Skip to main content

 今日はレバノンの方とのアポイントメントから始まりました。レバノンは国が破綻し、人々は大変な暮らしを余儀なくされていることをお聞きし、いつも心が痛みます。今日は最後に「自分の国が破綻することは耐えられない」とおっしゃり、何とかしていくとお気持ちを話された時、天からの声のように感じ思わず拍手しました。日本も世界も同様と考えます。国が危機にあるのに何もせずには居れないです。一人一人が立ち上がり、皆が生きる世界を創る為に働いていくことが生きる道です。皆で良い国創りをしましょうと、思わず表現が生まれ、喜び溢れお見送りさせて戴きました。その後も良い巡りが続き、昨日のコンサートの経験が現実にはこのように良い巡りとし、現れてくれることに心から感謝します。今年は悲願成る時、気持ち本音を実現できる年と考えています。毎日素直に気持ちを表現し、人間とし真っ当に生き、良い時代を創っていくことばかりを考えています。いだきしん先生のコンサートが要です。コンサート満席に向かうことが要の要の動きとよく分かります。要に向かって日々動いて参ります。明日は、高麗恵子スカイロケットセンターにて「本音で生きて下さい」講演会と、ビデオ講演会をさせて戴きます。世界に向け、いだきで生きる生き方を発信していくつもりでいつもお話しさせて戴いております。お話しできる機会は誠にありがたい機会です。ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMA ギャラリーにて