雨が降りしっとりと潤う静かな盛岡の地にて、一日のはじめに、いだきしん先生が焙煎して下さったコーヒーを淹れさせて戴きました。豊かに潤う大地からのメッセージのように、コーヒーからのメッセージが聞こえます。いよいよ時代はひっくり返るとのメッセージに驚きながらも胸に希望の光が灯りました。一人一人が真の自分を実現し生きてこそ生き延びていける時代です。今までのように社会にはまり、真の自分を隠さねば生きていけない生命犠牲になる社会はひっくり返り、生命が生きていける社会が作られるとのメッセージが表す世界が目に見えました。待ち望んできた世界です。
私に日々起こる変化、現象からも真の自分を100パーセント活かし生きるより生き延びていけないことを身をもってわかることばかりです。生命でわからねば、その時は来ないということも生命をもってわかる時代となりました。人間とし生まれ、どう生きていくのか、死んだらどうなっていくのかを3歳の頃よりわかりたくて答えを求め続け生きてきました。真の自分を100パーセント活かし、実現できる人生を生きられたら、人間とは何かの答えは自ずとわかります。そしてそう生きることで世界の平和も実現できると見えます。内的環境が外的環境を作ります。一人一人が真の自分を実現できる環境は良い世界です。世界の平和を実現したく、日本はじめ、世界各地にていだきしん先生のコンサートと「高句麗伝説」コンサートを開催してきました。いよいよ時は来ました。世界全体が生き延びるか否かの瀬戸際にある今、大きく抜け出し、真の人間とし生き始めることが新しい世界を作っていけます。おおいなるはたらきかけに満ちる空間のエネルギーを受け、ひとつに動きを創ります。ありがとうございます。

盛岡/NPO高麗東北センターにて