比叡山から仙台に来ました。ロシアでの動きを心にしながらも、日本の裏日本と呼ばれる地のメッセージが聞こえ、日本の未来を考える道中となりました。久しぶりに日本海を眺め、日本のことを考えました。大地に埋もれる魂が蘇ることは未来をひらくと見えます。同時に蘇ったたくさんの魂が総動員となりはたらき続けて下さっている今、いだきしん先生が地球に生きる全ての生命が生き延びていける世界を作ることを考え続けて下さっていることが理解できるようになってきました。私たちが生きている世界は、目に見えない世界もあり、そこには数え切れない魂、生命が存在しています。全ての存在、生命が生きていける世界を作ることなくして人間は生き延びていけないことがわかる日々です。人間の持てる力を表し、すぐに動き、新しい世界を創造し続ける時と考えます。

明日は山元町にあります私たちの焙煎工場にていだきしん先生が今年最後の焙煎をして下さいます。焙煎したてのコーヒーを淹れさせて戴き、頂けます幸せな機会です。コーヒーからのメッセージは、これからをどのように生き、何をするかの尊いメッセージです。生きる要を教えて頂けます恵みに感謝します。ありがとうございます。