マドリードから日本へと帰国する日の朝は、雨が降り、暗い中を空港へ向かいました。最後まで、以前に訪ねたスペインを感じることができず、現実を受け止める帰路となりました。

世界の危機状況を乗り越えていく為に、人類全体で取り組む時と甚く考えます。日本に帰り着き、日本の危機がより見えてきました。人が気づかぬ内に危機が忍び込み、迫りくることが見え、わかってきました。心、魂を失われた状態は最も危機を感じます。一人一人が内面豊かに美しく生きることは世界を変え、人間が生きていける世界を創り出します。

言葉は生命ということを生命をもってより深くわかります。生命に偽り表現すると、自分で自分の生命を殺していく様なものと生命をもってわかります。人間は自分をわかり、正確に表現し、生きていく存在とわかります。言葉によって自滅していくとも見えてきた今、生命の働きをわかり、自分の気持ち、本音を表現し生きることが世界の危機を乗り越えていけると大いなる希望を見出します。まわりがどんなに暗くても終わりゆくと見えても諦めてはいられず、常に真の自分を表現し続け、世界に発信し続けます。ありがとうございます。

 

東京/KEIKO KOMAギャラリーにて