車を運転しながら空を見上げると、青い空に木の葉の黄緑色のコントラストが鮮やかで、心に飛び込んできました。思わず、「お父さん」と呼んでいました。この色は三鷹の地の色であり父の色と勝手に思い込んでいます。父の息吹に触れることができ、今日からの大切な講座に伺えますことに深く感謝しました。人間として生きる意味を考え、学び、わかることほど尊いことはありません。今の時期のように、いつ生命の危機に晒されるかわからない状況にある今は尚の事、生命のこと、人間とし生きることの意味を考え、わかることは重要です。何があっても人間であること、美しい内面を養い生きることが人間とし生きることの答えです。日々、今までにない程気づき多く、生きる意味が深まっています。日々、万全を期し、皆が元気に生きていけるように働いて参ります。ありがとうございます。

赤坂/いだき研修所にて