マーブリングの和紙で作っていただいた本を開き、墨を含んだ筆を持つと、薫る香りがあります。時には風が吹きます。香り、風から見える光景を、和紙に詩に書くひと時が好きな時です。今日は13日の「高句麗伝説」に向かい、高句麗魂が現れ出ています。大好きな香り、風に触れ、魂躍動します。どなた様の元に渡るのでしょうか。持ち主がいらっしゃることを知っています。魂の表現は魂に届きます。同時に今日はフェニキアの魂の出会いとなりましたレバノンでの活動についてお話させて戴いたものを書き起こしてくださった文章も読ませて戴き、フェニキアの魂とも触れ合いました。とても懐かしく、嬉しく、魂震えます。世界中の魂が一つになり、皆で総力あげ、人間の生命が犠牲にならず、光り輝く世界を作っていきたいと心より望みます。フェニキアの輝く海、美しい陽の光、宇宙に通じる精神の柱が立つ美しい空間が蘇ります。美しい世界を破壊する闇の勢力が強かった時代は終わり、真に美しい精神、魂輝く世界が大きくひらかれていく時代が到来しました。魂一つに大いなる働きかけを受け、美しい世界を創っていく時と集う魂は香り、風となり伝えてくれています。ありがとうございます。

六本木/KEIKO KOMAギャラリーにて