生命は、未来に向かって生きています。生命が生きていくままに生きれば、健やかに生き、未来を切り拓いていけます。世の中は、不安や恐怖が蔓延し、目に見えない世界が見える私から見ると空間には黒雲が立ち込めている様に見えます。不安や恐怖にある時は、文章も正しく読めず、現実を正確に理解出来ない事を、黒雲に覆われ、冷風が吹く空間にいた時に身をもって経験しました。自分の生命の感覚を取り戻した時、覆いが解け、膜が消え、あるがままの現実が見えてきました。生命の言葉を記すと、全ての解決に至る道が見えます。生命はどんな時も生きていける様にはたらいてくれています。生命感覚を取り戻し、養う事が何より大切である事、不安や恐怖が蔓延する空気を感じる度に深く感じ、どんな時も生命中心に考え生きる事を常に心にしています。いだきしん先生のコンサートで表現される世界であれば、たとえ病気であっても健やかに生きていけると感じています。私は、皆が健やかに生きていける世界を広げていく事が自分の生きる道と考え、一回でも多くコンサートを開催する為にはたらいて参ります。ありがとうございます。

三鷹市芸術文化センター 風のホールにて