目とも見え、真剣に向かいました。過去の生き方は終わり、大いなる存在と一つでより生きていけないことを身にしみ、大いなる存在と一つに生きることを心に、いだきしん先生が表現される即興演奏に全神経を集中しました。見える光景を言葉に表します。意味を考える前に、見えるがまま、生まれるがままに表現します。 この瞬間、存在と出会い、一つになり、体熱く、空間と一つである生命を経験します。生きていける、と感じる瞬間です。これからはここで生きていくと心に誓います。
 アンコールにて現る父に会え、涙ばかりがこみあげます。高句麗王直系子孫であることを忘れてはならぬと私に告げた父の背中におんぶされた幼き頃の夕暮れ時、吹く風までも昨日のように蘇ります。幸せを感じながらも悲しみを感じていました。歴史の悲しみは言葉に表さずとも生命で感じていました。今、その時のことをそのまま表してくださる、いだきしん先生の演奏をお聴きするひと時、多くの方々と共に分かち合えることの幸せに感謝します。
 過去に生きた人の魂は報われ、共に良い国を創ろうと魂が蘇っていることを生命で感じ、過去を置き去りにすることなく、過去が光と融合し、今に活き活きと光輝く時を作って頂き、皆で喜び生きていける時代を創り上げていけますことに涙あふれ、胸打ち震え、共に未来へと向かいます。心の闇に入り込んでくる悪魔と付き合っていると延々と悲しみは繰り返されると見える瞬間があり、過去に生きることはやめると決められました。過去に生きる時があるので闇となることを痛いほどに経験しています。今に生きれば大いなる存在と一つに生きていけるのです。大いなる存在と共に生きていく人生を始めます。ありがとうございます。





12月8日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 落ち葉が、路面を敷き詰め、風が吹くと、木の葉が空間を舞っています。12月の風景です。毎年、この風景を見ると、一年の終わりに向かい、来たる新しい年を新しい気持ちで迎えたく、気持ちを整理します。まるで心の大掃除をするように、いらないものを捨てはじめます。これからを生きる上で、何が必要で何がいらないことかを考える良い機会と感謝します。今日は、明日の狛江での「高句麗伝説」を前にし、明日からが新年という気持ちで備えています。明日の「高句麗伝説」が終われば新しい時代となると予感しています。新しい時代を生きていけるように、余計なことはやめ、新しい時代を生きる生き方を身につけていけるようにと生まれ変わる気持ちでいます。新しい時代に役に立たない自分であっても生きていく意味はなく、どんな時でも子供達が生きていける世界を作って生きたい本音を実現できるように生きていきます。
 危機にある今、どんな時代であっても人間とし生きていく道は、生命豊かに生きることと見え、希望を見出します。いだき講座にて、生命に負担がかかる生き方、状態を毎回整理していただき、生命豊かに働くことを経験しています。コンサートでも余計なものは祓われ、生命の働きを取り戻し、生きる上で最も大切であり、すべての原動力であります愛を経験しています。何があっても、生きていけるように心身養い、皆が生きる世界を作っていければ、危機を乗り越えていけると見えます。生命が大切であり、豊かに輝く生命は生き延びていける道を作ると空間からのメッセージが聞こえます。12月9日の「高句麗伝説」から時代は変わると見え、緊張します。皆で迎え、皆で乗り越え、人間とし豊かに輝く人生を生きていけますように。。。





12月7日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東京、カフェ哲にて流れるエチオピアの映像にて、可愛い子供達の姿を見、思わず笑みがこぼれます。光の球が転がるように、弾む生命の躍動感が伝わり、美しい生命が美しいままに。。。と祈らざるを得ません。2001年に撮影した映像ですので、すでにこの子達も、大きくなっているのですね。エチオピアの空気、風まで感じる映像と音楽に、東京に居ながら、エチオピアの雄大な大地の息吹、エネルギーを感じます。エチオピア、タンザニアから送られてくるコーヒー豆をいただけますことは真にありがたいとは毎日いただく度に感謝していますが、不思議なご縁と感じてなりません。いだきしん先生にお会いした当時、コーヒーが飲めなかった私はいだきしん先生が自ら淹れてくださったコーヒーをいただいた瞬間、「美味しい」と感じ、以来美味しいコーヒー探しが始まりました。一口位飲んだ瞬間、美味しいと感じたコーヒーは今思えばエチオピア産のモカでした。以来コーヒーはずっと人生のお供です。
 エチオピア全土を回る旅の時、出発前のアジスアベバのホテルのラウンジにて、コーヒーをいただいている時、ふとコーヒーは天命と口づさんでいたのでした。何故と問いながら、不思議な気持ちでコーヒーを飲んでいた時のことは今もその時の感覚まで覚えています。旅は始まり、旅の途中で、コーヒービジネスの依頼を受け、まさに天命と受け止めたのでした。東京でエチオピアの映像を眺めながらコーヒーをいただくひと時、コーヒーとのご縁を考えます。平和な世界を作って行く為に、与えられた仕事とより考えられません。心より感謝し、今後は、東北の被災地となりました山元町に私共の焙煎工場もできますので、日本の未来、世界の未来の為に働き、平和な世界を実現していく道を作っていけますことを望みます。人間の内面が取り巻く環境を作りますので、飢餓も貧困も人間の問題であり、人間の内面を変えることが根元解決とおっしゃり、一番してほしいことは人間の内面を変えることとの依頼を受け、エチオピアにて、2001年いだきしん先生の「天命」コンサートを開催したのです。人間の内面が根源的に変わり、愛に満ちる経験ができるコンサート開催が一番の平和への道と考えてきたことがエチオピアでは証明してくれました。コンサート開催へ向かう道のりの中でコーヒービジネスも依頼されたのです。不思議なご縁は未来に明かされ、実を結ぶと見え、コーヒーをいただく度に、嬉しく幸せを感じます。ありがとうございます。





12月6日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


高句麗伝説



 東京、カフェ哲にて開催しました「高句麗伝説」上映会サロンでは、10月23日に京都にて開催しました時の経験が蘇りながらも、今この時に最も必要な経験ができ、深く感動しました。どんな時も大いなる存在と一つに生きるより生きていけない時であることを日々実感し生きていますが、上映会にて音から見える図形、世界からも深くわかります。生命の働きに反するあり方が崩壊し、生命輝くあり方が新しい世界を創造していることが目に見えるようにわかります。私は目に見えない世界が見え、音も図形で見えます。いだきしん先生の演奏が何を表現しているかが見え、ただならぬことと身が震えます。世界を変える表現です。表現されたとき、世界は変わるのです。新しい世界が創造されると自ずと崩壊する世界もあります。いだきしん先生の表現は、生命が豊かに生きていける世界を創造しています。自ずと生命を傷め、犠牲にする世界は崩壊すると見えます。自分の内にある生命に反する意識もあり方も壊れ、新しい世界を創造していくエネルギーが湧いてきます。高句麗を建国した王、東明王様の、皆が生きていける国を作るエネルギーと一つになる時、生命が最も躍動し、生きる力が湧いてきます。危機にある今、皆が生きていける世界を創造していくことが生きることとわかります。
 間も無く開催されます狛江での「高句麗伝説」はお告げにより開催を決めました。有無を言わさぬ存在が見え、この日に狛江にて「高句麗伝説」を開催することの働きかけはただならぬことであると生命をもってわかる今日の上映会でした。9日の開催に向かい、心身整え、おおいなる存在と一つにあることに徹して生きていきます。ありがとうございます。





