本来の人間とならねば生きていけない時と身に沁み感じる日々です。今までも運良く、全てが予想も想像も遙かに超える良い結果に恵まれ生きてこれましたが、これからは完全に人間としての存在とならねば生きていけないことを日々起こることや体の状態をもってよくわかります。いだきしん先生の「存在論」にてこれからは真の自分の存在となり生きる時です。これからは何が起こるかわからないと感じています。常に心身強く、何があっても乗り越え、いつの時も先を作り生きていけるように日々鍛え生きていきます。

4月25日にモスクワにて大変素晴らしいコンサートホールで開催予定でありました、いだきしん先生のコンサートは延期とせざるを得なくなりました。ロシア政府は、5月1日まで外国人入国禁止措置を発令しました。9月に延期となる見込みです。実りの秋を真の自分となり生き、迎えられますように今日から訓練し、備えます。世界の平和を実現することは人間一人一人が真の人間となることで実現できると日に日にわかって参ります。生きる意味があり、自分を高め、人間とし真っ当に生きる事の喜びあふれます。ありがとうございます。

京都/いだき京都事務所にて