コンサート翌日の新五女山コーヒーは「五女山はどこにでも存在する」というメッセージと体感でした。どこにいても五女山で生きていれば、私は内から生まれる力あふれ生きていけます。ありがとうございます。

盛岡にて