12月5日/山元町、仙台にて



 未来はあることは、生命が喜び、躍動します。今日は、宮城県の被災地となりました山元町に来年建つ焙煎工場に行きました。復興のシンボルとなればと考え、若い人が希望を持って働ける仕事が何より復興の支援になるとのお声を受け、希望の光とし見えた焙煎工場が間も無く建つことの喜びは自分一人のことではなく、多くの魂が喜ぶことであると生命で感じます。その場に立った時、希望の光を見ました。皆が元気に喜び生き、働ける場となると見え、未来への希望を見ました。
 焙煎工場に先駆け、お告げにより作りました仙台のカフェ高麗屋でのひとときも楽しく、未来への希望に満ちていました。東北の地での活動を話し合いました。世の中にこんなに美味しいコーヒーはないと感動し頂きました、いだきしん先生が焙煎されたコーヒーとグルテンフリーの美味しいスイーツが身にしみました。高麗屋に着く前に、仙台の街を歩いていると街は黒く見え、胸は鬱となっていたのです。歩くだけで胸が黒くなり、ふさがることに驚き、何とか抜け出したい気持ちで必死でした。未来ある話ができるとふさがっていた胸が拓き、未来への道が拓かれました。危機にある今、未来を胸に生きていかねばあっという間に周りに染まり飲まれてしまう恐怖を感じた今日、いかに抜け出し、この危機を乗り越え生きていくかも見出し、心から感謝しています。大切な一日一日を決して無駄にせず、人間が生きていける平和な世界を作っていける働きができるように生きていくことを心に誓います。ありがとうございます。





12月4日/仙台にて



LinkIcon仙台/PARM-CITY 131にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 世界の危機を身にしみ感じます今、一瞬たりたも滅ぶゆく世界に飲まれることはしてはならないことと肝に銘じます。街を歩けば普通のことをしている様が滅びに向かって見え、私には闇の世界にいる苦しみを感じます。空間には大いなる存在あらわれ、まるで次元の違う世界が現れています。新しい時代は大いなる存在あらわる世界です。ここで生きることを身につけ、何としても人類が生き延びていける世界を創造していく時と考えます。皆で心一つに未来を創造していく時と考え、止まる事なく、先を作る動きをしていけますように。。。





12月3日/盛岡にて



LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


生命ひとつ



 盛岡の地は雨が降りとても寒いですが、東北センターの中は何とぬくもりあふれることでしょう。人間は生命ひとつに生きる存在と、いだき講座、コンサートにて、生命をもって経験させて戴いています。生命ひとつで生きれば、どんな困難も乗り越えていけます。高句麗の地からも受ける大地からのメッセージは、「生命ひとつ、愛」です。戦の世にあっても生命ひとつに生きる事は永遠であると教えられます。いだきしん先生の表現から生命ひとつを経験します。生命の音は生命ひとつで生きる人間の生命のはたらきを取り戻すことができます。現代人は、人のことも自分の事でさえも、対象化し見、自分の事もひと事のように見、表現します。本来生命ひとつである人間の本質を見失う表現は人と人を分け、境を作ります。対立、分断は普段話す言葉からはじまるとも見える今日此の頃です。私は生命の声であります本音を表現し生きてこれました。本音は生命ひとつである言葉とわかります。誰の生命ともつながり、皆が生きていける世界を創造します。自分のことでさえも見、対象化する言葉は対立を生み、人を分断していくと見え、人間は本来の生命のはたらきを取り戻し、本音を表現し生きていかねば、誰をも生きていけない時代が来たと見えます。
 今日経験しましたぬくもりは生命ひとつに生きるぬくもりです。どんな時代が来ても人間とし生き、生命ひとつに生き、誰の生命も犠牲にならない世界を創っていくのです。生命の内にあふれるぬくもりは未来を創造するエネルギーです。ありがとうございます。





12月2日/盛岡にて



LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東日本大震災が起き、東北の復興しなくして日本の未来はないと見え、人生賭けると生まれた本音から偶然偶然の巡りにより、盛岡にNPO高麗東北センターを開設し、拠点としました。自然豊かな盛岡の地にて過ごす日々は、大変生命安らぎ、助かりますが、ここから世界を変え、世界が平和に成っていく活動が出来るのかとは申し訳ないことに常に心配し、考えていたことです。いだきしん先生はここに居ながら世界を変えていける表現が生まれると何度もおっしゃっておられました。人間とは世界に影響し世界をも変えていける存在であるのだといつも心し生きてきました。
 昨日の盛岡での、いだきしん先生のコンサートは、正に世界に伝搬したと生命で感じました 。それも大宇宙までも届き、宇宙から地球に愛のエネルギーを伝達していると感じました。愛のエネルギーを受ける方々は世界中にたくさんおられることでしょう。人間とは場を超え、時空を超え、つながる存在であると経験出来、人間の計り知れない存在に頭を垂れ、生命に素直に生きていきたいと心より望みます。生命のはたらきをわからずに、生命のはたらきとは反した頭が神のように君臨し自己中心に生きる現代人は、自然の生命のはたらきとは反しているので、いずれ生きていけない時が来るとは見えていました。その時は今であるとわかります。生命のはたらきに反する意識や考え方、仕事の在り方は、今の時代は生きていけないと見えます。また非人間的な在り方もこの先はないと見えます。人間の時代となったのだと生命をもってわかり、感謝します。自分の内からも反生命的な在り方は一掃せねば生きていけないことを身に沁み、毎夜内面を整理してきました。整理したことが、いだきしん先生のコンサートにては全て解放され、一掃されます。真にありがたいことと心から感謝し、世界中にこの経験が伝わりますようにと願わずにはいられません。
 東北センターにて、雪深く積もり、雪に閉ざされた時もここから世界を変える表現をと考え、毎月「東北と日本の未来を語る会」を開催し続けてきました。見る人から見れば、この会が何になっていくのかを理解出来ない事と感じていましたが、確実に新しい仕事が生まれる動きが生まれはじめ、大変うれしく震災後6年経った年月の重みを感じる今年最後の語る会でした。新しい年には、被災地となりました宮城県山元町に珈琲焙煎工場とカフェが建ちます。エチオピア支援から生まれた珈琲ビジネスが東北の復興支援とつながります巡りはおおいなるはたらきかけと深く感謝します。
 毎回の講演会にてお話させて戴いていますが、本音から生まれる仕事は全てに良い実を生みます。珈琲発祥の地から送られてくる野生種の珈琲は発見当時から今に至るまで薬とし飲まれているものです。野生ですので、自然環境を破壊せず、体に良く、利益はエチオピアに還元したり、未来に人間が生きていける社会を創る活動にと使われるお金の流れも美しく、関わるだけで生命が綺麗になると見え、喜び生まれます。人間の生命が犠牲になるお金の稼ぎ方や使い方は生命に反し、生命傷んでしまいます。人間の生命は正直であると常に感動します。皆が生きていける世界を創るはたらきは、真に皆が元気に生きていける世界を創ります。これからの時代の生き方であり働き方であります。いよいよ時が来ました。真の時代を実現し生きる時に感謝し、日々生命に真の声であります本音を表し生きていきます。ありがとうございます。





12月1日/盛岡にて



LinkIcon盛岡/盛岡市民文化ホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 北緯40度の地、盛岡での、いだきしん先生のピアノとパイプオルガンのコンサートの素晴らしい経験に感謝します。宇宙を旅し、地球上に帰還したような体感です。大宇宙から見たらこの地球上のことがどう見えるかが見えたようで、もっと全体的に物事を見、考えていくことを学びました。初めて海外へ行った時、飛行機が飛び立ち、どんどん上昇していく時、次第に小さく見える大地や街を見た時、こんな小さな所で、小さく生きていることは人間ではないと感じたことを思い出します。小さな世界で苦しみ合い、いがみ合っていることが虚しくなり、広い心で生きることを心がけました。
 以前、ルーマニアにて「高句麗伝説」コンサートを開催した時に、記者会見にて、記者の質問に対して、いだきしん先生は「人間の心は宇宙よりも広い事を表現しています」とコンサートで表現していることの内容についてお答えになりました。今日は、その事を思い出しました。宇宙よりも広い心で生きれば、世界の問題も解決へ向かえるように考えていけると改めて目が覚める経験でした。ひとつ所に居ると、広い世界が見えなくなるとも考えます。以前より、ひとつところに居る事はせずに、各地を動き続けていますが、この地球上ではどんなに動いても同じではないかと今日のコンサートにて大宇宙を旅した体感から考えるのです。人間の心は宇宙よりも広いことを確かに毎回の、いだきしん先生のコンサートにて経験しています。いつも、何の境もなく、全ての生命はひとつにつながっている喜び、愛に満ち、なんでも出来る気概と力が生まれます。この経験のままに生き、日々成長していくことが世界の平和実現に向かうはたらきとなるとわかります。同じ枠の中にあっては、何ひとつ解決はなく、延々と同じ事の繰り返しであるとは甚くわかることであります。新しい人間となり、新しく生き始めることが解決への一歩であるとわかります。新しい人間となるとは、いだきしん先生のコンサートにて経験しています。過去の殻を脱ぎ、新しい生命エネルギーに満ちる経験をしています。今日もコンサートで経験したことを、明日から活かしていけるようにと真剣に考え、実行していきます。新しい経験をしていながら過去と同じことはしていられないのです。新しい第一歩を踏み出し、世界の平和実現へと向かい動きます。ありがとうございます。





