=TOP= of seimeino nougyo

生命の農業タイトル.jpg

 2003年8月タンザニアコンサートが大成功となり帰国した時、私の本音とし農業の大切さを深く感じたところから農業をしたい気持ちが生まれ、無性に青森に行きたくなりました。
まずは行ってみようと9月に入り青森に行きました。岩木山の嶽[だけ]で取れたとうもろこしが道端で売っていました。わたしは引き込まれるようにふかしたてのとうもろしを買いました。食べた瞬間あまりのおいしさに大声を上げ喜び一気に食べてしまいました。甘くておいしくて力があって大変満足し、何度も何度も「とうもろこし、おいしかったね」と話す私でした。こんなにおいしくて体に良い物を私も作りたい気持ちがこみ上げてきましたが、現実的には到底無理なことでした。
年明けて2004年、甲申年 高句麗建国の年まわりでもある60年に一度巡ってくる年を迎え、私の内から生まれた本音は「国創り、です。
「日本は、古代子孫のために良い国を作ろうと生きてきた人達の国創りの魂がたくさんある」とのいだきしん先生のお話を聞き、私は国創りの魂蘇る 国創りイベント「高句麗伝説」を日本列島南から北上し、最後青森で開催しました。山形にて、日本の農業に心尽くしてこられた先生にお会いし、農業の大切さを教えられ、大変感動しました。大いなる希望を抱き、青森へ向かったことが昨日の事の様です。
今思えばこの時新しい芽が生まれていたのです。
 青森にてもぎたてのトマトを頂き、私は感激しました。今までトマトを食べると舌が痛くなるので食べられなかったのです。青森のもぎたてのトマトは果実の様に甘くみずみずしく、体の中に新しいエネルギーがしみ通っていくことをはっきりと感じられるのです。生命の恵みを頂き、私は心よりありがとうございますと感謝しました。
大切な生命であり、たった一度の人生です。自分の体をもっともっと大切にし、与えられた生命を健康に元気で生きていきたいと心底望みました。豊かな精神は生きる柱ですが、食べる物も新鮮であれば、自然の生命の恵みを私達の生命に含む事が出来るのです。私は神の贈物と感じ、尊い自然の生命の恵みを頂け、生きていけます事を心よりありがたく感謝します。豊かな精神と健康な身体は私達人間の生きられる良い社会、環境作りの基本と考えます。

 いつか農業にたずさわりたい気持ちがありながら実行できないでいました時、斎藤克哲君が斎藤家の青森の田んぼでお米を作って下さっている方との話し合いの中で「生命の農業」の仕組み作りをしたいと話しはじめたのです。私は胸に光がともり、未来に希望が見え、生命の道が見えました。
 今、生命の道と感じた、「生命の農業」がスタートします。準備段階でたくさんのおいしい物を御馳走になりました。手作りのお味噌は体に染み通る程おいしく生命の糧になっていくのを体感しました。
気持ちが良く、体があたたかくなり元気が生まれるのです。とりたての長いもは、すって頂きました。真白い輝きの美しさほれぼれしながら頂きました。その後、チヂミを作りました。
きれいな生地は焼いても美しいのです。とってもおいしかったです。私の大好きな大福もちのおいしかったこと! 私は5つも食べてしまいました。 納豆は食べたこともない位、おいしく、この身に含めることに感謝しました。そして、「小泊便り」として送って頂いた やりいかのいかめし、えご天、ふきのとうのみそ、全部絶品でした。 あっという間に食べてしまいました。私は青森へ行くと時間のある限り必ず小泊に行き、いか刺しを食べます。レバノンの人をお連れしました。 日本で一番おいしいものは小泊のいか刺しだと今でもおっしゃっています。
 青森の小豆も煮ました。大地の香りがかぐわしく、体に気持ち良く入っていく感じがうれしく、しあわせでした。私は小豆が大好物ですので、蜂蜜とお砂糖でおいしいあんこを煮て、大福もちを作りました。青森に行った時、産みたての卵を頂いたので、私は夜遅く帰宅し翌朝は大阪へ発つ日でしたが、新鮮なうちにと考え、夜中にケーキを作り始めました。すると割ってもなかなか形が崩れず、どれ程新鮮かはその美しさと張りのある状態でよくわかり、感動しました。泡立て器で泡立てている時の清らかな色に感激し、神様の贈物と感激し、心の底からありがとうございますと言いながら作りました。大変美しいケーキが焼き上がりました。
 東京に住んでいて、新鮮な自然の恵みを頂ける事はまずありません。皆様のお気持ちで東京に居ながらにして新鮮な生命の恵みを頂けますことがありがたくてなりません。
 世の中にはお金で買えない物がたくさんあるといつも感じていますが、普通はお金で買えないものを皆様のお気持ちで頂けることに心より感謝し、頂かせて戴きます。
ありがとうございます。

高麗恵子



錦織さん5月末2.JPG

奥出雲のお米


錦織義泰さん profile

古代神話の里 奥出雲の清らかな水で育った 減農薬&自然乾燥の特別農法のコシヒカリ。






20090513 駒井さん1.JPG

豊かな大地の恵み


駒井盛悟さん profile

青森の北の大地に二年かけて育つ青森県特産の長芋やジャガイモを作っています。歯ごたえの良さと旨味たっぷりで、一度食べたらリピートされる方が急増中






花豆畑とその周辺.jpg

自然農法 巨摩ファーム


藤原ちはるさん(親子) profile

日本百名山「みずがき山」の麓に広がる自然豊かな山梨の地、出来るだけ自然に近い環境で育てた野菜と天然ハーブ






p3000072[1].jpg

体に優しい野菜


小笠原とせこさん profile

子供たちも安心して食べられる、体に優しい野菜作りをテーマに、青森の大地が育てたお野菜をお届けしています




こどまり風景 IMG_0957.JPG

青森便り

角田留美子さん profile

日本海に面した青森県小泊の海でとれた新鮮な海の幸を中心に、ご家庭で味わう青森旬の味の定期便「青森便り」を食卓にお届けしています




収穫前.jpg

和歌山みなべの高級梅干し


にしかわ農園 西川登志子さん profile

和歌山県みなべの高級梅干し。満月の塩で漬けた「月に映えた梅」は生命の農業初のコラボレート商品。ご贈答にも喜ばれております。




703959[1].gif

手作り無添加のお漬物


小笠原克子さん profile

青森県で採れた野菜を、余分なものは使わず、リンゴ酢や満月の塩で漬けたお漬け物。すべて手作りで作っています。満月の塩のカブ漬けは絶品。




納豆菌を入れて作ってます.jpg

手作り 経木納豆と田舎味噌


古川美恵子さん profile

大豆は青森の契約農家さんが丹念に作った大豆を使用た納豆と田舎味噌。納豆を包む経木も北海道産の経木を使い、とても風味豊かな納豆です。素材の全が国産。もろみ残る手作り田舎味噌も大変好評頂いています。




満月の塩

三好良社

満月の日に汲み上げたj海水だけを使い精製されたお塩です。ミネラルも豊富に含まれ、旨味やコクを引き出し、何の料理でも合います。

recipesyu.jpg
皆様からのレシピも募集しております。 >>こちら