13日、無事に「高句麗伝説」を開催できましたことに心より感謝申し上げます。晴れやかなお祝いと感じる美しい光が注がれ、家の窓からは富士山が見えました。雪を冠り、聖なる神々しいお姿を拝見し、自然と頭を垂れます。今日は富士山がいつもより大きく高く聳え立っているように見え、何度も目を凝らしました。昨年末は影が見え、日本の状況を案じました。今日は晴れやかに大きく見えましたことがとても嬉しく安堵しました。地霊と私が見えるエネルギーが表に現れたり、本日「高句麗伝説」を開催しますので、たくさんの魂が動き、蘇っていることが日本の力になっていると感じられ、どこで全てが好転し、拓かれるかわからないので、可能性あることは何でも行っていくことを考え、「高句麗伝説」の会場に向かいました。
 いだきしん先生の演奏からは鮮明に光景が見え、存在が見えます。高句麗王がそのまま立ち現れます。今日は初めて大好きな好太王様のお姿を見ました。どこまでも澄んだ水色の光が輝き、どこから見ても光り輝き、どこから見ても真の王です。真の王に出会ったら、真っ当になるよりない王の姿です。今まで生きてこれたことに感謝し、胸の内はこの時の為に生きてきたと安堵し、喜ぶ魂の存在を感じます。私も全ては今日の日の為にと感じ、終わった後は安堵と感謝で一杯でした。私は強くなっていることを自覚でき、とても嬉しいです。全ては生まれてきた意味に目覚め、実現する人生を生きる為にあった働きかけと受け止めていける今です。高句麗の地のエネルギーも王の存在も鮮明に表現してくださる御方は世界でいだきしん先生よりおられません。演奏をお聴きできますことは大変なる恵みであります。心より感謝し、明日へと続くいだきしん先生のコンサートに向かいます。ありがとうございます。

新宿文化センターにて