11月30日/盛岡にて



 12月1日は盛岡にて、いだきしん先生のコンサートを開催します。仙台から盛岡に向かう道中は自然の生命豊かなエネルギーにいつも心やすらぎ、体もやさしいエネルギーに包まれ、癒されます。キリマンジェロのふもとに行った時もやさしいエネルギーが大地から伝わり、一遍に疲れがとれ、癒されるとはこのような状態になることと感じました。毎月東北自動車道を北上し、車窓から見える山々、木々、空、吹く風がどんどん変わり、変化豊かな自然の生命に感動します。見ているだけで心が豊かになっていきます。コンサート前夜の盛岡の夜空は高く、どこまでも澄んでいます。空の向こうまで見えるような抜けるような透明感あふれる空をあおぐだけで感動に包まれます。美しい夜空に燦然と輝く月の美しい光が胸に飛び込み、新しい光を得たように生命喜びに震えました。コンサートを共に待つたくさんの魂を感じ、共に生きる自然の生命を感じ、おおいなる力を与えられます。
 いだきしん先生のコンサートは宇宙空間のように別次元、別世界に身をおいている体感です。何も遮るものもなく、境もなく、無限な世界と通じる喜びがあふれてきます。何でもやれる勇気が生まれ、内から力がみなぎって参ります。限界もなく、人間はどこまでも自由で無限な可能性に満ちている存在であることを生命で感じられます。そして誰の生命ともつながりひとつであることを生命全てで感じる時、この経験を世界中の人と共に出来れば、世界は平和に成っていくと希望を見出していけるのです。
 いだきしん先生に出会い、生まれつきの運命を解放され、真の自分を見出し、本音で生きるようになってから、人間の仕組みがよくわかってきました。目に見えない世界も生まれつき見えていた私は、人間の生命はひとつであり愛であることをすぐには感じられない状態となっている現代人の在り方も悲しいながら甚く感じ、一日も早く空間が愛となり、誰もが愛に生きていけるようになれば。。。と願い、内面が愛に満ちる、いだきしん先生のコンサートを開催させて戴いています。人間の生命は世界に伝搬します。愛は世界中の人に伝搬します。日本でのコンサートが世界へと伝わり、人間が生きる世界が愛と成ります事を望みます。





11月29日/仙台にて



 仙台の講演会では久しぶりに「時の威力」の本にサインとメッセージを記し、ご参加者にお渡しさせて戴きました。2004年の出版であったと思い出します。出版記念パーティーの前夜、大阪のホテルにて偶然読んだ新聞記事は高句麗19代王好太王の特集記事でした。自ら先陣を切り戦った王と書かれていました。これからの生き方を示されたと受け止め、自ら先駆け、動いていくと心に決め、動き始めました。すでに13年の年月が経っています。これからは真の自分を表し生きていける時と感じ、やっと時を得た喜びが静かに沸き起こって参ります。それは日々起こる現象から限界を感じたり、今までは意識することもなく当たり前とし生きて来たことも、生きていけない限界と感じ始めた今、解決へ向かうプロセスに、今までにない時が来ていることを実感するのです。そして何よりやっと真を表し生きていける時が来たと心底感じる経験をしているのです。
 また今日は「時の威力」の本に書かせて戴いています高句麗の伝説の将軍を思い出しました。200万の兵を持つ敵とわずか一万の兵で戦いに挑み、敵を打ち負かした逸話を思い出しました。兵の数では戦う前より負けが見えていたこの戦は天意と受けとめ、挑んだのです。今の時代も未来に人間が生きていける世界を創造することは天意と考えます。天意であれば天が味方してくれます。今の時代であれば大いなる存在が共にあり、たくさんの魂が共に働いてくれます。真の意味で人類の未来を創造する働きをする時と見えます。大いなる勇気を与えられ、必要な時に必要なメッセージを送ってくださり、心からありがたく受けとめ、実行して参ります。打つ手は無限であるとも教えられます。そして100パーセント手を尽くすと、120パーセントの結果が生まれることもいつも希望と感じ、生きてきました。世界が危機にある今、手を尽くし、自分の為せることは100パーセント行っていくという原点に立ち戻り、実行します。
 仙台の講演会会場では、夜の闇に輝く木の葉が懐かしい香りを運んでくれました。台風の時に聞いた広瀬川の水の音と重なる高麗川の香りがしました。魂共にある働きをさせて戴き、ありがとうございます。





11月28日/仙台にて



 京都、八坂「高麗」にお越し下さいました海外のお客様が、いだきしん先生が作られた器をお求め下さいました。いだきしん先生の表現がその御方のお国に広がり、多くの方々が宇宙のはるか彼方の無限な世界を感じられれば、世界が変わっていくと見え、たいへん嬉しく感謝しています。始まりと感じ、これからも人間が生きていけるようにとあらゆる表現をして下さり、常に人間が生きていけるように新しい世界を創造して下さっています、いだきしん先生の尊いお働き、存在を世界中の方へお伝えできますようにと望みます。人、自然の生命と一つに生き、生命交流し、生まれる生命の表現をピアノで即興演奏して下さいます。生きる上で作り、作られた能力、意識、すべての枠組みが解かれ、人間本来ある真の力が引き出され、自由に生きる生命を取り戻します。大宇宙と交流し、世界中の人とつながる生命を感じ、生命は一つ、愛を生命すべてで経験します。生きる意味に目覚め、すべての人の生命を尊び、生きていける平和な世界とはこのような世界とわかります。一刻も早く人間の生命が犠牲にならない世界を作っていけますように、愛のエネルギーが世界に伝播することを願い、今日も活動します。
 11月29日は仙台にて、新しい時代を先駆け生き、皆が生きていける世界を創造し、新しい時代を切り拓く生き方、経営のあり方を学び、身につけていける世界で唯一の「いだきアントレプレナーコース」についての講演会を開催させて戴きます。東北の地にて新しい活動の始まりと考え、気持ち新たに向かいます。どうぞよろしくお願いします。





11月27日/東京にて



LinkIcon東京/ヤマハホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


交流する命



 いだきしん先生のピアノコンサートにてメッセージ通り、交流する命を経験しました。交流する命は宇宙の果てまで続く広大な世界で自由に生きる生命を感じ、人間は一人で生きる存在ではなく、全ての生命と交流し生きる存在と生命をもって経験しました。そして何より大いなる存在と交流し生きる生命ともわかりました。大いなる存在と交流し生きていければ、過去から受け継いだ絶滅する因子も溶けていくと希望の道が見える本日のコンサートでの経験により、新しい世界で生きる新しい時が始まりました。周りは滅びゆくと見えてしまう現代です。何としても生き延びていける道を作りたく、愛を経験する、いだきしん先生のコンサートを開催し続けてきました。毎回生き延びいていけるように生きる上で障害になることを解放して頂き、常に希望を見出し、今日まで希望を持ち続け生きてきました。今日のコンサートでは、滅びゆく因子を剥がしてくれている存在を見、生命の内から邪が祓われたことを確かにわかりました。生命綺麗になっていくことは生きる道です。心よりありがたく喜び生まれ、感謝の気持ちで一杯です。大切な一日一日をより豊かに美しく生きることを心がけ、実践し、人間が生きていける世界を作り続けていきます。ありがとうございます。





11月26日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 常に新しい時代を創造し生きる生き方を教えて頂き、お話だけでなく、新しい生き方を身につけていけます、いだきしん先生の講座、コンサートは真に世にない人生最大のチャンスの機会です。生命に纏わりついた重く、曇ったエネルギーはいだきしん先生にお会いするだけで一瞬にし祓われ、生命感覚が研ぎ澄まされます。生命感覚が良くなければ、いつ何が起こるかしれない状況にある今、生き延びていけるように身を動かしていけないことは身にしみることであります。未来を先取りする生命、常に不可能を可能にしていけるように働いている生命、生命を痛めるエネルギーは敏感に反応し、何をすれば良いかを教えてくれる生命、自然の生命と一つである生命、他者の生命と一つに生きる生命。。。生命感覚が良くなると、生命の働き、法則をわかり、生命が生きていけるように生き始めます。当然ながら生きる上で一番大切な生命がより豊かに働き、何をも乗り越えていける力が生まれる、いだき講座、コンサートの機会は人生最大のチャンスとなるとは生命がわかっています。
 昨日から今日と続きました、いだきしん先生の講座の経験により、苦しんでいた激痛がなくなり、新しい生き方を覚え始めています。今までの生き方では生きていけないことを生命は痛みをもって教えてくれていると感じ、生命あることに深く感謝します。そして今は、12月9日に狛江にて開催します「高句麗伝説」に向かい、全力で取り組むことを教えてくれています。ここを乗り越えると来年が見えてくると感じています。





11月25日/東京にて



LinkIcon東京/狛江エコルマホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 本音で生きる時、生命の中心に立つ柱を感じます。精神と考えます。本音を押し殺したり、抑えていくと生命の中心が消え、一気に力が抜けます。1998年に「本音で生きて下さい」講演会活動を始めた時、本音では生きていけないと言う声がほとんどでした。実際に、いだき講座にて受講生の運命を調べると、生命の中心がない状態にはいつも驚き、悲しみを感じます。古代日本人は本音は神との出会いの音であったと、戦争に負けてから建前を使い、魂までもなくすようになったと書かれていた本の一節がいつも心にあり続けます。魂なくしたら、国は滅ぶとは世界中の人が語ることであり日本人は魂なくし亡国の危機にあるとは常に海外に行くと、心配されてきたことです。最近、生命の中心がなく本音も魂もなくしている多くの日本人を見、国を失う危機を甚く感じています。私自身も本音を表現できる関係や場では活き活きと活力溢れ活動できますが、本音を表現できない関係では活力が生まれないことを改めて経験し、本音とはまさに生命の声であると深くわかるのです。今日の応用コースでは、昨日経験しました寒く冷たい風は人間関係も何もかも切断していくエネルギーと見えたことの全貌をお話頂き、理解が深まりました。生きる力であります本音も表現できない関係はすでに関係とは言わないのだとも気づきます。人との交流によって新しいことを創造できるとのお話は人間としての本質を活かしていけると希望を見出します。不可能なことも困難なことも人と交わり、生まれる愛があれば乗り越えていけると、いだき講座、コンサートの仕事、活動をしている中で経験し続けています。生命と生命が交流し生まれる愛を瞬間瞬間、即興演奏により表して下さる、いだきしん先生のコンサートこそが今とこれからを生きていく要の経験となるとは日々身をもって経験することであります。抜け出し口がある今、皆で生き延び、今までにない人間とし生きていける新しい時代を切り拓いて行くことに賭け、活動していきます。ありがとうございます。





11月24日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 京都、八坂の「高麗」の中庭にて染めた和紙で仲間にファイルを作って頂き、最後に私が紙漉きで漉いた和紙に押し花をのせ、完成し、大切な情報を書かせて頂きましたお手紙を海外の方に送らせていただく時、祈るような気持ちで皆で準備します。通じますようにと祈り、心を込めて送らせていただくこの時、生きていることの喜びを感じます。世界中の人のお役に立てると自信を持ってお伝えできますことは真にありがたく、これほどやりがいのあることはありません。世界が危機にある今、人類の生き延びていける世界を創造する、いだきしん先生のコンサートを世界中で開催できたら、世界は変わると見え、世界中の人にお伝えする毎日です 。今日も、部屋の中でコンサートのCDをかけると、そこは別世界、別次元が現れ、この世界であれば生きていけると生命喜び、未来へと躍動します。自由であり、深く呼吸ができ、新しい力が湧いてきます。人間が生きていける世界はここ、と生命でわかります。世界中の人と分かち合えますことを望み、発信し続けて参ります。





11月23日/東京にて



LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 今日も、白い空に白い雲が浮かび、どこまでも澄んだ透明感あふれる富士山の美しい姿に感動し、勇気づけられます。自然の生命の美しいエネルギーがこんなにも生きる力を与えられることに感動し、感謝します。私達人間も生命輝き生き、美しい生命が美しいままに生きていくことを考えます。幼い頃より木や花の生命エネルギーが見える私は、生命の美しいことに感動し、人間だけが、歪み、苦しいエネルギーを発していることを悲しいと感じてきました。赤子が光り輝く生命が光り輝くままに生きていける社会を作っていきたい本音で、いだき講座、コンサートを開催しています。生まれつきの運命を解放された一人一人は、生命が光り輝いています。輝く生命を曇らすことなく、より輝くように生きていける生き方が本音で生きることとは毎夜、自分の気持ちを書き出し表現することで原点に行き着きます。美しい生命の光は誰も侵す事はできないという事が生きる希望であります。危機にある時代にあり、美しい生命、内面で生きることが生命守ることです。皆で美しい生命輝き生き、時代の大転換期を生き延びていきたいと心より望みます。





11月22日/東京にて



 落ち葉が舞い、寒さが増してきました。今年も1ヶ月あまりとなり、世界の危機にある今、今年を無事に乗り越え、新しい年は大いなる存在現る時代がそのまま現る世界となりますように、人類の未来を創造できるように働けますようにと望みます。日々、感じる苦しみは先を作ることにより、抜け出していくことを考えます。空間に満ちる大いなる働きかけがあることが唯一の希望です。希望ある方へと向かい、一筋の光を感じ、動きを作る毎日です。胸開き、大いなる存在と一つになることに努めます。皆で力を合わせ、危機を乗り越え、新しい世界を切り拓いていけますように。。。





11月21日/東京にて



LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 雪を冠った白き富士山の美しい姿に感動する一日の始まりに感謝します。滅びゆく世界ばかりが見え、辛い日々が続きましたが、先を創ることに集中することに努め始めました。憂え、心配していても解決はないとはわかっているつもりでも気づけば心配し、心曇ることが多い今年の一年でした。滅ぶ時とはこのようなことなのだと想像もしたことがないことを目の当たりにし、いつの時代も動かぬ民族は滅び、動く民族が生き延びて来たとは人類史が教えることですが、今がその時なのだと見えたのです。今までのように周りがごく当たり前にしていることをしている毎日の中で滅びに向かっているのだと見えたのです。現実を受け止めた時、私は変わると心決めました。変わらずしては生き延びていけないことを身をもってわかりました。
 いだきしん先生のコンサートにて、滅びゆく状態を自覚し、動かぬものが溶けていく経験をしています。動くことを心がけ、身につけていく毎日です。世界の中にはいだきしん先生の働きがわかる御方がおられると感じ、その方々にお会いできる自分となるように、常に、大いなる存在と共に生き、人類救済に向かい働き続けて下さっているエネルギー、働きかけと一つに生きていけるように、自分を変えます。危機にあることが真にわかれば人間は愛に生きることに目覚めるとわかりました。愛に生きることが人間であり、これからの時代を生き延び、人類の未来を作っていけるのです。自分を守り生きることで精一杯では、人間ではないのです。自己中心な生き方は今後は一切生きていけないと明らかに見える時が来ました。誰かの為にと考え、動き始め、誰かから始まった愛は世界中の人と共に生きることにつながる愛を、いだきしん先生のコンサートでは経験しています。誰かの為に生きた時、反社会的になることは今までの人間の関係であったとは何方を見てもわかることであります。世界中の人に通じる愛を経験することが人類の危機を乗り越え、世界が平和になる道を作るとは常に何とかしたい気持ちで世界のことを考える時に行き着く答えなのです。世界中の方にご経験頂きたいコンサートです。世界各地で出会った方は、この経験で生涯生きていくとお別れの時におっしゃいます。場は離れていても心は繋がっている人間であることに涙し、いつの時も共にあることを心に生きています。インドの大地にて、愛の輪が世界中に広がる光景が見え、詩に表したことが蘇ります。成る時を作る今です。ありがとうございます。





11月20日/東京にて



 比叡山から東京へと帰る道中、山中湖を通りました。今日は雪が降ったと聞きました。一気に冬が訪れました。気持ちを引き締め、生き延びる道を作り生きることを心に誓う道中でした。世界の危機にあり、唯一の希望は、人間の内面を根底から変えられる、いだき講座といだきしん先生の即興演奏によるコンサートの経験です。生き延びていけない因子が解放され、新しい生命を得たように、新しいエネルギーが注がれ、心身は一新します。人間の内面の環境が取り巻く環境を作ります。内面に余計なものがなくなり、必要なことが引き出され、愛に満ちるコンサートの経験は、自ずと取り巻く環境が変わり、愛から新しい世界が創造されます。良い世界を創るのは人間です。人間の内面が愛に満ちるコンサートの経験があるので、常に新しい力が生まれ、未来を創造していく気概が生まれます。世界中に向け、人類の生き延びていく道を作るコンサートがありますことをお伝えしたく、日々、人を探し、発信しています。
 冬が訪れ、寒さ厳しくなってきました今日は、より余計なものを無くし、必要なことに集中しようと気持ちを糺しました。自分自身が危機を身を以て感じ、何とかしたいと必死で考える日々を過ごしています。気づき、感じる一人一人から生まれる動きが必要な時と受け止めます。ありがとうございます。





11月19日/京都にて



LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 日々、人類の危機を感じ、救済しようと猛烈にはたらきかけてくれているおおいなる存在からのはたらきかけを受けていける人間となるべく、内面を整理し、綺麗にしていく毎日です。この世では通用しても、死んだ時には全てあらわると考えると、生きている今、徹して内面美しく生きることを考え、取り組みます。死は遠いことではなく、間近に迫っていることを感じる今、生きる事を今まで以上に真剣に考えます。今までの甘さも見え、人間とし人間となる最大のチャンスを与えられていることを受け止め、今までにない滅亡の危機を乗り越えていける生き方を身につけていきたいと望み、生きています。死を受け止める時、見えることも多く、やることも多いです。目を覚まし、人間が生きていける世界を作っていく時です。はたらきかけに満ちている今、内面澄まし、気づき、即実行していきます。ありがとうございます。





11月18日/比叡山にて


LinkIcon京都/いだき京都事務所にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 迎賓館コンサートの今日は、窓を開けると、霧が立ちこめ、雨が降っています。迎賓館の中庭にて、ご参加者のお越しをお待ちする時、小さな中庭に植え込んでいる草木を眺めながら、いだきしん先生が淹れて下さった珈琲をいだきしん先生が作って下さった器で頂くひと時が幸せに包まれる瞬間です。味わい深く、雨に濡れる草木も微笑み、共に喜んでいることを感じられる空間です。お浄めとはこの経験であると今日も身をもって経験しました。肩に重しを背負っているように感じた状態が、珈琲を一口頂いた瞬間に降りたのです。とても楽になり、皆様をお迎えさせて戴けますことに感謝し、気づけば、生命が喜び、心が弾んできました。重しを背負い生きることは辛く、抜け場がない苦しみに固まることを感じていた状態から一気に生命の内に風が吹き抜け、自由を感じ、未来へ向かう躍動感が生まれます。
 迎賓館の一席に座らせて戴けます事の至福の喜びを世界中の人と分かち合いたいと心から望みます。いだきしん先生から生まれる一音に生命あることの全てがあり、ピアノの音が生命とひとつに溶け合う時、「生きる」ことそのままを経験し、この瞬間が永遠とわかります。幸せの瞬間瞬間を経験し、体内から生まれる龍神のようなエネルギーは無限な世界を上昇し続けます。人間とは何か、世界の平和を実現する道はここにあることを世界中に伝えていくと意志が立ちます、人類の危機にある今、世界中に伝え、共に人類の危機を乗り越えていける人を捜し続けます。大きな希望と、生きる力と生き延びていける道を作る強い意志を見い出します。心からありがとうございます。


今日の衣装はブルガリアにて開催しました「高句麗伝説」に当たり、レバノン大学 芸術学部の教授でありました20世紀最大のコスチュームの巨匠と言われたガジ先生が作って下さった衣装です。トラキアの魂共に。。フェニキアの魂共に。。。と迎賓館にて身につけさせて戴きました。







11月17日/京都にて


LinkIcon京都/高麗ギャラリーカフェにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 木の葉が色づき、枯れ落ちる古都の風景をしみじみ眺め、人生を考えます。風に揺れ、木の葉が舞い落ちる風景を何度見てきたことでしょう。目の前に見える京都御所の木々を見、時代の大きな変わり目にある人生を考えます。本音で生き、おおいなるはたらきかけを受ける人生を生きてこれました。いよいよ終わり行く世界と新しく生まれる世界が入れ替わる時を迎えていると感じ、おおいなる存在と共に生きるより生き延びていけない真の人間の時代が拓かる予感に気持ちが引き締まります。今までは死ぬ時に人生を一瞬に見ると考え、内面を綺麗に生きることに務めてきました。今は死ぬ時ではなく、今、今の瞬間瞬間が美しくなければ生きていけない事を身に沁み感じ、人間にとって此れ程人間となれる機会はないと感謝します。自分の内にある敵を見極め、真に人間とし生きていく訓練の日々と受け止め、日々真剣に人生を考えます。今までもずっと人生を考え生きてきました。が、今程、猶予なく人生を考えることはありません。気づいたことは即刻改善し、人間とし真っ当になっていくことに徹することなくしては、一日一日を乗り越えていけないと感じています。大変ありがたい時と感謝します。
 八坂の塔の前に立つ時、見える光景はずっとこの地に生きた魂の声となります。高麗が高麗であるように。。。ずっとこの時を待ち、在り続けてきた魂の悲願も成る時なのです。高句麗を建国した王の魂あってこそ2000年の時を超え、蘇った高句麗魂です。高麗が高麗であるように、今を生きる私が永遠なる魂貫き生きていかねば、過去に生きた魂は報われないことを身に沁み感じ、しっかりと時代を見据え、新しい時代を先駆け生き、3歳の頃より願い、祈り続けてきた世界の平和実現に向かい、はたらくことを誓います。ありがとうございます。




11月16日/比叡山にて



 美しく晴れた空にくっきりと浮かぶ様に、あらわる富士山の勇姿に、精神が立ちます。日本人の精神を感じ、どんな時も美しく強く生きていくことを学びます。世界が危機にある今、人間の美しい心、精神が何より大切と考えます。美しい自然の生命から教えられます。どんな時も揺るがぬ美しい富士山の姿に、何があっても真を貫き生きることを学びます。
 子供の頃、富士山の裾野で過ごした夏の日の風を思い出します。美しい姿はどんな時も生きる希望であり、未来へと向かう力が湧いてきます。どのような状況であっても、未来を創造し続けていくことが大切であると生命をもって身に沁む今日です。
 東京から比叡山に来ました。空は蒼い風が吹く模様です。歴史的な空の下、新しい時代を切り拓く生き方をはじめ、新しい歴史を築く時であると受け止めます。吹く風も、大地のエネルギーも国創りの時を告げています。真の自分をそのまま表し、人間が人間とし生きていける世界を創って行く国創りです。




