人類が生き延びていけるか否の瀬戸際にある今、生きる人生です。地球環境の問題が今日のコンサートメッセージにて示された時、お手上げと感じる自分の状態を認めます。全てにおいて従来のことでは解決がないとのメッセージも頭を垂れざるを得ません。コンサートにて新生命を得ることができ、新生命であればこれからを生きていける希望に包まれ、過去の人生を終え、新人生の始まりとなりました。今までの生き方ではとても生きていけない状況となっています。今日経験しました新生命は全体とひとつであり、何の境もなく自由です。所有関係はなく、大いなる存在と繋がり、個々人が生き、一人一人が存在現れ生きながら全体となっています。ここでなら生きていける希望を感じ、ここでより生きていけない人間であると感じます。
地球環境のことも自分の生命の内にあり、生命の悲しみも共にあります。何をするかを考えることが始まりました。お手上げと感じていては何も生まれませんが、自分の内にあり共に生きていれば、自ずと解決の道を考えます。人間が新生命となり生きれば生きていけます。地球環境のことも自分の事とし、解決への道を考えられます。今日のコンサートでは、生命の深奥に新生命を感じ、これからは新生命を要とし生きる始まりとなりました。今までの生き方では気が狂うと感じる苦しみを感じました。古い体質では生きていけない時代を生きています。幸い、いだき講座にて、運命を改善していただき、真の自分を見出していますので、新生命を感じることができ、どれほどありがたいことでしょう。言葉に表し尽くせぬとてつもない経験をさせて戴いています。生きることで表していけるように日々、訓練します。世界へ伝えたいコンサートの経験です。この経験をすれば誰もが生きる道を見出し、世界の平和の為にお役に立てると考えます。ライブ配信していますので、世界中の人にコンサートの表現が届きますように。。。

三鷹市芸術文化センターにて