今日は、東北の被災地となりました山元町に創りました結工房にて、いだきしん先生がコーヒーを焙煎される特別な日です。今年初めての焙煎日です。エチオピアから日本に入っていないグジの新しい種類のコーヒーを送って頂きました。いだきしん先生が焙煎して下さり、お味見をさせて戴くと確かに飲んだことのないお味でした。とても鋭いお味に今まで経験したことのない体感に驚きました。新しいコーヒーを体験でき、とても豊かな人生に感謝します。コーヒーからのメッセージを受ける時、人間の生命とひとつであることを感じます。自然の生命は人間の生命が豊かで美しい時に、より豊かに輝くことを身をもって感じます。私達人間は自分ひとりで生きている生命ではなく、すべての人と自然の生命とつながり生きる生命です。常に豊かに美しく生きることが大切と身にしみます。毎日、生命の言葉を表し、美しい生命、心で生きることに尽くします。

仙台「高麗屋」にて即興詩を詠ませて戴くひと時、たくさんの魂が押し寄せ、胸動き、涙となる瞬間、大地も空間も地に埋もれる魂も時を知り、動き始めたことを知ります。魂の表現が世界に伝播し世界中に届きますように。。。

はるか彼方の光
ひとつ

恋し君の香り
コーカサスの川の畔
輝く光
薫る香り
懐かしい魂の香り

別れ
離れ離れになり
振り向くこともできず
振り向くこともせずに
歩き続けた荒野
月を仰ぎ
運命
悲しみ
身に刻み
いつの時にかと望む気持ちも胸の奥深くに押し込め
暗闇の中を歩く
胸の奥深くに仕舞い込み
葬った気持ち
冷たく
暗い地と同化し
亡き者となり
幾層にも重なる層が動き出し
閉ざされた覆い
解け始め
胸の奥にある光
魂の呼声
はるか彼方より
出会い訪れ
いきなりあらわる魂 光
出会ったら
ひとつに
共に生きるよりなし

仙台/高麗屋にて