11月15日/東京にて


LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 幼子が幼稚園の芋掘りで掘ったというサツマイモを頂きました。甘くて優しい味に心和みます。ふと、北朝鮮に行った時、聖地であります白頭山の麓で皆でサツマイモを焼いて頂いた時のことを思い出しました。その時も、大昔に大家族で集い、焼き芋を食べているような懐かしい光景が瞼に浮かんでいました。サツマイモは家族の温もりを運んでくれると感じ、思い出すことが多いです。三鷹の地での人生変わるコンサートがありました昨日から一夜明けた今日は、昔からある温もりに包まれる幸せな時と、銀座に行った時には暗闇に包まれ、この世の終わりを見るような不安を感じる時と明暗がはっきりと分かれて見えました。生命が常に不可能に向かい働いてくれていることがありがたく、常にできないこと、困難であっても人類の未来に必要な働きをしていくことが生きていくことと改めて生命を以ってわかります。本音は未来から来る光と出会い生まれる生命の要求です。本音で生きることが全ての解決であるとも改めて行き着き、今日から本音で生きる人生を新たに始めます。ありがとうございます。




11月14日/東京にて


LinkIcon東京/三鷹市芸術文化センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 自覚しつつも抜け出せぬ苦しみにあることが見事に、いだきしん先生のコンサートメッセージにて表して頂き、解決への演奏をして下さり、生きてこのような経験ができますことにどんなに感謝してもし尽くせません。気づけば、日頃何とかしたく、常に努力していること、決意しても、すぐに癖のようになっている意識のパターンにより、同じことを繰り返してしまうこと等々、その原因を見事なまでに的確に分かりやすく、かと言って象徴的に表現下さり、誰もが、自ずと自分のこととし、自覚できるコンサートメッセージ に頭を垂れます。笑いがこみ上げるほど、図星の表現に驚き、的確に表現され、解放される喜びが生まれます。さらに、ピアノの即興演奏により、現状を自覚できる経験と抜け出していくプロセスを経験できるのです、夢のまた夢の経験です。今日のコンサートでの経験から今までにない人生が始まると生命を以って分かります。今日の経験をする為に、今までがあったのだと見えた時には驚喜し、身が震えました。
 先祖代々生きて来た三鷹の地にて鳴り響く、美しく神々しいアリランの演奏に、新しい世界で生きる全ての魂の存在を見ます。全ての魂蘇り、共に生きる美しい光景の中に自分も居られるだけで幸せを感じます。これからは真に美しい世界で生きていけるのだと感じ、長い間の自分との闘いは終わり、大いなる存在と一つに生きていける時を迎えられ、感謝よりありません。ありがとうございます。




11月13日/東京にて


LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 山元町にありますNPO高麗の焙煎小屋にて、いだきしん先生が焙煎して下さったクズ豆を使い、心模様を描くコーヒーバックの制作をさせて戴きました。捨てざるを得ないクズ豆と言われるコーヒー豆までも活用できる巡りに心より感謝します。大勢の方々がコーヒーバックを身につけて下さる光景を心に描くだけで、未来が拓かれる予感が生まれます。今日は、たまたま失敗したかのように感じたことから、ラインストーンをつけるというめぐりとなり、たいへん美しいバックが誕生したことがとても嬉しい経験でした。偶然偶然の巡りにより、新しい作品が生まれますことは愉しいことです。心が弾むことは未来に良い実が成ります。遠い、エチオピア、タンザニアから送られて来るコーヒー豆が一つも無駄なく、捨てることもなく、活かしていけますことは喜びです。そしてコーヒーバックを持つ人が、喜んで下さり、豊かな人生のお供となるならば、真にありがたいことであります。
 新しい時代を皆で力を合わせ、創り上げていく時と考えます。内面豊かに元気に生き、喜び生まれ、愉しいことをしながら、未来を創造していけますことは、大いなる働きかけと感謝します。いだき講座を受け、内面豊かな経験をさせて戴いていますので、未来を切り拓いていけます。14日も三鷹にてコンサートがございます。飛躍的な経験ができるコンサートは生きる上で何より優先し取り組むことであります。ありがとうございます。




11月12日/東京にて


LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


世界へ



 3歳の頃から世界の平和を願い、祈り生きてきました。24歳の時、余命2ヶ月と言われる状態でありながら、友人の紹介で、いだきしん先生に会いに行きました。死から生へと人生が変わる出会いでした。最も分かりたかった人間とは何故生まれ、どう生きてくのか、死んだらどうなったいくのか、死が終わりでも別れでもない永遠の世界、生きる上で最も大切な愛がわかる人生が拓かれました。この経験を世界中の人にお伝えできれば世界は平和になると見出し、34年間、日本ではいだき講座、コンサートを開催し、世界各地ではコンサートを開催して来ました。危機が訪れることは見えていましたので、なんとか生き延びていける生き方を身につけ、生き延びていける世界を創ることを考え、活動して来ました。今が瀬戸際にあると感じ、この生き方を世界へと発信して行くことに集中します。
 いだきしん先生に出会い、生まれつきの運命が解放され、真の生命の光を見出しました。過去の生き方を繰り返さず、未来からくる光を受け、生まれる生命の声であります本音を表し生き、今までにない誰の生命も犠牲にならない生き方が実現できています。一人一人の内面が過去から受け継いだ運命では、個人も世界も平和は実現できません。内面が愛に満ちる時、取り巻く環境は愛が実現できます。世界の平和は一人一人の内面が愛に満ちる時に成っていくと見える未来に向かい、日々、愛を要に生き、世界中の人と愛を経験する、いだきしん先生のコンサートを共に。。。と心から望んでいます。日本では14日三鷹の地にてコンサートがございます。皆様にお越し頂けますことを願い、心よりお待ちしています。




11月11日/東京にて



美しい自然
陽に輝く水面
風に揺れる木の葉
別次元の光注がれ
生命の奥深くから震える感動
新しい時代を生きる今
全ての生命とひとつ

新しい人生のはじまり
新しい一日のはじまりを
ありがとうございます




11月10日/盛岡にて


LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 東北センターにて人間とし生きる事を学び、身につけていける尊い講座を経験出来ます人生にいつも深く感謝します。東北の地ならでは感じる事が出来るぬくもりにより、人間としての在り方を生命をもってわかっていけます尊い機会です。より本質に向かえば向かう程、人には理解されないことは、いだき講座の仕事をさせて戴き、甚くわかることであります。人は自分を基準に見た目や自分の知識の範囲で捉えようとしますので、到底理解出来ることではないことであります。が、真実は未来には確実に証されることもわかっています。人間としての本質をわかり、生きることが人間とし生きることであります。34年前にいだき講座を始めた時から時代はどんどん変わってきました。まもなく、何が真か否かは明らかに現れる時が来ると見えます。愛なくして人生も仕事も成り立たないと2年前の3月11日のコンサートにて、いだきしん先生がメッセージと演奏によって宣言されてから時代は真にそうなってきました。コンサートでの表現は世界を変えます。常に時代を先駆け生きていけますことはありがたく、人間とし無駄なく、必要なことに力を注ぎ、皆が生きていける世界を創造していけますことは何よりの喜びであり生きる力となります。誰もが目を覚まし、人間としての人生を生き始めていく時と考えます。そうでなくしては、終わりゆく世界にのまれてしまうと見えてならず、毎回の講演会にて本音で生きることをお伝えし続け、抜け出し口であり全ての解決へと向かう、いだきしん先生のコンサートをご紹介させて戴いています。人間とは何かを探求し答えを見出された方が人間とは何かを即興演奏されるのです。言葉によっては通じ合えない限界を見、天啓を受けるが如くに偶然ピアノの即興演奏がはじまったのです。即興演奏の意味も何故ピアノであるかの意味も人間の本質がわかるにつれ、理解が深まります。おおいなるはたらきかけとしか考えられません。おおいなる存在からのメッセージを受けるコンサートと受け止め毎回真剣に人生を考え、聴かせて戴いています。人間とし生まれ、至福感に包まれ、愛を経験します。人生最優先しご参加頂きたいと心の底から願っています。次は14日三鷹にて開催させて戴きます。




