Skip to main content

 東京に帰り、桜並木の道を通ると桜吹雪が舞っています。そして路面は桜色に染まっています。ふと呼びかけられたように感じ目を向けると、新芽の輝きが水が流れるように輝いていました。生命瑞々しいエネルギーに満たされ、生命洗われ新しい生命エネルギーが生まれて参ります。自然の生命はいつも新しく生き、生まれ変わっていることを生命で感じ、人間も過去に留まらず、囚われず常に生まれ変わって、新しく生きていくことが生命のはたらきと感じます。世界のニュースを見ていると、理不尽なことがまかり通り、多くの尊い生命が失われています。こんな理不尽なことが許される世の中に対する怒り、悲しみ、やり切れなさは、いつもお腹の底から生まれてくるのですが、解決に向かわずしては答えが無いことは痛い程分かっていますので、常に内面が変わることで取り巻く環境が変わる、根源解決に向かいたいと考え、いだき講座、いだきしん先生のコンサート、「高句麗伝説」コンサートを開催させて戴いています。常に感じる限界は、コンサートでいつも突破できます。突破できるので希望を持って、どのような時も苦しみに耐え、辛さを乗り越え生きていけます。世界中苦しむ方が多いことを、常に身に受ける痛みや苦しみにより感じます。大いなる存在と繋がり、次元を超え生きることが答えと、最近は行き着くのです。内面は無限の世界と通じています。無限な世界で生きる時、創造性が生まれます。創造なくして現状を抜け出すことも、未来も無いと甚く分かる毎日です。常に内面を問い、魂の言葉、生命の言葉を紙に記し先を創っていく毎日です。生命には答えがあります。何とありがたいことでしょうか。毎日生命の言葉を表現し未来を創っていけるのです。ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMA ギャラリーにて