雨に潤う北緯40度の地、盛岡の地に生きる木々は今日もやさしく、またダイナミックなエネルギーを放ち私に語りかけてくれます。いだきしん先生が焙煎して下さった五女山コーヒーを淹れれば、戦い方を高句麗人が教えてくれます。好太王様のメッセージ「生命賭けた戦は、勝つ事より生きる道なし」が蘇ります。戦の世にあり、負ければ生命落とす、生命賭けの戦の勝ち方を教えてくれる先祖の魂のはたらきかけを受け止めます。そして、いだきしん先生の「死について」の講演では、万人を活かす「戦い」方を教えて頂きました。人間は死んで終わらない存在です。その事がわかれば、どう生きるかに目覚めていくとは常に考えてきたことですが、万人が活きる戦い方の中身は人類史を変え、過去に生きた沢山の魂が報われる事とわかり、この様な事を生きてお聞き出来る事の幸せと恵みに深く感謝申し上げます。激動の時代、生き延びれるか否かが懸かっているとても重要な時です。生命犠牲にならない生き方を実現する毎日です。平和な世界実現に向かい、日々鍛錬、修練する毎日に感謝します。ありがとうございます。

 盛岡/NPO高麗東北センターにて