毎日、大いなる存在にお手紙を書くように、生命の言葉を書き記しています。生命の言葉は生きる道と深く感謝します。自分を疑うことは自分の生命を殺す事と見えた時、生命のはたらきに自ずと首を垂れました。生命は生きていけるようにはたらいてくれています。生命のはたらきのままに生きることを身につけていく時と心に受け止めました。生まれ持っての資質をあらわし生きる時であることは、生命が教えてくれています。最近お風呂に入り、足をよく洗うようにしています。ふと足を洗うという表現があることはどういうことなのかと考えました。自分の足をよく洗っていると、本当はやらなくていいことや、やってはいけないことを止めることを教えられました。今までやらなくていいことを沢山やってきたことが見えるようにわかり、これからは本当に必要なことをやっていけるように生きることを始めます。日々生命から教えられ、大いなる存在から教えられ、はたらきかけ満ちる今に感謝します。ありがとうございます。

表参道/高麗恵子スカイロケット センターにて