「6月の叡智」とふと生まれた言葉を表したく、6月は比叡山にてたくさんマーブリングをしたい気持ちで準備しました。「生命やさしい」をテーマに体にやさしい素材の衣類を探して頂きました。比叡山の水は、とても清らかで澄んでいます。この日の為と考えてしまう程格別な水が流れてくるように感じていました。拓かれたおおいなる存在現わる世界がそのまま写る水と感じ、心身浄められていく事がありがたく、感謝ばかりがあふれて参ります。例えようのない程美しい模様が現れました。模様というより光が現れたと見えます。これ程美しい光を纏える人生は幸せと心の底から喜びを感じます。世にない美しいものを創れる事もとてもありがたい事と感謝します。内面光輝き、美しく生き、光の衣装を身に纏い、人間としどこまでも美しく生きる事を心掛け生きていきます。ありがとうございます。

いだき京都事務所にて