「麗花」は偶然から生まれたのです

小説「麗花」/エッセイ「麗花」

「私、高校時代に書いた詩がたくさんあるの」と私。「それ、映画にしましょうよ」と克哲君が言い瞳がキラキラ輝いたのです。未来に希望を感じ、何か興奮し、胸が高鳴り、会話ははずみました。・・・
人生にありがとうと素直にいえる今この時。全ての人々と共に人生にありがとうと言える時の為に…。

Link
宮城県山元町「結工房」に生きる動物達の物語

結工房 ライフ

〜女王様が綺麗に染めてくれた布を体に巻いてはたらくことが愉しく、この布を巻くと、体が喜びあふれ、いそいそと動き出すのです。喜びは動きです。いだきしん先生がおられる世界は無限です。何の境もないので、自由に動けます。檻や小屋は窮屈で本当の力を出していけません。自由なこの小屋が我々の生きる場です。本当の力を出して、皆様が幸せになる物を創ります。
ようこそ、ここにお越し下さいました。自由な小屋で、皆様が元気一杯、幸せになる美味しい物を創ることが喜びです。〜

物語を読む