雨に濡れる比叡山の木々に囲まれ、小雨が降ったり止んだり、時には土砂降りの雨になったりする中を、合間を縫う様に今日も沢山のマーブリング染めが出来ました。比叡山の山々はやさしいと、生命やさしいエネルギーに包まれ、感謝します。水はどこまでも澄んで清らかでありながら、強いエネルギーがあります。季節が変わり、比叡山の光も風も水も6月とはまた違う状態でした。写し出されるマーブリング模様から生命の変化を見る事が出来ます。いつも新しく生まれ変わる自然の生命とひとつに生きていければ、とても豊かな人生を生きられると感じます。昨日の迎賓館でのコンサートにて大いなる存在とつながる事を覚えました。表面的な痛みや苦しみは感じても、生命は大いなる存在とひとつに生きる事を経験出来ましたので、乗り越えていける力が生まれています。世の中が痛み、苦しみや重荷を感じるエネルギーから愛とやさしいエネルギーに満ちていけます様にと心の底から望みます。今まで現れ出た事のない大いなる存在、自然の生命エネルギーひとつに生きる人が一人、二人と増える事は、この世を大きく変えていけると考えます。一人一人生命大切に生き、豊かな瞬間瞬間を過ごしていけます様に…。

これ程美しい世界があるかと深く感動し、喜びばかりが生まれてくるマーブリング模様と鮮やかな色合いにこれからの未来は希望と感じます。空間に咲く花の様に美しく生きる事を心に描く美しいマーブリング模様が誕生し、とてもうれしいです。身に纏える日を楽しみに・・・。

いだき京都事務所にて