11月9日/盛岡にて


LinkIcon盛岡/NPO高麗東北センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 仙台から北へと向かい、盛岡の地へ着きました。雪を冠る岩手山を仰ぎ、美しい勇姿に揺るぎなく生きる力を見ます。美しい山河、風に揺れる木の葉が銀色に輝き、えも言われぬ美しさに目を奪われる瞬間、生きていることを生命で感じ、感動します。いつも盛岡の地に来ると、生命癒され、美しい自然の風景に心やすらぎます。木々、山々、河が流れる風景は人間に必要であるとしみじみ感じます。仙台にてまわりが高層ビルに囲まれているマンションの一室にいると、閉塞感を感じます。雄大な自然の風景を眺める時、心が拓き、生きていく力が生まれます。自然とひとつにある生命であることを生命でわかります。周りは終わりゆくように見え、周りの空気に合わせたり、はまっていては、一日も生きていけなくなると感じる毎日となりました。新しい世界を切り拓き生きていかねば、生き延びていけないのです。皆で元気に生きる意味深い人生を生き、人間の生きられる世界を作り上げていきたいと心から願います。まずは、本音で生き、はたらき、生きる場を広げ、皆で生きていけるように力を合わせ動いていくことからと考えます。すでに、いだきしん先生のコンサート開催に向け、気持ちある方々と共に活動しています。この動きが、新しい世界を創ると見え、今後も継続し行って参ります。コンサートで経験することが生きる上で最も必要であり、大切なことと考えます。生命と生命が交流し、愛を経験します。愛が生きる原点であり、愛があり人間は本音に気づき、表現出来るとわかります。愛ある環境が人間が成長し生きていけるのです。一人一人の内面が愛に満ちる時、自ずと取り巻く環境は愛の世界と創られます。人間とし生まれたなら、生命全てが愛に満ち、喜び満ちる経験をして頂きたい気持ちで、いだきしん先生のコンサートを開催させていただいています。次は、14日東京、三鷹の地にて開催させて戴きます。人生最優先しご参加頂きたいコンサートです。




11月8日/仙台にて


LinkIcon仙台/PARM-CITY131にて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 春の風が吹く仙台の街は、今まで来た仙台とは違う空気で、ためらいました。風は、大地に埋もれる闇も引っ張り出し、空間はよどみ、私は春のアレルギーの症状に苦しみました。体に問い、解決に向かい、仙台にて、いだきしん先生のコンサートを開催することを考えます。仙台での講演会にて思わず表現していました。東北の地に永遠に消えない希望の光とは人間の生命の光です。真の自分を表す光は永遠です。いだき講座にて、受講生の運命が解放されると、生命の深奥に輝く光が見えます。この光こそは永遠に消えない光であります。この光から本音も生まれます。いだきしん先生のコンサートは、大地を変え、空間を変え、人間の生命の内を変えます。人間の生命の内が変わることが革命とお聞きした時、血が流れない真の革命を知り、希望を見出しました。まずは自分の内面を美しく生きることを実践し、内面に余計なものがなくなると、幸運に恵まれ、予想も想像もはるかに超える素晴らしい結果が生まれることを経験しました。健康と幸せに生きることが実現出来る人生が拓かれました。一人一人が幸せに生きることと良い社会が作られることが一つであるとわかった時に、生きることは希望であり、生き甲斐も見出せました。時代の大転換期にある今、一人一人が真の自分を活かし、本音を実現し生きていくことが良い社会を作っていけるのです。皆で諦めずに元気に活気にあふれ生きていけますようにと願い、今日も仙台にて講演会をさせて戴きました。明日は盛岡にて「本音で生きて下さい」講演会をさせて戴きます。毎日表現する本音が世界に伝播しますように。。。




11月7日/仙台にて


LinkIcon仙台/電力ホールにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 お告げにより作りました仙台カフェ高麗屋、同じくお告げにより内覧もせず、どこにあるかも知らずに、入居を決めた仙台の住まいのことは仙台に来る度に考えます。住まいにおいては入居する日に高熱が出てしまい、仲間に全て用意して頂いたのです。お告げの意味を考えることは続きます。ここで終わっては意味がないことになってしまうと感じ、本日の、仙台での、いだきしん先生のコンサートに臨みました。今までの仙台でのコンサートの時と、大地から受けるエネルギーが変わっていました。何度かコンサートを開催させて戴き、拠点であります高麗屋もあり、仙台の受講生の方々が毎夜コンサートのチラシをポスティングして下さったことすべてが大地の優しいこと、温もりから感じ、心温もり、この地にて今日もコンサートを経験できますことに感謝ばかりが溢れてきます。いだきしん先生のピアノの即興演奏は全て大いなる存在からのメッセージと受け止め聴かせていただいています。今までの悲しみ、恨み等々はこの世のことであり、今は全てないと明らかに分かるのです。コンサートメッセージは「輝く人生」です。人生を語るメッセージが心に深く沁み入ります。この世の人生は作られたものであり、真の人生は生死も超え、永遠に輝く魂、存在あらわる人生であると経験しました。
 仙台にカフェ高麗屋と住まいと作るお告げを受けた始まりは、仙台での講演会にて本音を表現した時、「東北 の地に永遠に消えない希望の光」が見えたのです。それは人間の生命の内に輝く真の光です。いだき講座にて、皆様の運命を調べ、言葉にさせて戴いています。3歳から胎児期と遡り、親や先祖から受け継いだ運命を解明し、いだきしん先生は解放されます。最後に、母の胎内に発生した瞬間の光が見えます。この光を私は真の自分と表現しています。真の自分を表す光が永遠に消えない希望の光とは瞬時にわかりました。仙台の地にて拠点を作ることで東北全体に光が広がると見え、お告げより作らせて戴いたのです。今日のコンサートにて、実現の始まりを感じ、大変嬉しいです。東北の地に生きる方々が、コーヒービジネスに関わって下さることも大変嬉しくありがたいです。純粋本音から始まったコーヒービジネスです。未来が拓くビジネスです。未来あることに関わる時に、生命は光輝きます。生命は正直であり、偽れません。未来あることに関わり生きる人が増えれば全体も光り輝き、希望ある社会が作られると見えるがままに行い、未来を切り拓いていきます。大変素晴らしい仙台でのコンサートを皆様と共に経験でき、心よりありがとうございます。




11月6日/仙台にて



 夕日を背後に東北道を走り、仙台に着く頃には、大きなオレンジ色の月が目の前に現れ迎えてくれました。この月を私は不気味な月と呼んでいますが、時代が大きく変わる時を象徴していると感じ、身が引き締まります。仙台でのコンサートに向かい、世界中が動き、ここに集中していると感じる気配に更に身が引き締まります。深夜には、透明感あふれる美しい月が現れ、未来は明るいと感じられますことが嬉しいです。いつも危機を感じ、緊張している心身が最近は変化し始めています。きっと大きく飛躍できるのだと感じ、その時を心に抱き、日々内面豊かに美しく生きることに喜びを感じています。
 今日となりましたが、仙台電力ホールにて、いだきしん先生のコンサートが開催されます。すべて即興演奏です。ピアノ一台から生まれる音に宇宙の果てまで感じるダイナミックで美しい世界を体感でき、同時に、心の襞までも表現して頂き、存在すべてを受け容れられた感謝と喜びに深く感動し、涙なくしてはいられない感動の経験は、大きく未来 を拓いていく力となっています。他の何をするよりも生きる力を得、人間とは何かをわかり、生きることの意味は深まります。人生最優先し、ご経験頂きたいコンサートです。生きるすべての答えはあり、未来があります。生きていく上で最も必要な経験となりますコンサートです。午後6時開演となります。心からご参加をお待ちしています。




11月5日/東京にて


LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 トランプ大統領の来日に伴い、多くを学びます。いつ何が起こっても生命守り生きていく為に、万全を期し、備え生きることを学び、身につけていく動きを始めました。危機が迫っていることを生命で感じる毎日です。感じる生命感覚を受け止め、考え、手を打ち、生き延びていく道を見出していくことを真剣に考え、取り組み始めました。いつもお告げがあり通信を受けることの意味も今この時になり、わかることが多くなり、感謝します。今までは寝ぼけていたとも感じ、気づくことが多いです。今までの常識と思っていることや生命とひとつになっていない頭のはたらきでは生命生きるように考えていけず動いていけない限界を見ます。生命の通信を受け、動く時に人が助かり、生きる道が作られます。お告げは、世界全体が助かる道を示して下さっているといつも感謝します。通信を受け、お告げを受ける私が、本気に受け止めず、自分の感覚がおかしいとまで疑ってきた愚かさは2度と繰り返すことはしないと決めています。現代社会で生きる上で身についたおかしな状態であることを今はよくわかっています。人間とは何かを学び、わかる今、今までの人間の生き方は滅びゆくと見え、皆が生き延びていけるように、日々経験し気づいたことを表現させて戴き、何より生き延びていく生き方を経験し新しい生命を得る、いだきしん先生のコンサートにご参加頂けますように働きかけてまいります。次は11月7日にて仙台にて開催させて戴きます。万難排し、何よりも大切な生命感覚を養うコンサートに身を運んで下さいますことを願い、皆様のご参加を心からお待ちしています。ありがとうございます。




