明るい春の日差し差し込む比叡山にて、山の斜面に創ったお茶室にて「高麗のお茶会」を開催させて戴きました。美しいお茶室は、居るだけで、心が静寂となり、宇宙に通じる内面を感じます。空間とひとつである生命の心地良いことは、ただ居るだけで幸せを感じます。高麗流コーヒーを淹れさせて戴き、ひと口頂いた時の聖なる美しい光を得た体感がずっと内面にあり続けます。次元が変わり、永遠なる世界へと飛翔しました。お客様にコーヒーを淹れさせて戴き、皆様が召し上がる時、生命豊かに交流し、生命から吹く風を詩に表すひと時、人生の豊かさ、かけがえのないぬくもりあふれる経験に、生きていることがありがたく感謝の気持ちばかりがあふれてきます。

この経験を世界中の人と分かち合えれば良い。。。と望みます。この経験をさせて戴ける人生は真に幸せです。私は、初めて時計を見ずに過ごすことが出来ました。時間を超え、場を超え生きる生命は豊かで、ここに居るだけで、幸せです。

比叡山に迎賓館を作る土地を探しに来た時、夜の闇の中で、土地を見た時、一陣の風が吹き抜けました。国創りの魂の風と感じました。私はこの風を忘れません。この地に来るといつもこの風を思い出し、いつの時にか日本の国の為になるはたらきができると感じ、生命躍動しました。子孫が生きていける良い世界を創ることは生命が最も望むことです。生命のはたらきに則り生き、どんな時も内面美しく生きることに尽くします。比叡山のお茶室にて、この上なく豊かで、心満ち、一陣の風が蘇る一日をありがとうございます。

比叡山/お茶室にて