全てが明らかになる状況にあり、真の自分を100パーセント活かしていく時となり、瞬間瞬間を真剣勝負で生きています。生命は躍動し、内面は充実感に満ちています。義務感やねばならぬ意識で行なっていたことはしなくてもよい状況となり、本当にやりたいこと、自分の資質、能力を活かし、社会に役立つことを考えると、今までにない力が生まれてきます。限界にある時は新しいことを創造する時です。今は真の自分を活かし、真に人間が生きていける世界を創りたい気持ちを表現し実行する時と考えます。
26年前にモンゴルの草原で初めて馬に乗った時、「世界を駆ける」と本音が生まれ、帰国後にポルシェを買いました。今、ポルシェに乗っていると、何故かはわからないのですが、喜びが生まれ、この為にこの車があったと感じる瞬間があります。真の自分を世界に現す為に買ったのだと感じています。人馬一体と感じています。
自分の生命が大宇宙の中心に立つ時、軸が決まります。全体とひとつにある生命の光で生きることを身につけています。全体とひとつであれば、生きていけます。潰されることもなく、生命守られるとわかります。全体とひとつであれば、空間とひとつにあります。これからを生きる生命を教えていただき、ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMAギャラリーにて