歴史ある八坂の塔を仰ぎ
祖先の生きた地に立つ人生を想う
子孫の為に
この地に記しを建て
どんな時も精神が柱となることを
塔を建てることで表していく魂に触れ
自らの内に精神の柱を見る
古の時に立ち上がった塔があり
自分の内に立つ精神の柱があり
魂のはたらきを知る
いつの時も子孫の為に生きはたらくことが
人間の人生
私も精神の柱を表し生きる人生に感謝