5月14日に迎賓館にて開催しました「高句麗伝説」コンサートを聴く会にて、私達が生きる世界は完全に変わったことを確認しました。人間を取り巻く空気も覆いも境も解け、あるがままがそのままあらわる空間となっていることを経験しました。存在は存在としてあらわれ、真は真としあらわれ、悲しみ、愛をそのまま生命でわかり、涙よりありませんでした。人間の生命を犠牲にするエネルギーが整理され、真に人間の生命が生きていけるようにとはたらき続けて下さる存在がそのままあらわれています。たくさんのはたらきかけにより生かされ、生きている生命に深く感謝します。神を受け入れ、神と一つである元々の日本人の在り方が世界を変えていくと考えます。最も美しい心で生き、無限に注がれるはたらきかけ受け、美しく生きていくこと日々努めて参ります。ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMAギャラリーにて