Skip to main content

 今日は暑く、青い空に白い雲が鮮明な日でした。夏の雲のようです。木々は青々と茂り、圧倒される程のエネルギーと美しさです。美しい季節に比叡山にあるお茶室の中庭にて、マーブリングをしました。透明感あふれる色と模様が誕生しました。3回のコンサートを経験した後でしたので、どのような模様となるかを大変楽しみにしていました。空間がより澄んで美しくなっていることが、写し出される模様から分かることができ、とても嬉しいマーブリングでした。私が一人一人の内面の光景を見、マーブリングをし始めました。マーブリングは意図できませんので何色が出てくるか分かりませんが、見えたままの光景が写し出される最近です。やっと時が来たことをマーブリングからも分かり、とても嬉しくこの時を逃したくはない気持ちは溢れるばかりです。そして3回のコンサートの後のいだきしん先生の「存在論」と「応用コース」が本日ございました。経験したことが深まり頭が整理できます。頭が整理できれば豊かな内面を曇らせたり歪ませたりしなくても済むと分かると、喜びが生まれます。日本の古代からのお話は自分の存在が明確になります。過去が明らかでないと自分の存在も明かされないことが良く分かります。今の時代は自分の存在を世界に表すことが平和を創ると考えます。これだけ恵まれた経験をさせて戴き、私の生きる瞬間瞬間は幸せです。高句麗人が、今の暮らしが永遠に続きますようにと古墳に暮らしの壁画を描いたように、自分もこの瞬間瞬間が永遠に続きますようにと自然と祈りながら、毎日幸せに感謝し生きています。大きな山を越え東京へ帰り、また大きな山であるアントレプレヌールサロン、そして「高句麗伝説」へと続きます。いつも大いなる存在と共に生きることができ、これ程ありがたいことはありません。ありがとうございます。