社会の空気が重く、暗い状況を自分の体の痛みからも甚く感じ、何をし抜け出すかを毎日考え、毎日生きなおしです。生命の事がわからない意識は、自分の生命を自滅に追い込んでいくと見えます。物事、現実を正しく見、理解する事が全ての始まりとわかります。解釈も、過去の傾向から物事を見る事も、全ては自滅していく道へと自らを追い込んでいきます。今起こっている事を正確に理解する事により、どう生きるか、何をするかが見えてくる事にときめきを感じます。

昨日の、暗闇の中に凛と立つ富士山の姿、富士山からの「何があっても内面の中心があれば乗り越え、打ち勝てる」とのメッセージは、真に生きる力となりました。いつも、いだき講座、いだきしん先生のコンサートにて経験している事が内面の中心ですので、今とこれからの時代こそ、経験が生きていきます。

仙台、盛岡にて、いだきしん先生のコンサートに向かい、講演会をさせて戴きます。生きる中心を得るコンサートをたくさんの方に知って頂き、身を運んで頂けます様に皆で取り組んでいます。新型コロナウィルス感染防止に尽くし、無事にコンサートを開催できます様に日々尽くして参ります。ありがとうございます。

仙台/カフェ高麗屋にて