雷鳴轟く中を高麗恵子スカイロケットセンターにて3回に渡る「語り」をライブ配信させて戴きました。雷が応援してくれているようであり、動けぬ人間のあり様に喝をいれてくれている様でもあり、ただ事でないことを受け止めます。私たちが生まれた時代は人類が滅亡する時代とは、幼い頃より見えていました。故に、滅ぶ為に生きることは虚しく、生き延びる為に生きる生き方を探し求めました。動かぬ民族は滅び、動く民族が生き延びるとは歴史が教えることであります。今、知らぬ間に動けぬ人間となることが当たり前の様になった空気を感じていました。この動かぬ空気に喝を入れて頂いた様に感じる大きな雷の音でした。地震も多く、人間の生き方を問い、正す時と甚く感じ、日々人生を考え、人間としどう生きるかを考えます。人間とは何かの答えを得た、いだきしん先生のお話し、ピアノの即興演奏をお聞きできることは誠に有難く、生きる道を自ら見出し、動いていけます。自律する生き方が身につくことは生き延びる道を創ります。ありがとうございます。

表参道/高麗恵子スカイロケットセンターにて