子どもの頃から8月31日は夏の終わりにと題して詩をかいてきました。今年の夏の終わりは新しい人生の始まりです。先祖高句麗の魂共にずっと生きてきた人生です。今は魂総動員で世界の平和実現に向け共にはたらき動いてくれています。沢山の魂と共に世界の平和実現に向かい動いていきます。人間とは何かの答えを見出し、その答えを即興演奏により表して下さる、いだきしん先生の即興演奏を聴く経験を沢山させて戴いてきました。本来ある人間の力が引き出され、活かされる時を迎えています。今までの経験を全て活かし、平和実現に向かえます様に大いなる存在とひとつに生きる新しい人生の始まりです。誰もが願う平和な世界実現に向かう時、世界中の魂ひとつである事も目に見えない空間から感じる事が出来ます。人類史が変わる時を生きる人生です。ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMAギャラリールにて