寒い冬の海に、やさしい日差しが注がれ、次第に海が輝いてきました。いつになく碧空が広がるウラジオストクの地です。今日も「KOMAギャラリー」に向かい凍った道を歩きます。異国の地は、今日からはたらく地となりました。オープン時間前にお客様が次から次へといらっしゃいました。ロシア語と日本語で言葉は十分通じあえなくても楽しいひと時を過ごせます。人間には心があるので、心は言葉以上に通じ合えることがいつもうれしく感じます。いだきしん先生が焙煎し、淹れて下さるコーヒーの香りも芳しく、心がやさしく、幸せに包まれます。

窓辺に立ち、日差しが差す街並み、道路を眺めていると、いつか何か。。。と言葉になりませんが、「いつか何か。。。」と内から生まれるある何かがあります。ロシアはすでに遠い国でも異国の地でもなく、自分が居る地となっています。昨日までの身に感じる苦しみを抜け出したら、ロシアを身の内に感じ始めました。大きな変化です。「KOMA」の看板が立つということが、こんなにも変化できるとは。。。驚きます。オープンできた今になると今までの苦しみや困難がこの大きな変化が起こる為であったと理解できます。その只中にある時は必死です。抜け出せ、オープンできましたことに感謝します。皆様からお祝いのメッセージを頂き、ありがとうございます。

ロシア/ウラジオストク ホテルにて