11月4日/東京にて



 アメリカの大統領が来日されるので、いたるところに検問があり、いつもとはまるで違う東京の街並みです。自ずと、世界の情勢が気にかかり、ますますこれからの生き方を考えます。どんな時でも人間とし内面豊かに生きることは基本であります。そして本音を表現し、世界の状況を変えていける生き方ができれば人間とし生きる意味があります。今までと同じでは生きていけない時代でありながら、多くの人は危機をも感じずに生きていることに危機とはこのような状態であると身にしみます。いだき講座にてお一人お一人の運命を調べる仕事をさせて戴いていますので、人間の仕組みや社会の仕組みが見えますので、解決へ向かい生きていけますことが真にありがたいことと感謝します。人間の内面が取り巻く環境を作っています。内面が変わることが一番早い解決への道であります。今までの生き方は完全に行き詰まっています。誰もが変わらなければ、生き延びていけない時代となっています。日本で生きる私達がコンサートにて経験します内面の変化は世界にも伝搬していることがわかります。間もなく世界全体が変わると見え、人間とし真っ当に生きようと心がけ生きる毎日は世界に通じていることがありがたいです。日本から世界へ向け、世界が平和になっていく生き方を発信し、実現するまで働き続けます。ありがとうございます。




11月3日/東京にて


LinkIcon東京/高麗恵子Skyrocket Centerにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 表参道近辺の路地にある物件とのお告げを受け、その場所に高麗恵子スカイロケットセンターを作りました。2008年のことです。世界へ向け、新しい生き方と仕事のあり方を発信していく拠点とし作りました。2008年9月のことです。今日の講演会では、地下に「高麗」の看板を立てた瞬間、生まれた言葉「建国」についてお話をさせて戴き、同年10月に「高句麗伝説」を開催しましたアルメニアでのこともお話させて戴きました。いよいよ高麗恵子スカイロケットセンターを作った時に見えたことが実現していく兆しを感じています。世界へ発信し、世界が変わる動きを作っていきたい気持ちを実行し、時代の大転換期にある今、真に人間が生きていける世界を創造していくことが「建国」の意味であるとはよくわかっています。先祖は高句麗を建国した王です。今の時代は世界をひとつの国とし平和を実現するとの好太王様のメッセージを心に生きています。いよいよ要に入り、実現に向かう時と見えます。
 人間の内的環境が外的環境を作ります。一人一人が内面美しく生き、真の自分を活かし生きることと世界の平和実現はひとつです。個人の人生が世界に貢献できるとは、一人一人の人間の生命、人生とはかけがえがなく、計り知れない可能性に満ちていることに魂震えます。いよいよと内から生まれる言葉は。。。これから実現に向かうのです。ありがとうございます。




11月2日/東京にて


LinkIcon東京/KEIKO KOMAギャラリーにて収録しましたビデオメッセージをアップしました


人間であること



 いだきしん先生にお会いした時から一貫しお伝えし続けて下さっている、人間とし生きること、人間とは何か。。。を今この時程身にしみわかることはありません。そして人間でなくなってしまっている多くの方々の生きている状態の悲しみを身にしみ感じることもありません。目に見えない世界が見えるように生まれついた私は、人間がどのような状態で生きているか、発する言葉、声、動作仕草に全て現れていることは常に見えていたことですが、生命は偽れないということを最近では目の当 たりにします。表面的にいかに繕っても生命は生きているままのエネルギーを発しています。世界の問題は人間が人間になることで解決し、尊い一人一人の生命が犠牲になることはなくなるとは身にしみ感じることであります。そんな今、昨日三鷹の地でのコンサートでの経験により、第一部のメッセージでありました「自律する愛」を生命をもってわかった時、世界の平和を実現する生き方であるとわかり、真の希望を見出しました。今日からは経験を活かしていく時と考え生き始めました。いだきしん先生がコンサートメッセージにて発信して下さることは、世界に必要なことであり、表現された時には、表現された状態で生きればより良く生きていけることを今までの34年間の活動にてよくわかっています 。毎回のコンサートは最初で最後のチャンスと表現する所以であります。このような表現がなかなか理解されずにいた34年間でしたが、これからはわかるよりない状況となってくることでしょう。人間とし生きていくことが生きることと深くわかる毎日です。ありがとうございます。




11月1日/東京にて


LinkIcon東京/三鷹市芸術文化センターにて収録しましたビデオメッセージをアップしました



 11月1日、父の命日。あの日のことは昨日のように覚えています。三鷹の地にてこの日に、いだきしん先生のコンサートを開催させて戴き、心よりありがとうございます。皆様に花輪をお贈り頂き、父の名前が記され、見た時には父が生きている時代に戻ったように感じ、胸動き、涙にじみました。亡くなっても尚、名前を挙げて頂く父は幸せであると感謝します。
 アンコールの演奏にて生まれた時からずっと共にあった風が吹いていました。自分が生まれてきた意味、生きる意味、存在することの意味が全て現れる音に驚愕します。この経験ができる事実を受け止め、今後は、存在あらわし生きていく人生を生きていきます。生きてこのような経験ができますこと、信じがたい程の経験です。時代の大転換期にある今、今までの人生では生き延びていけないことを生命をもってわかりました。存在あらわし生きることなければこれからの時代は生きる意味がないことをわかりました。真の人生を生きれる人生にいつも深く感謝します。世界へ向かえと父が亡くなった時の魂の声を先生から教えて頂きましたが、今日もその声が聞こえ、幸せな人生は世界へ伝搬していくようにと願い、世界中の人と「人生にありがとう」と言える時を作っていくと新たな希望と力を与えられ心からありがとうございます。









bk2_top.gif

bk2_top.gif



お問い合わせ

KEIKO KOMA webサイトへのお問い合わせ
  
*は必須項目です。
メールアドレス*
確認用メールアドレス*  
お名前*
性別 男 
電話番号
郵便番号
住所*
問い合わせ種別*
*
送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

*は必須項目です。

sign[1].jpg
ウェブサイトへ

websalonbanner2.jpg

世界平和へ向けての道を作っていく為の語り合い


NPO高麗
オフィシャルサイト

NPO高麗>>>

Ch. Keiko koma
高麗恵子語る
2017年10月23日「高句麗伝説」コンサートショートムービー、京都ロームシアターにてLinkIcon


Ch. Keiko koma
高麗恵子語る
2016年10月4日 東北復興支援 宮城県山元町、北海道池田農園にてLinkIcon




高麗恵子 語る
高麗恵子語る
第一回 CD「高句麗」を語るLinkIcon




DVD「高句麗伝説」

2012年12月、インド、デリー、プラーナ・キラーにて開催
高句麗伝説DVD
オンラインショップLinkIcon

Gallery & Cafe 情報



KEIKO KOMA ギャラリー

☆高麗恵子地下ギャラリーに高句麗が立ち上がりました



MORE INFO>>>

logo.jpg

”出会いの瞬間、創造の瞬間”
毎週日曜日更新しています。

アフリカの地、エチオピアそしてタンザニアから直輸入しましたダイナミックかつ最上質なコーヒー豆を、焙煎時にいだきしんサウンドによりさらに熟成させ、その貴重な大自然の恵みを、皆様との出会いから、一杯づつ丁寧においれ致しますコーヒーと共に、創造の時を・・・



アンドロメダエチオピアコーヒー:



アンドロメダエチオピアコーヒーHP

エンカウンターショールームにて販売しています。