世界中が新型コロナウィルス感染防止の為に、入国禁止や外出禁止措置をとり、いつもと全く違う状況にあります。状況を変える動きを創ることが大切と考え、本日は迎賓館にて、いだきしん先生のコンサートを開催させて戴きました。春の陽気となりました今日、とても穏やかで静かな午後、迎賓館の中庭にてお越し下さる方々をお迎えする白いコーヒーをいだきしん先生自ら淹れて下さいます。いだきしん先生が焙煎して下さった白いコーヒーです。そしていだきしん先生が創って下さった器でいただくのです。マーブリングのテーブルクロスの上に並べられた色とりどりの美しい器を眺め、私に渡して下さった器の美しいことに感動し頂く白いコーヒーを私はお浄めコーヒーと呼ばせて戴いています。身も心も浄められるのです。美しい心身で迎賓館の一席に座らせて戴けますことに感謝します。いつもこのひと時に幸せを感じます。
コンサートでは意識の限界を身をもって認識し、抜け出す経験が出来ました。社会内と表現させて戴きますが、この社会の枠の中にはまるようになる意識は病気になるとはっきりとわかりました。同時に抜け出しました。いつもいだき講座にて先生にお会いし、伺うお話によって自分の生き方の歪みやズレを自覚し、原因もわかり、抜け出してきました。最近は自分の知っていることや経験したことに留まる意識では枠の中にはまる限界を感じ、苦しみを感じていました。いつも生命の声を言葉に表すことを、いだきしん先生にお会いした時からお聞きし続けてきました。生命の声を言葉に正確に表現できれば生命のはたらきもわかり、自ずと自分がどう生きるかに目覚めます。生命のはたらきに反する時に体が痛み、生き方の間違いを教えてくれます。生命は生きる為にはたらいてくれています。生命のはたらきのままに生きていければ、健康で生き、幸せな人生を実現できます。この社会は生命が犠牲になることが多いと感じ、人間が人間とし生まれてきた意味がわかり実現できる世界を創りたい気持ちで活動してきました。今この時は生命のはたらきがわかり、皆で健康で幸せな人生を生きていく時です。迎賓館コンサートでは、無限な世界で生きる生命を体感しました。そしておおいなる存在あらわる世界を経験しました。自由であり何の制限も境もなく、生命を縛る枠はなく、無限な世界で自由に生きる生命を経験しました。何でもできる意欲と力が満ちあふれてきます。これからの生き方を生命をもってわかりました。生命の本来のはたらきを取り戻し、人間の本質を経験でき、この経験を世界中の人と共にできれば、世界は良くなっていくと見えます。状況に埋もれていては当然ながら状況を変えていけず、何の境も範囲もない無限な世界で生きる生命で生きる時に、新しい世界を創っていけます。状況を変える動きは自由な生命で生きることからはじまることを生命をもって経験できました。コンサートでこれからの生き方を経験できますことのありがたいことに深く感謝します。
皆で注意深く行動し、無事にコンサートを開催させて戴き、たくさんの方々と生命エネルギーあふれ、愛を経験できますことを望み、日々、内面浄め、美しく生きることに努めて参ります。共に生き、共に動いていけますことを望み、講演会活動もさせて戴いています。ありがとうございます。

京都/高麗ギャラリーカフェにて