「いのちの食キッチンラボ」にいだきしん先生がお越し下さり、「高麗」の看板を書いて下さいました。ここにも「高麗」の看板が立つ事に喜びを感じます。店名は「いのちの食キッチンラボ」ですが、NPO高麗の事業なので「高麗」の看板を書いて下さいました。ここは、昔の武蔵国、コグリョウの地です。知らずにここに店を構えたのですが、偶然でありながらコグリョウの地に導かれた事に魂震える思いでした。明日の「高句麗伝説」を前にし、ふと気づいたのですが、魂が導いてくれたのだと感じます。私のやりたい事は、全て世界に向けての発信です。真に体に良い素材を世界中探し求め、体に良い食を研究し、提供できる事を考え、偶然コグリョウの地に導かれ看板が立ちました。父の命日11月1日「高句麗伝説」へ全ての魂と共に向かっています。コグリョウの地からふと空を見上げた時、満月が煌々と輝いていました。明日の「高句麗伝説」を祝福してくれています。ありがとうございます。