全体と一つである高麗の里
高麗神社
若光王墓が立つ地
空はどこまでもロマンに溢れ、感動よりない雲の流れ
生まれる雲の模様
蓮華色に染まり
山々と溶け合い
やがて夜の闇と変わる
美しい高麗の里
木々に
流れる川に
吹く風に
祖先が生きていた時の息吹
悲しみ
無念な思い
耐えるよりない苦しみ
言うに言われぬ辛さ
すべて光に抱かれ
光と変わる瞬間瞬間
あるがままがあらわる
どこまでも明るく光り輝く高麗の里
存在一つ一つ
すべてが光輝く
すべての覆いが取れ
埋もれてたいた光
存在
あるがままあらわる
この時を生命あり迎えられ
無上の喜び
感謝
感動
ありがとうございます