秋の気配漂う比叡山の工房にて、仲間が集い制作する時、国創りの息吹を感じます。世界に向け、いだきで生きる事を発信する為に毎日文章を書き、様々なものを創っています。人間とし一人一人が健康で幸せに生きる事が平和な世界を創る事につながると見出してから自分の生まれもっての能力、資質を表わし良い世界を創っていける様にはたらいていきたい気持ちで生きています。10月1日に京都コンサートホールにて開催しました、いだきしん先生のコンサートから、空間がまるで変わった事を感じています。毎日見ていた比叡山の風景がまるで違う様に見えてきたのです。未来へ未来へ向かっている生命エネルギーを感じ、見ているだけで元気になり、未来へと向かってゆけるのです。空間全体が未来へ向かうエネルギーに満ちています。この空間なら誰もが生きていけると感じ、やっと人間が生きられる時が来たと感じています。自分の内からも滅びゆく因子が消えていってくれている事を感じる事が出来、感謝よりありません。新しい時代を切り拓き、人間とし生まれてきた意味がわかる人生を世界中の人と共に生きていきたい気持を実現していくこれからです。今までの37年にわたる活動があり、やっと今この時を迎えられ、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

いだき京都事務所にて