Skip to main content

枯葉が敷き詰められた路面は明るい光が差し込み、黄金色に輝いています。春のような美しい日です。今日も府中の地にて、いだきしん先生のコンサートを開催させて戴きました。全ての音は愛と見え、感じました。音が図形で見える私は全てが愛と見えた時、愛の世界がこの世にあらわる喜びが生まれました。そして人間のはじまりも宇宙のはじまりも愛とわかりました。愛が全てのはじまりです。愛に生きることが人間です。魂揺さぶられる感動に震える胸の内は、幼い頃に亡くなった姉の魂が共に在ることを感じ、自分一人の人生ではないとは常に感じ生きてきましたが、やはりそうであることを確認でき、より生きる力が湧いてきました。そして昔先祖が国司を務めてきた地ですので、大地からたくさんの国創りの魂が蘇り、共に在りました。日本の危機を感じ、何とかしたい気持ちでたくさんのコンサートと「高句麗伝説」を開催するようになり、長い年月が経ちました。今こそ、魂総動員で新しい国を創る気で魂が動いてくれていることを感じる時はありません。生きている人間が愛に生きることがはじまりとわかる経験をさせて戴きました今日のコンサートからはじまります。愛に満ち、希望あふれ、喜び満ちる経験をさせて戴き、大変ありがとうございます。

府中の森芸術劇場どりーむホールにて