聖夜に先祖代々生きてきた三鷹の地にて「高句麗伝説」を開催させて戴けますことに感謝します。大いなる働きかけを受け、決めさせて戴きました。それも25日と両日開催です。働きかけでありますので、未来を拓いていけると感じ、とても胸がときめきます。今年に入り、当たり前に「高句麗伝説」にて詩を詠むこともできなくなる時が来ると予感しました。新しい時代を生きる新しい人間となり、全き人間とならねば「高句麗伝説」の聖なる舞台には立てないと甚く感じていました。数日前には、体が不調となり、予感が的中してしまった不安を感じましたが、いだき講座にて、空間にうごめくエネルギーが整理されると共に、体の負担がなくなり、回復できました。多くを学びました。そして無事に心配なく「高句麗伝説」を開催させて戴けますことがどれだけありがたいことかと深く感謝します。

詩人の魂にも目覚め、生まれて初めて詩人の意味もわかり、詩を詠ませて戴けます幸せを感じています。心よりありがとうございます。

東京・六本木/KEIKO KOMAギャラリー